ビットコイン(BTC)

仮想通貨ETFに対する拒否が結果的にビットコイン価格を7100ドル以上へ

最近のビットコイン価格の上昇の背景には何があるのでしょうか?

ジェネシス・トレーディングとジェネシス・キャピタルのCEOである、マイケル・モロ(Michael Moro)氏は、先週、SECがETF拒否の結果を発表したことに対して意外にも市場の反応は安定していたことが大きな役割を果たしていると考えていると発言しました。

CNBCでのインタビューで、モロ氏は過去SECのビットコインETF拒否の結果に反応した売りは成功しなかったと指摘。

今重要なことは、7,100ドルの価格水準がどのくらいの期間維持されるかということです。
 

ビットコイン価格分析:買い手を待っている


7,100ドルが1~2週間保持されれば、上昇相場は戻ってくるだろう。そうなると1万ドルの可能性も視野に入ると説明。買い勢は7,100ドルにサポートがあるかどうかを確認するために待っているのだと言います。

何の材料がビットコイン価格を1万ドルへ向けて動意付かせるのかという質問に足して、モロ氏はゆっくりと着実な出来高増加が必要だと答えました。

何に注視しなければならないのかというと、少ない乱暴な動き、5%、10%とゆっくり着実に取引所全体にかけて増加する動きである。

私はまた、SECのETFの承認が近日には下りないことを市場が理解していると考えています。

売り手は蒸気(勢い)が無くなってしまった事に気づいていると思う。

このようにモロ氏は述べました。補足として、スポット取引においては6,000ドル水準の売り手は殆どいませんでした。

しかしモロ氏は「強い買い手側の要求はまだ実現していない。」としており、買い手が7,100ドルの価格が維持されるかどうか見極めており、市場が6,000ドル水準へ再び戻ってしまうのかどうかが現在の注目すべきところであると語っています。
 

CMEビットコイン先物取引量が倍に

CNBCのボブ・ピサニ(Bob Pisani)氏は、モロ氏の話のポイントである大量取引の必要性に関連づけ、機関の活動の活発化によりCMEのビットコイン先物取引量は倍増していると指摘しました。

ピサニ氏によると、ここで重要なのは6月の6,000ドルから7月には8,000ドルへ、その後は6,000ドルへと価格が下落した際にCMEの先物取引量は増加したことだと指摘。

「それは、少なくともトレーダーのなかには、ビットコインの先物が上昇中のあいだに、または下落の途中でも取引したい意思があることを意味します。そこにはもっと活発な市場が広がっているようです。」

はるかに小さいCBOEとコインベース(Coinbase)のような現物市場では取引量は現在まだ横ばいです。

 

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://www.ccn.com/clear-headed-response-to-crypto-etf-rejections-drove-bitcoin-price-to-7100-analyst/
Clear-Headed Response to Crypto ETF Rejections Drove Bitcoin Price to $7,100: Analyst

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ブラジル、少なくとも株式投資家の2倍のビットコイン投資家が存在

    ビットコインに対して批判的な批評家は、あらゆる点においてビットコインに…

  2. アルトコイン

    「1日に40%も上昇するようなアルトコインの高騰は来ない」マイケル・ノヴォグラッツ氏

    もしあなたが2017年に仮想通貨が高騰した強気相場、特にアルトコイン相…

  3. ビットコイン(BTC)

    マウントゴックス債権者への配当検討 破綻時より価値5倍

    仮想通貨「ビットコイン」の取引所マウントゴックスで巨額のビットコインが…

  4. ビットコイン(BTC)

    ICEのビットコイン先物「Bakkt」が上場延期

    インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)のビットコイン先物プラ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格が重要なライン6,000ドル突破

    ブル(買い圧力)が戻ってきた。しばらくの横ばいが続いた後、ビットコイン…

  6. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインは世界の単一通貨となる」

    ツイッターと決済サービス会社を運営する会社、スクエアのCEOである、ジ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP