アルトコイン

仮想通貨分析家トム・リー氏、やられていたイーサリアムが息を吹き返すと予測

イーサリアムにとって2018年は厳しい年となった。しかしビットコイン強気派で御馴染みの仮想通貨アナリスト、Tom Lee(トム・リー)氏によると、イーサリアムがカムバックするには遅くないという。

時価総額2位の仮想通貨であるイーサリアムは1月以来、70%下落しており2017年のピークを上回れるような気配はまったく今のところ伺えない。

コインデスクのデータによると、過去3ヶ月だけで50%減少し、他の主要な仮想通貨よりも大きくアンダーパフォーマンスとなっている。

他の仮想通貨より2標準偏差ほど劣るものの、直近の過去に同じくらい悪い時期が4度あり、その全てで「大きなトレンド転換」があったという。

我々はイーサリアムが間もなくトレンド転換し再び強く上昇すると思っている

ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのリサーチ・マネジャー兼責任であるリー氏は27日、CNBCにこのように語った。

イーサリアムは昨年、仮想通貨界のスターであり、前任者のビットコインを上回っていたが2018年は別の道を歩むこととなった。

投資家の忍耐が弱くなってきており、メインストリームへのイーサリアムの採用はまだまだ本格的ではない。そんな中、ライバルのEOSは開発者にとって最高のプラットフォームになろうと競争が続いている。

また、下落の要因として、山ほど行なわれたICOにおいて資金調達されたETHが、プロジェクト発端者によって大量に売られたことも大きかったことについても指摘している。

一方でリー氏は「イーサリアムへの市場心理は否定的過ぎる」と語っている。

しかしながらリー氏は、イーサリアムは技術面での挑戦を行なっている側面を含んでおり、同社の技術戦略担当者、ロブ・サルミマー氏に言わせると下降傾向が続いていることは確かであると述べた。
 

出典:https://www.cnbc.com/2018/09/27/beaten-down-cryptocurrency-ether-is-staging-a-comeback-fundstrats-tom-lee-says.html
Beaten-down cryptocurrency ether is about to ‘rally strongly,’ says Wall Street’s Tom Lee

関連記事

  1. アルトコイン

    リップル、第1四半期は前期比83%増

    リップル(Ripple)は、XRPの売上げ高の上昇について報告を上げて…

  2. アルトコイン

    イーサリアムハードフォーク「ビザンチウム」が無事完了

    昨日の日本時間14時半ごろ、イーサリアムのハードフォーク「ビザンチウム…

  3. アルトコイン

    イーサリアムは短期的に200ドルまで急上昇する可能性

    3月を通してイーサリアム(ETH)の価格は126ドルから140ドルへと…

  4. アルトコイン

    イーサリアムは260ドルを越える準備に入ったか?

    現在イーサリアムはビットコインと連動し緩やかな推移を見せているが、1時…

  5. アルトコイン

    ETCのハードフォーク無事成功

    本日2,500,000ブロックににて行われる予定であった、イーサリアム…

過去記事

新着記事

PAGE TOP