コインチェック6月中に再始動か

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

国内大手取引所「コインチェック」が6月中にも全面再開の見通しであることが分かりました。

マネックスグループの松本大(おおき)・社長兼最高経営責任者(CEO)が、毎日新聞のインタビューに応じました。

完全子会社化した「コインチェック」の全面取引再開について「6月中が目標だ」と説明。今後、仮想通貨事業を米国、香港、オーストラリアなど海外で展開する意向も表明しました。

「内部管理や不正アクセス防止の体制を強化中だ。金融庁に報告し、コメントももらっている」と、想定通りに進んでいるとの考えを示しました。
 

静岡銀行、コインチェックとの提携を視野に

また、ブルームバーグのインタビューに対し、マネックスグループの株を約27%保有する筆頭株主である静岡銀行の柴田久頭取は、時期尚早ではあるものの将来的に安全性が確認され社会的信頼が高まれば、口座連携などを検討し、協力して新たなサービス創出を模索する考えを示しました。

コインチェックが交換業者として金融庁から登録承認を得るなど環境が整えば「どういう連携ができるか考えたい」と述べ、マネックスグループと口座を連携できれば「もっと新しい金融サービスができる可能性がある」と期待を示しました。
 

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

出典:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-24/P96IVR6S972801
出典:https://mainichi.jp/articles/20180524/k00/00m/020/105000c

タイトルとURLをコピーしました