仮想通貨全般/経済

全米経済研究所の調査結果「資産にビットコインを組み入れるべきである」

仮想通貨に投資るすべきかどうかについては、今熱く議論されている話題です。

ビットコインのような仮想通貨については様々な投資家が依然として懐疑的な意見を述べるも、日々多くの人々を惹きつけています。

多くの国、特に経済や政治的不安定性を抱える国では、バーチャル通貨は金融環境の悪化を回避する代替手段となります。

しかし仮想通貨投資はまた、先進経済として各国内で羽ばたこうとしています。

韓国の通信社ヨンハップ(Yonhap)の3月の調査によると、デジタル通貨を購入するのは、20代の人たちが先頭立って行なっていたという。

6月初旬、ドイツの小口金融機関であるPostbankの調査によると、仮想通貨を望ましい投資機会として見た人の割合は約30%でした。この際の調査対象者のほぼ半数の年齢は18歳から34歳でした。

古くからの金融機関でさえも、バーチャル通貨について模索し始めています。 Andreessen Horowitz氏は、ファンドの開始、特に仮想通貨取引について検討しているとされています。

ビットコイン投資の持つポテンシャルについては、全米経済研究所(NBER)の新しいワーキングペーパーも賞賛しています。教授のAleh Tsyvinski氏とYukin Liu氏によって書かれたこの研究は、期待値が高い人はビットコインの最適な構成のためにポートフォリオに6%保持することを推奨しています。
 

ビットコイン貯蓄

両方の筆者は、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨のリスクと収益率のトレードオフが株式や通貨といった伝統的な投資と大きく異なることを指摘。

彼らは、仮想通貨が「ほとんどの株式市場やマクロ経済要因の影響」を受けない。「仮想通貨の価格は仮想通貨市場に特有な要因によって予測できる」と分析している。

「仮想通貨のリスク&リターン」と題したこの研究は、ボラティリティがあるにせよ如何に仮想通貨がリターンをもたらす高いポテンシャルを秘めているかを示すのにシャープレシオが用いられています。

総体的に、TsyvinskiとLiuは、ビットコイン上昇を強く見込む場合には6%であると述べた。しかし仮想通貨に関心が薄い人は、4%の投資率を提案しています。

またこの両者は、なんにせよ分散投資戦略として1%はビットコインを資産形成に組み込むべきだと記しています。
 

投資への楽観主義が出始めている

いくつかの他の財務統計もビットコインへ投資することのメリットを考え始めています。米大手金融サスケハナ・インベストメント・グループ(Susquehanna Investment Group)の取引長であるBart Smith氏は、7月中旬にビットコインをトップバーチャル通貨として見ており、伝統的な銀行と比較して取引手段としての利用価値を賞賛したことをCNBCが伝えています。

ビットコイン・インベストメント・トラスト投資信託(GBTC)の後ろ盾であるファーム、グレイスケール・インベストメンツは7月中旬に、毎週新たに仮想通貨へ10ミリオンドル程度(約11億円)の投資をすることを内訳と共に明らかにしました。

グレイスケール商品の合計248.39ミリオンドル
週平均投資額 – 全商品9.55ミリオンドル
週平均投資額 – ビットコイン・インベストメント・トラスト6.04ミリオンドル
週平均投資額 – ビットコイン以外3.52ミリオンドル
大半の投資(56%)は機関投資からによるものである

速報:初のデジタル資産投資のレポートを公開することを喜ばしく思います!2018年半期についてのハイライト。

グレイスケールは、大半の投資資金は機関投資家からによるもので、ビットコイン・インベストメント・トラストへの週平均投資額が6.04ミリオンドル(約6億7千万円)であったと公表しています。

さらに、グレイスケールの2018年8月9日現在のポートフォリオは以下の通り。

ビットコインが1番多い保有割合で約1260ミリオンドル(約1398億円)次いでイーサリアムクラシック70.5ミリオンドル(約77億円)、そしてジーキャッシュ21.3ミリオンドル(2.36億円)、イーサリアム16ミリオンドル(17.7億円)、ビットコインキャッシュ8.9ミリオンドル(9.87億円)、XRP4.4ミリオンドル(4.8億円)、ライトコイン0.4ミリオンドル(4千4百万円)となっている。

現在、仮想通貨市場は下落トレンドが再び続いており、懐疑的な意見も聞かれます。しかし悪いニュースが乱立し、価格が下がって不安が広がったときは投資の機会を狙うタイミングのひとつでもあります。

宝くじを買うような気分で、投資をしても無理のない、失っても生活には困らないような額を少しポートフォリオに組み込んで寝かせておいて5年・10年後を楽しみに待つのも良さそうです。

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://www.ccn.com/every-financial-portfolio-should-include-bitcoin-new-research-paper-suggests/
Every Financial Portfolio Should Include Bitcoin, New Research Paper Suggests

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ポンド、31年ぶりの安値を3日連続で更新

    [東京 7日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用

    PBOC(中国人民銀行)による、中国大手2社の取引所での引き出し停止処…

  3. ビットコイン(BTC)

    韓国大統領府「今のところ韓国の仮想通貨取引は禁止しない」

    韓国のブルーハウス(アメリカでいうところのホワイトハウス)は11日、今…

  4. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨ファンドマネージャー、ベア市場は「ほぼ終わった」

    クリプト・アセット・マネジメント(Crypto Asset Manag…

  5. 仮想通貨全般/経済

    インド高額紙幣の無効、民衆大混乱!

    インドのモディ首相は、現在流通している高額紙幣を9日で廃止すると突如発…

  6. 仮想通貨全般/経済

    Zaifがハッキングで67億円の被害 – 利用規約を前日に更新していた

    日本の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は20日、…

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
  1. ビットコイン(BTC)

    新韓銀行、韓国初のビットコイン送金サービス来月開始か
  2. ビットコイン(BTC)

    ショップサーブ ネットショッピングでビットコイン決済を標準搭載
  3. アルトコイン

    GMOの仮想通貨マイニング事業に投資総額100億円
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの55%が大口のウォレットに。その多くは「ガチホ」である
  5. ビットコイン(BTC)

    韓国サムスンがビットコインのASIC事業に参入
PAGE TOP