仮想通貨全般/経済

Binanceが緊急メンテナンス後、取引を再開

大手取引所のBinance(バイナンス)が4日、9時半ごろ、突如「緊急メンテナンス」の名目で取引を停止しました。

緊急メンテナンスの実際の理由は何か分かっていません。

1)SYS/BTC市場で異様な取引量と価格が見られた。

2)バイナンスのホットウォレットから7000BTCの移動を確認。

これらの事から、バイナンスがハッキングの攻撃を受けているのではないかと一時騒然となりました。

API不正操作により、SYSの価格が不当に吊り上げられ、7000BTCが外部に送金されてしまったのではないか?という憶測が広がっています。
 

資産は安全である

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏はその後資産が安全であることをツイートで報告しています。

Funds are safe “資産は安全です。”

物事は管理下にあります。ただ取引を再開するためにもう少し作業が必要です。すぐに終わるでしょう。FUDや悪いニュースは無視してください。今こそどのニュースサイトが悪質であるか見極める良い機会でしょう(そしてそれは削除してください。)

取引が再開

同日17時ごろ、バイナンスは取引を無事に「再開」しました。なぜ緊急メンテナンスにより、取引が一時全面停止されてのか、詳細については後ほど説明するとしています。


 

スキャムに注意!

このような事態が起きると、状況を把握をしようと多くのユーザーが、取引所の公式(今回の場合はバイナンスの)アカウントを閲覧します。

その際に、コメント欄に公式アカウントや関係者を装って、スキャム情報を入れ込んできます。

↓下記のツイートはCEOであるをそっくりに似せて作っているアカウントですが、よく見るとIDや写真が違います。
※詐欺アカウント

このスキャムは今回の取引停止のお詫びのしるしとしてビットコインやイーサリアムをプレゼントするのでデポジットを送るよう誘導する内容のものです。

バイナンス側は、このようなスキャムにも注意するように注意喚起を行なっています。

バイナンスは「デポジットを特定のアドレスに、プレゼントを上げる代わりにこちらから送るよう指示する事は絶対にない。」としています。

このように、有名な仮想通貨関連のアカウントに良く似せた詐欺が横行しています。

この度のバイナンスの緊急メンテナンスは「事実」ですが、この事態に便乗した詐欺が横行しています。
皆様、スキャムに引っかからないようにご注意ください。
 
 

ザイフでは仮想通貨の定期購入サービスも行なっています。 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国サムスンがビットコインのASIC事業に参入

    韓国サムスン電子(Samsung)は29日、台湾の半導体受託生産最大手…

  2. ビットコイン(BTC)

    韓国政府関係者、大暴落の前にインサイダー取引の疑い

    16日、17日にかけて仮想通貨市場は全面安の下落が続いていました。…

  3. 仮想通貨全般/経済

    普及加速する仮想通貨、決済サービスの動き拡大

    ビットコインをはじめとする仮想通貨 の普及に向けた動きが活発化している…

  4. 仮想通貨全般/経済

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

    インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Mar…

  5. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨決済サービスの規制枠組みが完成

    シンガポールの中央銀行は、仮想通貨を含む決済サービスのため国の新しい規…

  6. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕

    驚きの新展開。マウントゴックス事件の真犯人と見られる男が逮捕されました…

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アフィリエイトのアクセストレード
QUOINEX
  1. 仮想通貨全般/経済

    普及加速する仮想通貨、決済サービスの動き拡大
  2. 仮想通貨全般/経済

    ビットフライヤー、業務改善命令を受け新規アカウント作成一時停止
  3. ビットコイン(BTC)

    億万長者のノヴォグラッツ氏、資産の10%は仮想通貨
  4. 仮想通貨全般/経済

    露プーチン大統領「ブロックチェーン、遅れを取るわけには行かない。」
  5. 仮想通貨全般/経済

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否
PAGE TOP