アルトコイン

自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュの年になる」

自分こそがビットコインの生みの親であるとする、自称「サトシ・ナカモト」のクレイグ・ライト(Craig Wright)氏は仮想通貨界では有名ですが、そのライト氏が2018年はビットコインキャッシュ(BCH)にとって非常に良い年になるだろうと予測しています。

(彼がサトシ・ナカモトであるという証明はなされていません。)

以下、彼の最近のツイッターでのつぶやきです。

2018年はビットコインがポテンシャルを発揮する1年になる。そしてBCHは、より高いセキュリティと、これ以上限界に関する問題にあたることもない。

このようにライト氏はビットコインキャッシュが良い年になる理由として、セキュリティのアップグレードとブロックサイズの引き上げを挙げています。


 

競争の激化:ビットコイン VS ビットコインキャッシュ

11月のSegwit2x中止後、ビットコインキャッシュの価格が爆発的に一時上昇し、ビットコインに迫るか?という一面もありましたが、現在はビットコインが大きく引き離し、10倍以上の価格差が付いています。

しかしビットコインとビットコインキャッシュは異なった性質を持ち、どちらのほうが優れていると比較するのは難しく、どちらが多くの支持を得られるのかが注目されています。

ビットコインキャッシュがビットコインと特に違う点は、ブロックサイズが大きいことです(現時点ではデフォルトで8MBに設定されています)。その結果、トランザクション速度が向上します。

ビットコインキャッシュはさらにブロックサイズの引き上げによって処理速度やスケーラビリティ問題を解決しようとしていますが、そのいっぽうでマイナーが少なくハッシュパワーが低いことから、セキュリティ面が依然として問題視されています。

ライト氏は、「ビットコインによる他の仮想通貨への、特にビットコインキャッシュへの優位性は来年あたりには、かなりシフトするでしょう。」としています。

このように彼がビットコインキャッシュを押すのは、来年にビットコインキャッシュのさらなるブロックサイズ引き上げを含むハードフォークが予定されているからだと思われます。ビットコインキャッシュのハードフォークは来年5月と11月に予定されています。

ライト氏以外にもビットコインキャッシュを推す有識者たちも出てきました。あわせて過去のブログも参考にしてください。

 

出典:https://cointelegraph.com/news/controversial-figure-craig-wright-says-2018-will-be-bchs-year
Self-proclaimed Bitcoin Creator Craig Wright: 2018 Will Be BCH’s Year

 
 
ビットコインキャッシュの購入はコインチェックで出来ます。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダーの元へ返還開始

    本日8月31日10時頃から、盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダー…

  2. ビットコイン(BTC)

    世界初の「ビットコイン上場投資信託」米SECで間もなく承認

    映画「ソーシャルネットワーク」でマーク・ザッカーバーグの敵として描かれ…

  3. ビットコイン(BTC)

    11月5日はビットコインETFのターニングポイントになるのだろうか?

    ビットコイン上場投資信託(ETF)問題は現在、ちょっとした溝にはまって…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン利用可能店舗が1年で4.6倍に

    国内でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を利用できる店舗は、こ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの需要が増加している7カ国

    現金を使わないキャッシュレス化を推進する国もあれば、経済の不安定化によ…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの価格が噂される1000ドルまで急落する可能性はあるのか?

    1月から2ヶ月以上に渡り、ビットコインは3,200ドルから4,000ド…

過去記事

新着記事

PAGE TOP