仮想通貨、経済ニュース

中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ

中国の中央銀行である中国人民銀行が2014年に結成した研究グループが、国の暗号通貨の試運転を完了した。これにより中国人民銀行は、将来的に麺から自動車まであらゆるものを購入することができる電子通貨を発行する世界初の中央銀行になることに1歩近づいた。

20170227_01

ブルームバーグ通信によると、スマートフォンで支払いをすることに慣れた人たちにとって暗号通貨の使用は既存の決済システムAlipayあるいはWeChatとそれほど違いはない。

だが売り手にとっては明らかな違いが生じる。売買の電子形式への移行は、他のインスタスを素通りして買い手から直接電子通貨を受け取ることになるため、取引を行う際のコストが削減される。

今のところ暗号通貨が機能するプラットフォームの開発が続けられており、中国人民銀行はブロックチェーンの技術を研究し、形成されつつある「バブル」を懸念しながら、ビットコインの発展を注視している。

つい最近ではウィーンで、ビットコインを両替できる銀行が初めて誕生したと報じられたばかり。

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    バークレイズの元トレーダー、ビットフライヤーへ転職。既存の金融機関に未来を感じられない。

    イギリス・ロンドンに本拠を置く「バークレイズ」の元トレーダーである村山…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン—2017年春メドに消費税の課税対象外へ

    財務省と金融庁は12日、ビットコインなどの仮想通貨を買う際の消費税につ…

  3. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインは世界の単一通貨となる」

    ツイッターと決済サービス会社を運営する会社、スクエアのCEOである、ジ…

  4. 仮想通貨、経済ニュース

    金融専門家「仮想通貨が今後上昇するに賭ける」UK調べ

    英国の金融専門家の間で新たに行われた調査によれば、仮想通貨に投資した人…

  5. アルトコイン

    SBIホールディングス、台湾のコールドウォレット事業に40%出資

    大手金融サービスのSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨のコール…

  6. 仮想通貨、経済ニュース

    韓国ミレニアル世代、5人に2人がビットコイン投資に強い関心

    韓国銀行(BOK)の新たな報道によると、韓国のミレニアル世代は現在、他…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    Bitfinex、11月9日までに米国ユーザーへのサービスを終了
  2. 仮想通貨市況

    ビットコイン価格再び1万ドル突破。取引量は依然少なめ
  3. アルトコイン

    リップルが26億円相当のXRPをベンチャーファンドに出資
  4. フィンテック

    「ロボアド」をご存知ですか?
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが3年超ぶり高値 ETF認可の思惑で
PAGE TOP