仮想通貨全般/経済

仮想通貨取引所バイナンス、ウガンダにオープン1週間で4万ユーザー獲得

世界的な市場の低迷にもかかわらず、4人のうち3人近くがアンバンクド(銀行口座を持たない人達)であるウガンダのような国で、仮想通貨の需要が急増している。

世界最大級の仮想通貨交換所が10月にウガンダに現地法人を設立して以来、オープン最初の週にバイナンス・ウガンダは4万人のユーザーを獲得した事を明らかにした。

この結果は、銀行口座を持たないウガンダ人が、バイナンス・ウガンダで取引できる2つのコイン、ビットコインとイーサリアムの購入に強い興味があることを示している。

アメリカン・エコノミック・ジャーナルに最近掲載された、スタンフォード大学の研究者の論文によると、ウガンダの世帯の74%は銀行口座を持っていないとされている。

バイナンスの最高財務責任者、ウェイ・チョウ(Wei Zhou)氏はこう述べている。

彼ら(ユーザー)はただモバイル決済システムにお金を入れておく必要があるだけで、銀行口座を持つ必要はありません。

バイナンス・ウガンダではバイナンスの主要なグローバル取引プラットフォームとは異なり、法定通貨から仮想通貨への取引サービスを提供している。このサービスを提供するため、ウガンダの新しい支店は地方のモバイル決済プロバイダと提携している。バイナンスの口座はEメールのみで開設が可能として知られているが、ウガンダについては政府発行のIDを使ったKYC(本人確認作業)が行なわれている。

以前は、仮想通貨を購入したいウガンダ人は、ジンバブエの交換所Golixか、LocalBitcoinsのP2P(ピア・ツー・ピア)取引にほとんど頼っていた。しかし、ウガンダのブロックチェーン協会の会長で、ウガンダのブロックチェーンスタートアップ企業のクリプトサバンナの共同設立者であるKwame Rugunda氏は、このようなプラットフォームは「国に銀行口座を持たない人たちが多数存在する」状況で彼らの仮想通貨を購入したいという「需要」を満たしきれていなかったという。

Rugunda氏によると、バイナンス・ウガンダがオープンして以来、いくつかの世界的な取引所が地元の規制当局と接触を始めているらしい。「ウガンダ市場を見ている他のプレイヤーたちからの関心もすでに耳に入ってきている。」と彼は述べた。

一方、バイナンスのチョウ氏は、同取引所が2019年にケニア、ナイジェリア、南アフリカで事業拡大を視野にいれ、オペレーションスタッフを雇うことを検討していると語った。

需要を推し進める要素は「送金」


Rugunda氏によると、送金はウガンダのビットコインの需要を押し進める重要な要素であるという。

2014年の国勢調査では、ウガンダの世帯の約10%が近隣のケニアからの送金を受けており、ヨーロッパ、スウェーデン、ドイツからの送金の多さも次に目立った。これらの送金には高い手数料がかかるため、代替案は需要を生むとしている。

これはアフリカでの仮想通貨のユースケースがインフレへのヘッジになるということです。

一方、これら4万人のバイナンス・ウガンダのユーザーが日々の決済法として送金のためにビットコインに頼るようになるまでは、まだまだ長い道のりである。ケニア本拠のBitpesaの社長、Elizabeth Rossiello氏によれば、詐欺師らが人々を欺くようなことがあれば、多くのウガンダ人がビットコインに対して不信を抱いてしまうという。

「ウガンダ人は信用をフェイスtoフェイスで築き上げる、オフラインが主要のマーケットです。」「政府は近頃ブロックチェーンに関するイベントや発展に対してオープンであるので、我々は規制が整い、政府のサポートを強く願っています。」

ブロックチェーンの為のナショナル・タスクフォース(専門調査団)を設置するなど仮想通貨業界についてオープンな姿勢が増しているとRugunda氏は話す。実際、ウガンダのロイヤル・クドラ・カレーマ王子は、すでに数千のウガンダのモバイルアプリユーザーを抱えている仮想通貨スタートアップ企業、「Wala」と共にエネルギープロジェクトを先導してる。

バイナンスのチョウ氏は、ウガンダは比較的仮想通貨に寛容で、安定した政治体制を持つ「先進的なアフリカの国」であるとの見方に同意している。法定通貨の流動性と手頃な価格のクロスボーダー仮想通貨取引の需要が高いことを踏まえ、彼は次のように結論づけた。

アフリカ全土にとって、これはバイナンスがアフリカに奉仕するための最初のステップに過ぎない

出典:https://www.coindesk.com/uganda-africa-binance-crypto-unbanked-traders/
Binance Signs Up 40,000 Crypto Traders in Its First Week in Uganda

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨から電子マネーチャージが可能に。「ナナコ」、「楽天Edy」、「au WALLET」が対象

    国内仮想通貨取引所ディーカレットは21日、仮想通貨で電子マネーをチャー…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国の大学生、仮想通貨関連の仕事を希望し、8%が仮想通貨を保有している

    中国の大学生を対象に実施した世論調査では、彼らの多くが仮想通貨に明るい…

  3. 仮想通貨全般/経済

    楽観ムードで仮想通貨市場の取引ボリュームが急増

    とりわけこの直近3日間で、主要な仮想通貨の取引量と市場規模は著しく増加…

  4. 仮想通貨全般/経済

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える

    80年代のバブル景気、90年代台初頭のバブル崩壊、これらを経験した人で…

  5. 仮想通貨全般/経済

    世界中の税務機関が多数の仮想通貨取引の脱税取り締まりを計画中

    アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)は、税金を逃れる「多数」の仮想通貨通…

  6. ビットコイン(BTC)

    ブラジル、少なくとも株式投資家の2倍のビットコイン投資家が存在

    ビットコインに対して批判的な批評家は、あらゆる点においてビットコインに…

過去記事

新着記事

PAGE TOP