大手中国取引所BTCC – イーサリアムよりイーサリアムクラシックを支持する

アルトコイン
この記事は約3分で読めます。

BTCCは中国の大手ビットコイン取引所で、つい最近、ビットコインと米ドルのトレードにも対応しました。その華麗なるUSデビューの裏で、同社はイーサリアムクラシックを支持するというニュースが飛び込んできました。海外メディアが伝えています。

今年7月26日、イーサリアム設立チームはDAOアタックに対応するためハードフォークを行いました。そのハードフォークほぼ直後、イーサリアム本来の意味を受け継ぐイーサリアムクラシックが誕生したのです。

以来、KrakenやBitfinexなど主要ビットコイン取引所はイーサリアムとイーサリアムクラシックの大きなマーケット層を考慮し、両方を支持してきました。しかしながら2つの理念のうち、BTCCは明らかに彼らの意向を示しています。

ツイッターも含むいくつかのソーシャルメディアで、BTCCはあるユーザーのイーサリアムサポーターの問いにこのように答えています。

twitter

                                                                                                                                                                                                                              
ユーザー:「どっちなの?」

BTCC:「クラシックだよ(にっこり)」

BTCCの影響力

現在、BTCCは中国での、ビットコインと中国元の取引のうち、50%以上の取引量を誇っています。BTCCは1日平均約1.8ミリオンビットコインの取引量をこなしており、これは約13億円に相当します。中国の総1日取引量が3.41ミリオンBTCとすると、BTCCは52.7%にも及ぶビットコインの取引量を担っていることが分かります。(下記の図参照)

053d3f0e11aff0d3ed6c93af9836204d

国際的な仮想通貨マーケットへの影響力を考えても、このBTCCのETCサポートの決断は、MoneroやDashよりも上にあたる、5番目に時価総額の大きいETCに大きなインパクトを与えたと言わざるを得ません。

BTCCのCOO(最高執行責任者)Samson Mowは一貫してETCへのサポートを示してきました。この数ヶ月は様々なETCミートアップに参加し、ETCのマイニングプールに助言を与えてきました。

twitter_etc
                                                                                                  

このニュースを受けてなのか、11/4辺りからETCの価格は急騰し、一時109円前後をマークしました。100円を切っていた時期から10下旬から久しぶりに100円台に値を戻しました。現在は102円前後で推移しています。ETCはビットコインに比べて価格が高騰していない為、夢のある投資先と言えるかもしれません。中国にサポーターが多いだけに今後の動向が気になりますね。

出典:Major Chinese Exchange BTCC Selects Ethereum Classic Over ETH
https://cointelegraph.com/news/major-chinese-exchange-btcc-selects-ethereum-classic-over-eth

タイトルとURLをコピーしました