アルトコイン

SBIホールディングス、台湾のコールドウォレット事業に40%出資

大手金融サービスのSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX Ltd.(クールビットエックス)に出資したことを発表しました。

SBIの仮想通貨とブロックチェーンの両方向へ関心は高まりを見せており、今回の非公開の投資では40%を出資比率としており、CoolBitX社のほぼ半分のオーナーシップを得たことになります。
 
CoolBitX社は台湾で仮想通貨を保管・管理するためのコールドウォレットの開発および販売を行っています。(コールドウォレットとは、インターネットとは切り離して保管するウォレットのことを指します。)

主な製品として「CoolWallet」を製造しており、 これはBluetooth経由でデバイスと通信できるクレジットカードに似たハードウェアウォレットです。

SBIグループは、国内初の銀行主体の仮想通貨取引所の開設、マイニング事業、独自仮想通貨の発行計画など、仮想通貨業界での幅広い事業展開に向けて準備しています。今回のCoolBitX社との資本提携により、一層のセキュリティ高度化を目指すのがねらいだと思われます。

同グループは現在、リップルの技術を生かした大規模な試みを、ほとんどが日本を拠点としている約60の銀行を含む大手ベンチャーに先駆けて行っています。

リップルに関しては、韓国のウリ銀行(Woori Bank)は、今年末までにリップルベースの送金を商業化する予定であると発表しました。一方で、同社は2月27日にセキュリティを強化する必要性を挙げて、独自の仮想通貨発行の開始を延期しています。

 

出典:https://cointelegraph.com/news/japans-finance-giant-sbi-buys-40-of-taiwanese-crypto-hardware-wallet-company
Japan’s Finance Giant SBI Buys 40% Of Taiwanese Crypto Hardware Wallet Company

 
リップル(XRP)はビットフライヤーでも購入できます。  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. アルトコイン

    40ドルがイーサリアムの新しいサポートラインとなったのか?

    イーサリアム(ETH)の価格は、40ドル以上を推移している。一部のアナ…

  2. ビットコイン(BTC)

    SEC、ビットコインETFの可否決定は9月へ延期

    米国証券取引委員会(SEC)は、ビットコイン上場投資信託(ETF)の決…

  3. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない

    シンガポール通貨庁の責任者は、シンガポールにはビットコインなどの仮想通…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引を日本に移す中国人投資家-中国報道

    中国メディアの澎湃新闻は14日、ビットコインの取引量で世界最大だった中…

  5. 仮想通貨全般/経済

    フランス、仮想通貨税率45%から19%へ引き下げ

    フランスの税務局は、ビットコインなどの仮想通貨での利益に対する税率を大…

  6. 仮想通貨全般/経済

    「ビットコイン」が年間トップ検索ワードに – Goggleデータ

    いよいよ2017年も残り3日となりました。この年の瀬になるとその年に最…

Bitcoin

Bitcoin

437,874.66

BTC -0.03%

Ethereum

Ethereum

15,018.25

ETH 0.62%

XRP

XRP

34.08

XRP 0.15%

Litecoin

Litecoin

6,642.56

LTC 2.43%

EOS

EOS

407.49

EOS 1.44%

Bitcoin Cash

Bitcoin Cash

18,146.76

BCH 5.90%

Binance Coin

Binance Coin

1,649.04

BNB -0.26%

Stellar

Stellar

11.67

XLM -2.17%

Tether

Tether

109.42

USDT -0.46%

Cardano

Cardano

6.89

ADA 9.62%

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アフィリエイトのアクセストレード
QUOINEX
PAGE TOP