ビットコイン(BTC)

米国投資家”ソフトな”ETFの代替商品「ETN」へ投資可能に

15日、米国人投資家をターゲットに、ビットコインベースの上場投資証券(ETN)がスウェーデンのナスダック・ストックホルム取引所に上場しました。

多くの投資家が待ち望んでいるビットコインETFの「ソフトな」代替手段となるビットコインETNは実は2015年より取引されていたのですが、15日からドル建てが上場したことにより、米国人投資家も投資可能となりました。ティッカーシンボルはCXBTF。

【ETFとETNの違い】
ETFは投信に投資するというものでしたが、ETNは証券に投資します。証券は発行体となる金融機関の信用力に基づいて発行され、ETFとは違って、裏付けとなる現物資産を持たないことが特徴です。裏付けがないので、ETFでは扱われていない投資対象にも投資できます。<「ETFの基礎知識」より>

ビットコイン・トラッカー・ワンと呼ばれるこの商品は、まだ技術的にリストされており、スウェーデンで取引されていますが、多くの人がこの最新の動きを米国の投資家の門戸になると考えています。

このETNを販売するコインシェアーズ・ホールディングスのライアン・ラドロフはこのように語っています。

ドルで投資しているすべての人が、これらの商品に投資出来るようになります。これまでは、ユーロまたはスウェーデンクナでの扱いしかありませんでした。米国の規制面での現状を考えると、これはビットコインにとって大きな勝利です。

ETNは資産に直接結びついているのではなく、銀行のような発行体が担う債券です。これは、実際に仮想通貨自体を保有して保管管理したくない人にとってはとても有効な商品です。

米メディアブルームバーグは「ETNは、グレイスケール社のビットコイン投資信託の代替案として投資家にアピールすることができる。」としています。

ETFの代替手段になりうるビットコインETNのドル建て取り扱い開始のニュースが好感されたのか、ビットコイン価格は上昇しています。


 

 
ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://cointelegraph.com/news/ripple-partners-with-three-crypto-exchanges-as-part-of-xrapid-solution
‘Soft’ Crypto ETF Alternative Now Geared Towards U.S. Investors, Says Bloomberg

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ブロックストリーム社、中国メーカーInnosiliconから大量のマイニング機材購入

    Bitcoin Core(ビットコインコア)への最大の資金提供者でもあ…

  2. ビットコイン(BTC)

    急増するビットコインATM ロシアに初の設置

    ロシアの第二都市サンクトペテルブルクに、珍しくロシア製のビットコインA…

  3. ビットコイン(BTC)

    凄腕トレーダーのマーク・ダウ氏「ビットコインが3190ドルを割ったら要注意」

    ビットコインが最高値を付けた2017年の12月から直近の底値まで、見事…

  4. ビットコイン(BTC)

    米ニューハンプシャー州、ビットコインでの納税を検討

    新年最初の週に、ニューハンプシャー州のデニス・アクトン氏とマイケル・ヤ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが3,000ドルに迫る

    ビットコインは過去最高価格を2,933ドルで更新し、ついに3,000ド…

  6. ビットコイン(BTC)

    中国の3大取引所、引き出し停止を延長でビットコイン下落?

    中国の3大ビットコイン取引所OKCoin、Huobi、BTCCは8日、…

過去記事

新着記事

PAGE TOP