ビットコイン(BTC)

北朝鮮、韓国のビットコイン取引所Youbitをハッキングした疑い

今週初めに、韓国の仮想通貨取引所であるYoubit(ユービット)はユーザーの保有する資産の約5分の1を盗まれるという大規模なハッキング被害にあいました。

※似た名前で、大手取引所Yobit(ヨービット)がありますが、今回の被害を受けた取引所とは全く別です。

ハッキング攻撃の直後、Youbitの親会社であるYapianは破産申請を申し立てました。公式の声明によると無事であった75%の資産については払い戻しの準備が出来ているとユーザーに伝えされています。しかし残りの資産を請求するためには、同社は投資家達は破産手続きの最終決済まで待たなければなりません。

今や廃止されましたが、かつてグローバルな仮想通貨市場で最大取引所であったMt.Gox(マウントゴックス)は、破産手続きの解決に4年以上を要しています。それでも、山のような債権者残されています。 資産は全て払い戻されておらず、手続きはまだ進行中です。

残念ながら、今回のYoubit投資家の場合、個人的な資金の残りの25%を受け取るには数か月から数年かかることがあります。これは、破産手続の決済が確定してから顧客に伝えなければなりません。
 

北朝鮮への疑い

ハッキング攻撃が発見されたとき、Youbitチームは顧客に、地方自治体と韓国の法執行機関と緊密に協力して、セキュリティの問題が何であったかを調査していることを伝えました。

Youbitのチームはこの様に述べています。

現在、問題発見のために法執行機関や第三者の調査官と協力しています。私たちは、ユーザーの損失を最小限に抑えるためにあらゆる手を尽くしており、この状況を処理するいくつかの方法を検討しています。私たちはユーザーを失望させてしまったことに、重ねてお詫び申し上げます。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、Youbitのハッキング調査に精通している筋が語るには、北朝鮮の資金提供を受けたハッカーたちがハッキング攻撃に関与し始めた可能性があるという兆候と履歴の証拠が発見されたそうです。

2017年9月、セキュリティリサーチ会社FireEyeは、脅威研究の論文で、韓国の仮想通貨プラットフォームをハッキングするために使用されたツールを分析することによって、様々な取引所のハッキング攻撃を北朝鮮に関連付ける証拠を発見したことを明らかにしています。

北朝鮮の不審な動きについては、以前からこのセキュリティ会社FireEyeが報告しています。

FireEyeの研究者は、米国政府による北朝鮮に対する厳しい国際的制裁と北朝鮮体制の不安定さを踏まえれば、北朝鮮のハッカーたちが韓国の取引所を狙うことに多くの利点を持っていると報告書に挙げています。

ビットコインと仮想通貨取引所を狙うとは、いささか奇妙なターゲットのように見えるかもしれませんが、北朝鮮が追求している他の不法行為は他にもあり、政権に代わって金融犯罪を行うことに関心を示している。朝鮮労働党39号室は金密輸などの活動に関与しており、外貨を偽造したり、レストランを運営したりしています。

朝鮮労働党39号室(room39, office39)とは;
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の外貨獲得機関。朝鮮労働党の財政経理部であり、朝鮮労働党中央委員会政務局に所属。アメリカ陸軍大学戦略研究所の論文によれば、麻薬密売、通貨偽造、偽造タバコ密売等の不法活動を指揮する金正日直属の機関。(ウィキペディアより)


 

韓国経済研究所、北朝鮮の活動を示唆

ウォールストリートジャーナル紙とのインタビューで、韓国経済研究所のシニアディレクター、Troy Stangarone氏は、FireEyeと同様の見解を示しました。

北朝鮮はハッキングや金融ツールとしてビットコインを使うのには、理想的な国です。 彼らは経済制裁措置から失われた金を回収する方法を実験しているのです。

今後数週間、韓国の法執行機関やサイバーセキュリティ機関は、Youbitを標的としたハッキング攻撃を北朝鮮のハッカーと結びつける、確かな証拠を見つけることに集中することが期待されています。
 
 
出典:https://cointelegraph.com/news/north-korea-accused-of-hacking-south-korean-bitcoin-exchange-youbit
North Korea Accused of Hacking South Korean Bitcoin Exchange Youbit

 
 
仮想通貨の購入は、盗難補償ありで初心者に見やすいアプリ画面の
コインチェックがおすすめです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    持ち主が亡くなった場合ビットコインはどうなるの?

    ビットコイン所有者が亡くなってしまった場合、銀行と違い預金通帳やカード…

  2. 仮想通貨全般/経済

    送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開始

    本日4日、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営…

  3. 仮想通貨全般/経済

    SBI、仮想通貨取引サービス開始。一般は7月予定

    SBIホールディングスは6月4日、子会社のSBIバーチャル・カレンシー…

  4. アルトコイン

    フィディリティ、3月にビットコインのカストディサービスを開始予定か

    米大手投資信託会社のフィデリティはビットコインのカストディ(保管)サー…

  5. 仮想通貨全般/経済

    Wirexカードが10月15日で利用停止に 新たなカードも

    当ブログでも紹介していた、「Wirex」(ビットコインのチャージ式)デ…

  6. ビットコイン(BTC)

    下落トレンドの底値は近いのか?

    仮想通貨市場は依然として弱気なトレンドを継続しており、多くの仮想通貨ト…

Bitcoin

Bitcoin

588,687.48

BTC 0.94%

Ethereum

Ethereum

19,379.78

ETH 4.25%

XRP

XRP

37.87

XRP 1.99%

Litecoin

Litecoin

9,083.45

LTC 1.65%

EOS

EOS

613.88

EOS 0.55%

Bitcoin Cash

Bitcoin Cash

34,329.47

BCH 0.03%

Binance Coin

Binance Coin

2,453.65

BNB 11.30%

Stellar

Stellar

13.17

XLM -2.33%

Tether

Tether

112.54

USDT -4.00%

Cardano

Cardano

9.24

ADA -4.47%

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
PAGE TOP