アルトコイン

ヴィタリック氏、イーサリアムの発行上限を設けることを提案

4月1日、お馴染みイーサリアムの創設者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が、イーサリアムの発行上限数を設けることを提案、声明を開発コミュニティGitHubに投稿しました。

この提案でヴィタリック氏は最新の考えを発表し、最大発行数を120,204,432(ETH)または、2014年にソフトウェアの変更を迎えるにあたり売り出した数量の2倍を上限とすることを勧めるとしています。

この発表には、驚きのあまり4月1日のエイプリルフールのジョークではないかと捕らえる人もいるようです。

「イーサリアムの発行上限数を設ける新たな*EIPが発表。」

「これがジョークではないことを祈るね。素晴らしいニュースになるだろう。」

*EIP(Ethereum Improvment Proposals; 改善提案)

ビットコインはプロトコルルールに従い、最初から2100万枚以上を発行することは出来ません。発行上限数が初めから決められているのです。

一方、イーサリアムは当初の発行条件によれば、毎年1800万ETHまで発行可としていましたが(全体の発行上限数は無い)プロトコルデザインによるマイルストーンの変更に伴い、その条件は変更されると長く言われ続けていました。

可能な限り多様な状況下でプラットフォームの経済的な持続可能性を確実なものとするために、またマイナーらに新しいコインを発行することは、もはや平等なコイン配当やその他の重要な政策を促進する有効な方法ではないとして、私はETH(イーサリアム)の総数に上限を設けることに同意することを提案する。
In order to ensure the economic sustainability of the platform under the widest possible variety of circumstances, and in light of the fact that issuing new coins to proof of work miners is no longer an effective way of promoting an egalitarian coin distribution or any other significant policy goal, I propose that we agree on a hard cap for the total quantity of ETH.

イーサリアムが既に発行された数量は約9900万ETH、今回の提案の1億2000万ETHといえば、近くまで来ていると考えてしまいますが、今はただの「提案」に過ぎません。

ヴィタリック氏は、この投稿の中で、最大発行数についてこのようにも触れています。

もしなんらかの理由でこのEIPが採用されて、上限を1億2,000万に設定することが遅すぎる場合には、上限発行数を引き上げて設定することもできる。私は144,052,828ETHを推奨するか、ジェネシスブロックの際にプレマインとセールスの両方で発行された総量のちょうど2倍を推奨します。
If for some reason this EIP is adopted at a point where it is too late to set a max cap at 120 million, it is also possible to set a higher max cap. I would recommend 144,052,828 ETH, or exactly 2x the total amount released in the genesis block including both the sale and premines.

ヴィタリック氏がたとえ声明を出しても、イーサリアム開発者とユーザーは、変更を受け入れ、提案を実行するだけの正式なコードをソフトウェアに組み込む必要があります。これには、数ヶ月または数年かかるプロセスの始まりかもしれません。

この声明が発表された後、イーサリアムの価格にはまだその反響が現れていませんが、実際に発行上限数が設定されると決定した場合には、市場も反応せずにはいられないビッグニュースとなるでしょう。

そんな24歳の若き天才ヴィタリック氏は、昨日どうやら日本で「DOGEコイン」のモデルとなった、犬のかぼすちゃんとお花見さんぽしていたようです(彼はいつもの斬新なデザインのTシャツを着ていますね!)

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所です☆彡
登録無料。イーサリアムも購入できます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ピックアップ記事

  1. 富士市、ブロックチェーンで商店街を活性化。
  2. PC、ネットに続く第3のIT革命「ブロックチェーン」とは何か
  3. アルトコイン(オルトコイン)ってなに?
  4. 山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い
  5. 中国人民銀行、「法定数字貨幣(仮想通貨)」導入に向け本気?

関連記事

  1. アルトコイン

    香港の商社 イーサリアムのOTC取引を開始

    香港に本拠地を置く、国際商品およびデジタル資産を取り扱う民間の企業が、…

  2. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー

    アンチウイルスソフトでおなじみのジョン・マカフィー(John McAf…

  3. アルトコイン

    NEM財団曰く「ハッカーが盗んだコインを移動させている」

    NEM財団副社長のジェフ・マクドナルド副社長は、ロイター通信に対し、今…

  4. アルトコイン

    盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダーの元へ返還開始

    本日8月31日10時頃から、盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダー…

  5. アルトコイン

    イーサリアムクラシックがスランプから脱却か

    イーサリアムクラシックが強い動きを見せています。昨日11月7日…

  6. アルトコイン

    大手中国取引所BTCC – イーサリアムよりイーサリアムクラシックを支持する

    BTCCは中国の大手ビットコイン取引所で、つい最近、ビットコインと米ド…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨市況

    ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック:7月24日の相場
  2. ビットコイン(BTC)

    世界初の「ビットコイン上場投資信託」米SECで間もなく承認
  3. ブロックチェーン

    中国人民銀 銀行引受手形の「ブロックチェーン化」に成功
  4. アルトコイン

    韓国最大の取引所がライトコインに対応、価格は30ドルに
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの普及に拍車が掛かる!?
PAGE TOP