ビットコイン(BTC)

ビットコイン最高値を更新、市場は次のステップへ向けて準備に

11月20日以降、ビットコインの価格は7,700ドルから8,315ドルに上昇し、火曜日の1日の取引を通じて8,200ドル付近で安定し、8,380ドルの最高値まで上昇しました。

アナリストらは、ビットコインの短・中期的な成長に対する市場の信頼を考慮したうえで、ビットコイン市場で近日に新たな売買の盛り上がりを見せると予想しています。

昨日、テザー(Tether)はセキュリティの重大な穴を発見、約3100万ドルのUSDTがハッキングされたことを発表しました。公式の声明でテザーの開発チームは次のように説明しています。

「私たちは、外部の攻撃者による悪意のある行為によって、テザーのウォレットから資産が不適切に消し去られたことを発見しました。$30,950,010 USDTが2017年11月19日にテザーのウォレットから削除され、許可されていないビットコインアドレスに送られました。

テザー(USDT)の性質上、ビットコインやその他の仮想通貨に直接的に価格に影響を与えるものではありませんが、それでもこの発表は一時的にビットコインを8100ドルから7700ドルに下落させるきっかけとなりました。

Blockstream社のCEO、Adam Back氏を含むトレーダーと専門家達は、ビットコインの価格が軽い調整に入ったため、ビットコインを買い増したことを明かしています。 「その下落を拾ったよ。人々は神経過敏になっているね。」とBack氏は言います。

その下落から9時間以内にビットコインの価格は7700ドルから8380ドルへ7.5%以上上昇したのです。

テザー社のUSDT送信については、今回テザー社の発表によりハッキングだということになっていますが、先日ブログでお伝えしたとおり、ビットコイン買い支えの為の資金を不正に発行していた可能性が疑われています。

フィアット通貨は衰退?

電子機器小売業のOverstockのCEO、Patrick Byrne氏は最近、Fox Businessとのインタビューで、世界的なフィアット通貨システムが衰退し、ビットコインや金などが長続きし、長期的にフィアット通貨のシステムを凌駕するだろうと発言しました。

実際の問題は、ビットコインの価格が幾らまで上昇するかではありません。真の問題は、フィアット通貨がどれだけ安くなってしまうかであり、それはだたの印刷された紙きれになってしまうことにより最終的にはすべての通貨価値がゼロになるのです。

とByrne氏は付け加えました。

機関投資家および個人投資家は、12月11日にCMEのビットコイン先物取引所の開設に伴い、大半の機関投資家がすでにビッドコインへの投資計画を確定していることから、世界的な金融セクターと通貨システムの同様の長期的な将来を想定しているそうです。

現在ビットコインの価格は、多くの機関投資家や大型ヘッジファンドの関与なくして9,000ドルに近づいており、これはもっぱらビットコインが主流となって普及し増加したことの結果です。

今月中に何十億ドルもの資金がこの市場に流れ込んでくるため、地球上でも最も流動性の高いとされるApple社の株式よりも既に高いビットコインの流動性と日々の取引量がさらに増えることになるでしょう。

出典:https://www.cryptocoinsnews.com/bitcoin-price-stabilizes-at-8200-is-market-ready-to-make-its-next-move/
Bitcoin Price Hits New Record High Near $8,400; is Market Ready to Make its Next Move?

ビットコイン買うなら盗難補償あり、初心者にも見やすいアプリ画面。
仮想通貨を買うなら、OLさんや初心者にも人気の
コインチェックがおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが100万円に到達、世界通貨ランキング30位以内にランクイン。

    昨日、11月26日日曜日にビットコインがついに100万円を突破しました…

  2. ビットコイン(BTC)

    オーストラリア – ビットコイン非課税に

    オーストラリアがビットコイン購入を非課税にオーストラリアの新しい国…

  3. ビットコイン(BTC)

    投資家ビル・ミラー、資産の30%がビットコイン

    ウォーレン・バフェットに並ぶ三大投資家とも言われる、ファンドマネージャ…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが8500ドルを下回り、仮想通貨市場はスランプから脱出できず

    3月25日以降、仮想通貨市場は3500億ドルの時価総額を取り戻せずに苦…

  5. ビットコイン(BTC)

    【朗報】バンドルカードのビットコインチャージ機能が復活

    一時サービスが停止されていた「バンドルカード」のビットコイン(BTC)…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは1997年からバブルと言われているAmazonと似ている

    ビットコインジャーナリストのJoseph Young氏が、海外メディア…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    ポンド、31年ぶりの安値を3日連続で更新
  2. アルトコイン

    ロジャー・バー「仮想通貨資産の大半をビットコインキャッシュで保有している」
  3. 仮想通貨、経済ニュース

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える
  4. 仮想通貨、経済ニュース

    ビットフライヤー、業務改善命令を受け新規アカウント作成一時停止
  5. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:6月27日の相場
PAGE TOP