アルトコイン

SBIホールディングス、台湾のコールドウォレット事業に40%出資

大手金融サービスのSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX Ltd.(クールビットエックス)に出資したことを発表しました。

SBIの仮想通貨とブロックチェーンの両方向へ関心は高まりを見せており、今回の非公開の投資では40%を出資比率としており、CoolBitX社のほぼ半分のオーナーシップを得たことになります。
 
CoolBitX社は台湾で仮想通貨を保管・管理するためのコールドウォレットの開発および販売を行っています。(コールドウォレットとは、インターネットとは切り離して保管するウォレットのことを指します。)

主な製品として「CoolWallet」を製造しており、 これはBluetooth経由でデバイスと通信できるクレジットカードに似たハードウェアウォレットです。

SBIグループは、国内初の銀行主体の仮想通貨取引所の開設、マイニング事業、独自仮想通貨の発行計画など、仮想通貨業界での幅広い事業展開に向けて準備しています。今回のCoolBitX社との資本提携により、一層のセキュリティ高度化を目指すのがねらいだと思われます。

同グループは現在、リップルの技術を生かした大規模な試みを、ほとんどが日本を拠点としている約60の銀行を含む大手ベンチャーに先駆けて行っています。

リップルに関しては、韓国のウリ銀行(Woori Bank)は、今年末までにリップルベースの送金を商業化する予定であると発表しました。一方で、同社は2月27日にセキュリティを強化する必要性を挙げて、独自の仮想通貨発行の開始を延期しています。

 

出典:https://cointelegraph.com/news/japans-finance-giant-sbi-buys-40-of-taiwanese-crypto-hardware-wallet-company
Japan’s Finance Giant SBI Buys 40% Of Taiwanese Crypto Hardware Wallet Company

 
リップル(XRP)はビットフライヤーでも購入できます。  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ピックアップ記事

  1. 三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始
  2. イーサリアム レート動向
  3. 中国三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 でも価格は安定?
  4. スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始
  5. 2016年ビットコインを振り返る

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格がチューリップバブルとは異なる5つの理由 – Nasdaq.com

    「ビットコインはバブルではない。」として、ナスダック(Nasdaq)は…

  2. 仮想通貨、経済ニュース

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破

    仮想通貨はこれまでにないボリュームとスピードでブームを巻き起こしており…

  3. アルトコイン

    ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生

    10月24日にビットコインから分裂したことで誕生したビットコインゴール…

  4. アルトコイン

    イーサリアム4度目のハードフォークを告知

    以前より予定されていた、イーサリアムの4度目のハードフォークが、海外コ…

  5. アルトコイン

    ハッカーに盗まれたETCの移動が可能に!

    DAOのハッキング問題の際に、イーサリアムが盗まれ、その後イーサリアム…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン:9月4日の相場
  2. ブロックチェーン

    Facebookのザッカーバーグ氏、今年は仮想通貨について深く研究する
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月22日の相場
  4. ビットコイン(BTC)

    フィジカルビットコイン
  5. ビットコイン(BTC)

    スナップチャットの初期投資家 – ビットコインは2030年までに50…
PAGE TOP