仮想通貨全般/経済

8月のイーサリアムの投売りが2018年の底打ちの証?

仮想通貨アナリストのEric Thies氏によると、ETH(イーサリアム)の価格が50%以上下落したことを受け、仮想通貨市場は9月に底を打った可能性があると指摘している。

イーサリアムは180ドルを一時下回り、9月末に市場が過度に売られ過ぎたと認識し、そこから230ドル付近まで回復した可能性が高い。

ETHはICOバブルを生み出し、結果それが仮想通貨バブルを引き起こした

2017年第3四半期から第4四半期を通して、ICOプロジェクトへの関心と需要は前例の無いレベルに達した。ブロックチェーンプロジェクトは、ベンチャーキャピタル企業よりもトークンセールスを通じて大幅に資本の調達を可能にしたのだ。

TechCrunchはICOがベンチャーキャピタルに支援を受けるスタートアップよりも3.5倍もの資本を調達した事実を報道した。

過去14ヶ月間、ブロックチェーン企業と関連するスタートアップは世界的な資金調達で約13億ドルを調達しました。しかし、(テッククランチの調べでは)ICOを介して約45億ドル近くが調達されました。

Thies氏はICOセクターの大規模な成長が、仮想通貨市場の上昇につながり、過去最高値へ市場を牽引したと述べ、自身の理論を展開した。

ビットコインは、大量のICO(ERC20)バブルが発生し、ETH経由で間接的に燃料供給されたことによって2017年末に上昇したんだ。9月前半にETHが降伏したこと(売られすぎたこと)は下落相場の終わりを意味する重要なことだったのに。我々は違う場所を見ていたんだよ。BTCがそれをやってくれると思っていたんだ。

ビットコインは2月始めに、弱気相場の最中で12000ドルから6000ドルに下落した。Thies氏は、ビットコインの降伏の終わりは、一貫して6000ドル台の高い位置での安定性を実証し始めたときであると述べた。

(2017年の)12月中旬までのBTCのパラボリック継続(トレンドが継続したのは)は、8月に起きたハードフォーク(BTC分裂)によるBCHの誕生のせいだった。大量のBTCを持っていた人は、何でもいいから新しく出てくるICOに投げる余剰資金を持っていたんだ。そしてBCHも降伏したのち、我々はまた別の場所を探し始めた。その第3因子はUSDTであり、取引所などを通じて市場にやってくる巨大な流動資産だ

それ以来、ビットコイン、イーサリアム、その他の仮想通貨市場は安価な価格帯で安定しており、市場がまとめて短期上昇を開始する可能性がある。
 

多くの専門家がクリプトが底を打ったと信じている

億万長者の投資家、強気派で知られるマイケル・ノヴォグラッツ(Mike Novogratz)氏は、ビットコインが6,000ドルで底を打ったこと9月上旬に述べていた。

ShapeShiftの創業者でCEOのErik Voorhees氏は、弱気相場は終わっていないが、BTCが現在の水準を下回ることは困難であるため、投資家が蓄積する可能性のある期間であると強調した。

テクニカル指標は、市場がここ7日間は年間取引量が低いことを示すビットコインを用いて、市場が弱気相場であることを示唆している。しかし、8月初めからBTCが過去2ヶ月に渡って示した仮想通貨セクターとBTCの安定性が好調であることを考えると、仮想通貨市場の底は既に確立されている可能性があるとしている。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインETFは巨額の資本流入に繋がる。しかし2018年には承認されないという意見も。

    仮想通貨業界は2018年末までにビットコイン上場投資信託(ETF)が承…

  3. アルトコイン

    リップルCEO「2023年までリブラは実現しない」

    フェイスブックの独自通貨発行プロジェクト、リブラ(Libra)は、少な…

  4. 仮想通貨全般/経済

    サムスンは時期S10シリーズに仮想通貨のコールドウォレットを組み込む予定

    エレクトロニクスの巨大企業であるSamsung(サムスン)のオンライン…

  5. 仮想通貨全般/経済

    コインベースの企業価値が9000億円に到達か

    世界的な消費者ブランドを中心に投資する米国のヘッジファンド、Tiger…

  6. ビットコイン(BTC)

    中国大手マイニング企業、新天地を求める動き

    ビットコインキャッシュの生みの親であり、巨大マイニングプールAntpo…

過去記事

新着記事

PAGE TOP