マイニングファーム便り

【マイニングファーム】管理者から見た仮想通貨の世界

はじめまして。私はマイニングファームを事業を行っている会社で働いている「J」と言います。
トレードビットラボに初めて寄稿させていただきます。

仮想通貨トレードは初心者ですが、マイニング視点で見るチャート分析などお役に立てるんじゃないかなと思った次第です。
週1ペースで更新できればと思ってますのでよろしくお願いします。

今僕が管理しているマイニングファームはETHを採掘しています。
およそ3.5ETH/DAYぐらいの採掘量ですが最近の価格低迷でどこのファームも稼働停止に追い込まれているようです。

Bitfinexで1日での過去最大量であるETHがICO主催者に売却されるなど「売り圧」が非常に高く、価格の下落に歯止めがきかない状態が今年に入ってから続いています。
なんせETHだけは今年の「前回高値」を一度も更新したことないんですから・・・

上のチャートはETHの価格とネットワークハッシュレートです。
ネットワークハッシュレートとは世界中のマイナーがETHのマイニングをしている計算量の合計数値で、ASIC発売(ETHはアレですが)等様々な要因で上下します。
もちろん現在みたいに「価格」が下がるとマイナーは収益が下がり、電気代が支払えなくなるため、別の通貨に変更したら稼働停止したりするわけです。
そういった動向がわかるのが上記チャートです。

9月8日頃からネットワークハッシュレートは顕著に下がはじめ、昨日現在でおよそ30TH/s(GPU約10,000本分)も下げてきています。
実際、今マイニングで収益を上げるには電気代が5~6円/kw程度で運用できないと収益を上げることはできません。
赤字になるだけなら止めたほうがいいですよね。
しかし、ブロックチェーンの維持という観点から考えるとこの状況は「最悪」です。
だってETHに計算力を提供しているマイナーが一斉に止めたらどうなるかわかりますか?

「ETHは送金もできず、価値・信用がなくなります。そして当然価格もさらに暴落します」

そりゃそうですよね。送金できない仮想通貨なんて無価値ですから。
しかし、昨晩から価格上昇の兆しが!

モルガンスタンレーの参入などが原因と言われてますが僕は「本当の底」を迎えたのだと思います。
これから年末まで上昇し続けたらと期待を胸にしまって今日もファーム管理頑張ります。
ではまた。

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    アメリカンエクスプレス、リップルと提携を発表
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン:9月4日の相場
  3. アルトコイン

    チャーリー・リー氏「どんなアルトコインよりもビットコインを買え」
  4. アルトコイン

    ゴールドマンサックスビットコイン取引事業へ参入を検討
  5. フィンテック

    「ブロックチェーン技術を香港証券取引所に」ナスダックが提案
PAGE TOP