ビットコイン(BTC)

ハッシュパワー取引所ナイスハッシュ、6400万ドル相当のビットコイン盗まれる

スロベニアに拠点を置く仮想通貨マイニングのためのハッシュパワー(演算力)を取引するサービスを提供する「ナイスハッシュ」は、セキュリティーの侵害によりウォレットからビットコインが盗まれたと発表しました。

幹部によると、被害は時価にして6400万ドル相当にもなるそう。

同社のマーケティング責任者はロイターに対して7日、ハッキングは「洗練された社会工学に基づく高度に専門的な攻撃」だったと説明しています。

残念ながら、ナイスハッシュのサイトを対象にしたセキュリティ侵害が発生しました。現在事件の調査を進めていますが、今後24時間営業を停止致します。決済システムが侵害され、ナイスキャッシュのビットコインウォレットの中身が奪われてしまった状態です。正確にどれくらいのビットコインが盗まれたか検証を進めております。

このように現在、独自の調査に加え、関連当局と法執行部門への通報をし、緊急の事態として全面協力している。と述べていますが詳細については触れていません。

ナイスハッシュは利用者に対し、オンラインのパスワード変更を呼び掛けています。

同社は、厳密にはマイニングプールではなく、マイニング機器を持つユーザーが、ハッシュパワーを求めるユーザーにへのハッシュパワーの売却できるよう仲介するサイトを運営しています。

セラーにとっては採掘利益率の高い仮想通貨を探しあてることなく利益を得ることができるので重宝されています。また、バイヤーは高価なマイニング機器を買うことなく短期間でマイニングを行う時に使用されていました。

現在コミュニティはパニック状態で、このナイスハッシュからハッシュレートを購入してマイニングしていたユーザーはマイニングが出来ない状態が続いています。

 
盗難補償あり、初心者にも見やすいアプリ画面。
仮想通貨を買うなら、OLさんや初心者にも人気の
コインチェックがおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
 

ピックアップ記事

  1. リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?
  2. アルトコイン(オルトコイン)ってなに?
  3. オーストラリア大手電力会社、ブロックチェーン電力売買の実証に着手
  4. イーサリアム–ハードフォークが無事に成功
  5. キャンペーンのプレゼントにまでビットコインが採用される時代

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ECBドラギ総裁「欧銀行はビットコインを保有する可能性もある」

    欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁は、「ヨーロッパの銀行がビッ…

  2. ビットコイン(BTC)

    CMEは12月11日にビットコイン先物取引開始か

    CMEグループが予定している今後のビットコイン先物取引の新たな詳細が掲…

  3. ビットコイン(BTC)

    Wirexカード個人認証して限度額を上げよう

    カードが手元に届いたら個人認証の申請を「Wirexデビ…

  4. ビットコイン(BTC)

    早稲田大学の教授が語るビットコイン

    早稲田大学教授、岩村充さんが「ビットコインの未来」について以下のように…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインキャッシュ、イーサリアムなど仮想通貨市場20%下落の価格調整

    ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムの価格が、仮想通貨市…

  6. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨は今が買い時なのか!?

    昨日は仮想通貨時価総額ランキングトップ100が、ほぼ真っ赤になってしま…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    Decentralized化する世界
  2. アルトコイン

    8月1日のBitcoin Cashフォークを前に中期的相場
  3. アルトコイン

    投資家を甘く誘惑する3つの仮想通貨について見てみよう
  4. 仮想通貨、経済ニュース

    露プーチン大統領「ブロックチェーン、遅れを取るわけには行かない。」
  5. フィンテック

    増加をたどるクラウドファンディング
PAGE TOP