ビットコイン(BTC)

ビットコインに不審な動き、謎の買い支えのうわさ

先日、Segwit2Xのハードフォーク中止の発表を受け過去最高値(約87万円)を更新したビットコイン(BTC)は、その後、ビットコインキャッシュの勢いと交差する形で下落を続けておりました。

11月12日の日曜日には、ビットコインキャッシュ(BCH)が過去最高値(約33万円)を付けるころ、ビットコインはついに62万円近くまで下落しました。しかし、その時を起点にビットコインは大きな出来高を伴って反発し、本日現在で6450ドル(日本取引所では76万円)に値を戻しました。


(ちょうど交錯するような値動きを見せた、BTCとBCH。日足チャート)
 

このような反発や、大きなボラティリティは、ビットコインでは過去をたどれば珍しいことではありません。しかし、今回のこのビットコインの動きには不振な「買い支え」の疑惑が浮上しています。

海外のソーシャル掲示板に、あるユーザーから、その疑惑についての投稿が1枚の画像と共に上がっています。

『TetherがBTCを救うために新たな3000万USDTを発行。注意喚起:USDTをホールドしないでください。フィアット通貨(現金)を引き出せない取引所でのトレードはしないでください。』

Tethersは詐欺師のようだ。彼らは米ドルに裏打ちされていると言いますが、私が見る限りその証拠はない。私から見て、最も説得力のある説明は、彼らは何らかの後ろ盾があり、それはUSDではなく、BTCに支えられているということである。

つまり、BTCが激しくクラッシュすると、Tethersの数百万ドルがパァになる。だから基本的に彼らは仮想通貨のエコシステムをパンプアップしており、それにより皆はお金を失っているのである。

私は間違ってますか?自分でもこの考えが間違いであって欲しいよ。だけどこの見解はもう仮想通貨界から抜け出したいと思わせてくれるね…。

ここでこのユーザーの言うところの「パンプアップ」とは「買い支え」のことです。
 

USDTを新規発行する「Thther Limited」と関係会社との間には下記のような関係図式が出来上がります。つまりはBlockstream社の利益を損なわないように、Tether LimitedがBTCを買い支えるためのUSDTを新規発行しているのではないか?という疑惑です。

Blockstream社(ビットコインを開発)

↓ 出資

Bitfinex(世界2位の取引所)

↓ 子会社

Tether Limited(USDTを発行して、買い支え資金を作っている?)

USDTの「T]、Tether(テザー)とは、米ドル(USD)や日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。USDT(USD Tether)で、殆どの場合1USDT≒1USDというほぼ等価の図式が崩れることはありません。その性質上、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われていることもあります。Tether Limitedに法定通貨を預けると同額のTether(テザー)が発行され、Tether Limitedから法定通貨を引き出す時にはTether(テザー)を入金すると引き出すことが出来て、その入金したTether(テザー)は消失する、という仕組みです。中央集権者であるTether Limitedが破綻、もしくは不正をする可能性、または法定通貨を預けている銀行が破綻、ハッキングされる等の危険性があります。(COIN POSTより引用)

 

投稿と一緒に上げられた下記の画像から、3000万USDTが発行されたことが分かります。

これに対し、Tether Limited側では会計コンサルタントに依頼して財務諸表を公表しているようですが、第三者機関のチェックが入っていないので、発行したUSDTと同額のUSDがTether Limited内に存在することを100%証明するものにはなりません。

もしこの不正が本当に行われていたとしたら、ビットコインには大きな汚点であり、ある機関が自由に価格を操作できてしまう裏づけとなってしまいます。

今現在、仮想通貨業界ではビットコインキャッシュがビットコインに取って代わる存在になるのではないか?と皆が注目しています。これからもこの2つの通貨のバトルから目が離せません。
 
 
 
 

盗難補償あり、初心者にも見やすいアプリ画面。
仮想通貨を買うなら、OLさんや初心者にも人気の
コインチェックがおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    NEM財団曰く「ハッカーが盗んだコインを移動させている」

    NEM財団副社長のジェフ・マクドナルド副社長は、ロイター通信に対し、今…

  2. ビットコイン(BTC)

    Baiduが全てのビットコイン関連の広告を禁止

    検索エンジンとウェブサービスを提供する中国大手企業Baiduが、先日全…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン財団設立者、シュレム氏が出所後に新事業

    ビットコインのパイオニアとして知られるチャーリー・シュレム氏が、ブロッ…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがベネズエラの経済危機を救う

    ロイター通信によりますと、子供を捨てる母親もいると悲惨な状況の中、食料…

  5. アルトコイン

    チャーリー・リー氏「どんなアルトコインよりもビットコインを買え」

    長年の仮想通貨投資家は、新規参入者に対してビットコインを中心に投資を勧…

  6. ビットコイン(BTC)

    韓国大統領府「今のところ韓国の仮想通貨取引は禁止しない」

    韓国のブルーハウス(アメリカでいうところのホワイトハウス)は11日、今…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ランボルギーニ専門店 ビットコインでの支払い受付け開始
  2. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で
  3. 仮想通貨、経済ニュース

    ジョン・マカフィー氏「仮想通貨の上昇ラリーが近い」
  4. ビットコイン(BTC)

    日本初!ミニバンレンタカーの支払いにビットコイン決済機能を搭載
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは8000ドルを下回ったが下落は限定的な可能性
PAGE TOP