仮想通貨全般/経済

ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」は国債か?翌日には第2弾「ペトロゴールド」も発表

20日、ベネズエラは、石油に裏付けされるとした仮想通貨「ペトロ」のプレセールを行い、初日に7億3500万ドル(約786億円)を集めたと発表しました。

ベネズエラ独自の仮想通貨が発行されるかもしれないというニュースは、昨年12月には出ていましたので、3ヶ月弱程度で実現しました。

(2017年12月のニュースはこちら)

政府は購入マニュアルを公開、購入にはフィアット通貨、仮想通貨を使えるとしましたが、自国の「ボリバル」は使えないとしました。

ベネズエラの豊かな埋蔵原油を裏付けとし、政府はペトロ1単位が原油1バレルの価値に相当することを約束し、約60億ドルの調達を見込んでいます。

ペトロのプレセール開始

ペトロのホワイトペーパーにには、2月20日現地ベネズエラ時間で「午前8時30分より」プレセールを開始と書かれていましたが、日付が20日になった深夜、政府はペトロのプレセール開始のアナウンスと購入マニュアルと一緒に公開しました。

プレセール期間中は上限8270万ペトロのトークンが提供され、ベネズエラ国民と外国人も購入が出来るとしています。

またこのプレセール開始直後の深夜には、ウェブサイトには通常の5倍、そしてプレセール開始としていた定刻の朝には20倍へとアクセス数が急増しました。

そしてベネズエラ政府は、ペトロのプレセール初日に735ミリオンドルもの資金を手にしたのです。
 

第2弾ペトロゴールド?

これに味を占めたのか(?)ベネズエラのマドゥロ大統領は翌21日、同国が来週、金を裏付けとする仮想通貨「ペトロ・ゴールド」を導入すると発表しました。

来週、金を裏付けとするペトロ・ゴールドを導入する。これはペトロにもまして強力で、ペトロの強化につながる。

と大統領はテレビ演説で述べました。

この立て続けの仮想通貨発表に、世論は困惑気味。最終的には購入者が泣きを見る詐欺的なものになるのではないかと言う意見も。
 
また、石油に対して公平な立場で見解を述べる国会副議長のMarialbert Barrios氏はツイッターでこの様に述べています。

まともな考えを持った人で、ハイパーインフレ経済を伴っており、他国への借金を払わない国の仮想通貨なんて誰が買うの?

ベネズエラの仮想通貨は国債か?

石油は危険な投資だと経済の専門家は言い、ベネズエラの野党は、ペトロの発行は違法だと主張しています。ペトロへの投資はアメリカの制裁違反とみなされ、米企業の関与はほぼ望めない状況です。

ペトロは実質的に国債(国の借金)に似たものだと多くのアナリストは指摘。また、米財務省はペトロを取引することは、アメリカが経済制裁を与えた国とのあいだで禁じている商取引にあたるという見解です。

ベネズエラは、原油価格の記録的な低水準とハイパーインフレを引き起こした経済運営の失敗により、現在、経済の崩壊に見舞われており、ベネズエラは歴史的な経済破綻に陥っています。国民は食糧や医薬品などが常に不足している状況で、暴力や犯罪が広がっています。

国の借金を返し、この状況を打破するために、大統領は仮想通貨の人気にあやかって米国の制裁を回避したいのが狙いだというのが大半の意見のようです。

(ベネズエラの現状)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ロシア、ユーザーの12%は仮想通貨が主な収入源

    最近の調査によると、ロシア人の仮想通貨ユーザーのうち、12%が仮想通貨…

  2. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック6月中に再始動か

    国内大手取引所「コインチェック」が6月中にも全面再開の見通しであること…

  3. 仮想通貨全般/経済

    Binanceが緊急メンテナンス後、取引を再開

    大手取引所のBinance(バイナンス)が4日、9時半ごろ、突如「緊急…

  4. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上…

  5. 仮想通貨全般/経済

    2018年「成熟した」仮想通貨市場が多くの投資を引き寄せる

    香港に拠点を置く仮想通貨投資会社Orichal Partnersの設立…

  6. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破

    仮想通貨はこれまでにないボリュームとスピードでブームを巻き起こしており…

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
QUOINEX
  1. アルトコイン

    チャーリー・リー氏「現在の弱気相場は物事を進めるには良い時期」
  2. ブロックチェーン

    フリマアプリのメルカリが仮想通貨ビジネスに参入
  3. アルトコイン

    イーサリアムクラシックが上場来高値を更新
  4. ビットコイン(BTC)

    ヤマダ電機がビットコイン決済を開始
  5. ビットコイン(BTC)

    リップルが”SWELL”を発表でXRP価格は下落
PAGE TOP