ビットコイン(BTC)

ビットコイン先物取引、ナスダック上場が刺激剤に

ニューヨークの証券取引所に次いで世界第2位の規模である証券取引所ナスダック(Nasdaq)は、6兆831億ドルの株式市場において、2018年中旬をメドにビットコイン先物取引を上場する方針です。

ナスダックとカンター、2018年中旬までにビットコイン導入へ


ウォールストリートジャーナルの報道によると、ナスダックとカンター・フィッツジェラルド(Cantor Fitzgerald & Co.)は、2018年前半にビットコイン先物を上場する方針です。2つの金融機関は、一仮想通貨が最近1万1千ドルを超えて急騰したことを受けて、ビットコインの導入に「急いで」います。

ナスダックのビットコイン先物取引開始計画に精通している情報筋によると、ナスダックのビットコイン先物と契約はナスダックの予定リストに入っており、これにより、伝統ある金融部門や株式ブローカーの投資家らは、ビットコイン取引をスタートさせることが出来ます。

また、ウォールストリートジャーナルとのインタビューで、米国の大手金融ファームのカンター氏も、旗艦取引所でビットコイン先物とデリバティブを開始する予定であることを明らかにしました。

カンター・フィッツジェラルドの最高経営責任者であるショーン・マシューズ(Shawn Matthews)氏は、仮想通貨は新しい資産クラスであり、 “まだ終わっていない”と述べ、ビットコインは未だ続くことを強調しました。

この資産クラス(ビットコイン)は終わっていません。もし次のレベルに目を向ければ、機関が参入し、市場にとって大きな参加者となるでしょう。特に流動性は良くなるはずです。

アセットクラス(資産クラス);
投資対象となる資産の種類や分類のこと。 株式、債券、不動産、貴金属、現預金などがアセットクラスとされており、近年では新たなアセットクラスとしてヘッジファンド、プライベートエクイティなどオルタナティブ(代替)投資なども対象とされています。

 

ナスダックの先物取引が刺激剤に

他の主要取引所は、トレーディング・プラットフォーム上にビットコイン先物を上場させる可能性を積極的に調査しているといいます。

ナイメックス(Nymex)の元役員であるジョン・ディ・アゴスティーノ(John D’Agostino)氏はウォールストリートジャーナルに対し、規制対象の各取引所のすべての部門がビットコイン先物の上場を検討しており、CBOE、CME、ナスダック、およびカンターがビットコインを導入する動きをしています。

取引所の全ての調査部門が声をそろえて「導入出来ますか?」と聞いてきます。皆が(ビットコインを)取引したいのであれば、やらない手は無いでしょう?これは天からの贈り物なのです。

とアゴスティーノ氏は述べています。

ビットコインのメインストリームとしての採用の急速な増加と、仮想通貨の需要の増加を考慮すると、米国および世界の金融市場における全ての取引所は、ビットコインを短期間で導入する予定です。

ナスダックのビットコイン先物の上場は、今後数ヶ月で他の取引所が先物取引を検討する引き金となるでしょう。
 
出典:Bitcoin Futures Trading is Coming to Nasdaq, the World’s Second Largest Stock Market
https://www.cryptocoinsnews.com/nasdaq-worlds-second-largest-stock-market-will-enable-bitcoin-futures-trading/

 
 
盗難補償あり、初心者にも見やすいアプリ画面。
仮想通貨を買うなら、OLさんや初心者にも人気の
コインチェックがおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    米格付け会社が仮想通貨の格付けを発表

    独立系格付機関の「Weiss Ratings」が、仮想通貨の格付けを発…

  2. ビットコイン(BTC)

    今さら聞けない、「ビットコイン」について知っておきたいこと

    巷でビットコインという言葉を耳にすることが多くなってきていませんか?と…

  3. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインは世界の単一通貨となる」

    ツイッターと決済サービス会社を運営する会社、スクエアのCEOである、ジ…

  4. ビットコイン(BTC)

    イタリアではタクシーの決済をビットコインで

    Chansideという新たなサービスの登場のおかげで、これからはイタリ…

  5. ビットコイン(BTC)

    タイでビットコイン利用が増える可能性のある4つの理由

    世界中の銀行と同じように、タイの銀行は、流行に後れないようテクノロジー…

  6. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー

    アンチウイルスソフトでおなじみのジョン・マカフィー(John McAf…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    ヴィタリック氏曰く、中央銀行は独自のデジタル通貨を作る能力がない
  2. ビットコイン(BTC)

    2014年と比べると2018年のビットコイン下落は短いものとなるだろう
  3. 仮想通貨、経済ニュース

    韓国大手取引所ビッサムから約35億円が消えた
  4. アルトコイン

    米グレイスケール、イーサリアムなど主要仮想通貨のファンドを立ち上げ
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは「80年代のインターネットのようなもの」ブライアン・ケリー氏
PAGE TOP