ビットコイン(BTC)

イーサリアム–ハードフォークするも止まない攻撃

18~19日の深夜に行われたイーサリアムのハードフォークについて、無事に終了したことをお伝えしましたが

24時間も経たないうちに攻撃は再開し、いまだDos(denial of service)アタックが止まずに続いている件についてCoindeskの記事を抜粋してお届けします。

The Daoが盗まれた際にハードフォークして以降、再び訪れた問題のDos攻撃の唯一の軽減策として、ハードフォークと(ネットワーク機能を正しく入れ替え、マイナー(発掘者)とユーザーがソフトウェアをアップグレード)しました。しかしアタッカーはセキュリティーの穴を狙って再び攻撃しているもようです。

イーサリアムデベロッパーは新しい解決法に急いでいます。イーサリアムファンデーションITコンサルタントのHudson Jameson曰く

「私たちは、第二のハードフォークが発生するまで多少の問題を緩和するために、クライアントのアップデートに取り組んでいます。」

とのこと。

創始者のVitalik Buterinは

デベロッパー達はアタッカーのバラエティに富んだ攻撃に対して、(先日よりお伝えの)2つのハードフォークを用意しており、もう一方の残された2回目のフォークが有効だと信じている。

とのこと。

イーサリアムの憶測

もし2回目のハードフォークが行われたとしても、次にまた何が起こるのか、これらの攻撃は一体どのように、短期戦なのか長期戦になるのかも分からない。と広く懸念されています。そもそものイーサリアムの設計事態に攻撃を受けやすいという意見も多く上がっています。

多くの関係者からは「ネットワークに変更を与える前にそもそも細心の注意が払われているのか?」の声や、IBMのブロックチェーンリーダーからは「彼らはイーサリアムネットワークに1ビリオンドル(約10億円)が入っているということが分かっていない。」との意見も聞かれます。

一方でイーサリアムマイニングファーム、ジェネシスマイニングのCEO(最高責任者)Marco Strengは、
「イーサリアムが以前よりも更に強いものとなるのは明白である。」としています。

多くのスポンサー、ICOを携えているイーサリアム、今後の動向が気になりますね。

出典:(Coindesk)Ethereum Forks But Blockchain Attacks Keep On Coming
http://www.coindesk.com/ethereum-forks-blockchain-attacks-keep-coming/

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで決済出来るお店がじわじわ増えてきている!

    オンラインスーパーの「Touch mall」などでビットコインの決済が…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの価格が40日ぶりの高値に、キーポイントは5000ドル

    ビットコインが約40日ぶりに4,000ドルにタッチした。仮想通…

  3. ビットコイン(BTC)

    続くベネズエラのハイパーインフレーション、ボリバルよりもビットコインの方が優れている

    ビットコインには状況に応じてさまざまなことに変貌する。多くの人にとって…

  4. ビットコイン(BTC)

    ショップサーブ ネットショッピングでビットコイン決済を標準搭載

    株式会社Eストアー(JASDAQ上場、証券コード4304、本社:東京都…

  5. アルトコイン

    DASH 世界最大の取引所Bitfinexに上場 時価総額は370億円を突破!

    アルトコインのひとつ、DASHは世界最大の取引所Bitfinexに上場…

  6. ビットコイン(BTC)

    トム・リー氏のビットコイン年末までに2万ドル超え予想の根拠とは

    ビットコインの価格予想で御馴染み、ファンドストラット社のトーマス・リー…

過去記事

新着記事

PAGE TOP