アルトコイン

モスクワ政府は透明性を示すため、農産物マーケットでイーサリアムを使用

モスクワ政府は、今週末開催される大規模な”ファーマーズマーケット(農産物の市)”において、ブース設置場所を割り当てるシステムの一部としてイーサリアムを使用する予定です。

数量が限定された販売ブースを求めて、競合する農家から提出された申請書をこのシステムに記録しておきます。

4月20日から11月25日までの市場シーズン、ロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタンなど各方面からの農家が加入する、約15,000の取引所から参加希望が届きます。

取引ブースの獲得を求めて、予想では毎年約2万人の応募者が入札を提出しています。


 

出店者へ透明性の高い応募システムを提供するため

イーサリアムを使うアイデアを思いついた、モスクワ市庁舎のブロックチェーン・プロダクト・マネージャーを務めるAndrey Borodyonkov氏によると、アプリケーションの履歴改ざんが出来ないようにするため、承認された人や申請書が拒否された人を追加する更新を加えたと言います。

「ブロックチェーンは、着信アプリケーションが不変であり、アプリケーション履歴の監査が可能になるので、念のための保証になります。」と同氏は説明しました。

モスクワ政府は声明でその詳細を説明;

データセット全体が公開され、透明性があり、そしてダウンロードも可能です。その場合、提出時間は確認できますが、一度アプリケーションを提出すると、削除または変更ができません

今回のシステム改善にあたる原因となった問題の一部は、農家の多くがアプリケーションを確認するための現在のシステムに不満を抱いていることにあります。

モスクワ市役所のCIOの戦略とイノベーションアドバイザーでもあるBelozerov氏は、今回の(イーサリアムを使用した)新しいシステムが、その情報をより公にアクセスできるようにすることにより、問題の一部を解消できることを期待している。

「農家の人々は、なぜ申請が却下あるいは承認されたのか?理由を知るために透明性の高いシステムを持っているべきだと、我々は強く思っている。」と同氏はプレスに説明。

ブロックチェーンは、その過程が完全に透過的であり、誰もがアプリケーションを変更できないことを確かにするものです。ブロックチェーンがすべての人に完全な透明性を提供することを願っています。


 

モスクワ政府は2016年からブロックチェーン開発者を募集していた

モスクワ市庁舎では、2016年からブロックチェーンに関連する仕事ができる開発者を採用し始めており、Borodyonkov氏は2018年に正式に「Product Blockchain」という名前の部門を新設していました。

このように、投機や支払い目的い以外でもイーサリアムのブロックチェーンが現実的に採用される機会は着実に増えてきています。
 

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://www.coindesk.com/moscows-government-to-use-ethereum-to-promote-transparency-in-commerce/
Moscow’s Government to Use Ethereum to Promote Transparency In Commerce

関連記事

  1. アルトコイン

    ビットコインは価格が上がり続けている。アルトシーズンはいつ?

    ビットコインは週末からの上昇続きで、今週、価格の目立った価格調整は今の…

  2. アルトコイン

    真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。

    最近、ビットコインネットワークの様々な「フォーク」について、特に仮想通…

  3. アルトコイン

    BTC,ETH,BCH,XRP,LTC: 9月6日の相場

    アメリカと北朝鮮間の戦争の可能性が現在、株や先物市場などのアセットに大…

  4. アルトコイン

    イーサリアム、2度のハードフォーク予告を公式告知

    イーサリアムのハードフォークが数日で行われる可能性が高い。「EIP…

  5. アルトコイン

    香港の商社 イーサリアムのOTC取引を開始

    香港に本拠地を置く、国際商品およびデジタル資産を取り扱う民間の企業が、…

  6. アルトコイン

    新仮想通貨「スチーム」が急騰、過去2週間で1000%超

    [ニューヨーク 12日 ロイター] - 仮想通貨情報サイトのコインマー…

過去記事

新着記事

PAGE TOP