仮想通貨全般/経済

送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開始

本日4日、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asia株式会社は、参加銀行と共同開発したスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を、住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3銀行と接続し、提供を開始したと発表した。

Money TapはApp StoreならびにGoogle Playにて10月4日より、順次ダウンロード可能。

これにより、リップル社も歓喜のコメントをツイート。

日本銀行コンソーシアムは本日、リップルを利用した支払いアプリ「MoneyTap」をローンチし、国内でのリアルタイム決済を提供しました!

使える条件は?

入出金の手間や手数料が発生するチャージ型のウォレットアプリとは違い、接続先銀行に口座を持っていて、インターネットバンキング登録が済んでいれば、銀行口座間の即時決済が可能としている。

つまりは住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3銀行でオンラインバンキングを利用しているユーザーは即使える

早速ダウンロードするユーザーが、その内容を投稿している。

 
 

送金手数料が無料!?

SBI Ripple asiaの発表によると、Money Tapアプリのダウンロードや登録は無料であり、送金ごとにあたっての手数料は各銀行が個別に設定するが、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3銀行は、Money Tapが可能とする1回3万円、1日10万円までではあるが、送金については、自行内・他行あてを問わず、送金手数料を「無料」とするとしている。

他行宛も含め、送金手数料が無料というこのシステムはかなりのインパクトで、ユーザーからも驚きの声が上がっている。

但しこの手数料は、2018年10月時点の手数料であり、今後は各金融機関の公表内容をご確認下さい。としている。

同社は、「この戦略的な送金手数料設定により、現金でのやり取りが主体を占める少額送金についても、キャッシュレス化を促進したい。」としている。
 
 
今回のアプリローンチとは関係が無いが、キャッシュレス化についていけない、望まないという意見もある。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン保有者に朗報。ステラが無料でもらえるかも!?

    6/23に書いたこの記事について、無料配布してもらえる取引所について一…

  2. 仮想通貨全般/経済

    韓国大手取引所ビッサムから約35億円が消えた

    韓国最大の仮想通貨取引所である「Bithumb」(ビッサム)は、韓国時…

  3. 仮想通貨全般/経済

    コインベースの企業価値が9000億円に到達か

    世界的な消費者ブランドを中心に投資する米国のヘッジファンド、Tiger…

  4. 仮想通貨全般/経済

    金融庁認定の仮想通貨交換業者11社発表。19社は継続審査中

    金融庁が仮想通貨交換業者の認定業者を発表しました。10月2…

  5. 仮想通貨全般/経済

    2018年「成熟した」仮想通貨市場が多くの投資を引き寄せる

    香港に拠点を置く仮想通貨投資会社Orichal Partnersの設立…

  6. 仮想通貨全般/経済

    7月1日から仮想通貨 消費税撤廃

    いよいよ明日7月1日から仮想通貨を購入する際の消費税が課税されなくなり…

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アフィリエイトのアクセストレード
  1. アルトコイン

    Bitmain、ETHマイニング用ASICのプレオーダー開始
  2. 仮想通貨全般/経済

    韓国大手取引所ビッサムから約35億円が消えた
  3. 仮想通貨全般/経済

    ワインの会社が日本の仮想通貨取引所の株式を約33億円で過半数取得
  4. フィンテック

    将来的に自らの業務にFinTech技術を活用する可能性
  5. アルトコイン

    イーサリアムクラシック、時価総額1.3億ドルに到達
PAGE TOP