ブロックチェーン

トップクラスのビジネス校は暗号通貨コースを開設

あるトップランクのビジネススクールはビットコインへの高まる関心に乗じて「クリプトカレンシー(暗号通貨)とブロックチェーンコース」を新たに開設しました。

企業やベンチャーキャピタルを中心とする企業リクルーターからの需要の高まりにより、より多くの仮想通貨関連のMBAクラスを開設する動きが広まっています。

ペンシルベニア大学のウォートンスクール(Wharton School)の教授であるKevin Werbach教授は、「ブロックチェーン、クリプトカレンシー、分散型レジャーテクノロジー」と呼ばれる2018年秋の講義を教えることになっています。

ウォートンスクール;
数々の著名人を輩出。世界的に最も高い評価を受けるビジネススクールの一つであり、ファイナンスを中心に、マーケティングやマネージメント分野においても実用性の高いプログラムを提供している。

Werbach氏はCNBCに次のように語っています。

近い将来、ビジネスには本当の現象が起こるだろう。そして5年後には、同様のクラスを提供しない大手ビジネススクールはそう多くはないでしょう。

また、スタンフォードビジネススクール(Stanford Business School)でも、2018年5月に「クリプトカレンシー」というクラスを開設しています。スタンフォードでMBAを習う2年生のItamar Orrさんは、拡大されたコースの提供に対して、学生の即戦力になると賞賛しました。

「私たちの多くは、仕事場でブロックチェーンについて議論する必要があると考えます。そのような分野について教えるのは理にかなっていると思うし、これは引き出しにある、更なる有力な武器になり、私たちに競争優位性をもたらすと思います。」とItamar Orrさんは話しました。

Pitchbookによれば、ブロックチェーン関連のベンチャーキャピタルへの投資は2017年に9億1,100万ドルとなり、2016年から88%増加しました。 ベンチャー企業のリクルーターの多くは、仮想通貨テクノロジーと傾向についてよく知っている候補者を積極的に探しています。
 

ビットコイン価格の上昇が更なる関心を呼ぶ

Rippleの理事であり、スタンフォードビジネススクールの教授であるSusan Athey氏は、仮想通貨クラスへの急激な関心の高まりは、2017年にビットコインの急騰した価格によって大きく支えられていると語りました。

「価格の変動には誰もが夢中になっています。なぜそれが起こったのか?多くの人々がにわか景気とその交代を経験しています。それはもちろんエキサイティングで、多くの関心を集め、何が起こっているのかを人々に理解させる動機となるのです。」

ジョージタウンのビジネススクールの執行取締役であり、元ナスダック幹部のジョン・ジェイコブス(John Jacobs)氏は、ウォールストリートのリクルーターも、仮想通貨に精通した求職者を求めていると語っています。

彼は、「常にブロックチェーン技術を適用する方法を理解する人が必要」としており、そういった人材を募集している人達から電話が絶えないとしています。

世界レベルのプログラムは、この分野の学生に競争力を持たせる準備が必要です。この現象はどこにでも現れてくるだろう。

ジェイコブス氏は、億万長者のマークキューバンのようなビットコインをショート(売り圧力を掛ける側)している人は仮想通貨は役立たずだと思っているが、トップMBAプログラムは、市場での需要の高まりを受けて、学生の為に準備するべきだとしています。
 

出典:https://www.ccn.com/top-business-schools-add-bitcoin-classes-expand-cryptocurrency-mba-course-offerings/
Top Business Schools Add Bitcoin Classes, Expand Cryptocurrency MBA Course Offerings

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所です☆彡
登録無料。サポート、サーバーの安定性などまずまずでバランス良し。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ピックアップ記事

  1. スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
  2. 「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす
  3. 三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  4. 中国人民銀行、「法定数字貨幣(仮想通貨)」導入に向け本気?
  5. ICOってなに?

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ハードフォークが再び行われる模様…

    これはデジャヴなんだろうか?イーサリアムの創始者、Vitali…

  2. ブロックチェーン

    山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い

    「ごうぎん」の愛称で親しまれる山陰合同銀行は10日、仮想通貨の基盤技術…

  3. フィンテック

    ソラミツ、楽天証券ブロックチェーン技術で共同開発開始

    ソラミツ、楽天証券は8月23日、ブロックチェーン技術を利用した本人確認…

  4. ブロックチェーン

    ETH vs ETC

    ハードフォーク後、一時は1500円を突破し、再び勢いを取り戻したように…

  5. アルトコイン

    カナダのテクノロジーラボ–イーサリアム用身分確認システム開発中

    国際大手情報企業、トムソン・ロイターがカナダのトロント金融タワー内にテ…

  6. ブロックチェーン

    オーストラリア大手電力会社、ブロックチェーン電力売買の実証に着手

    オーストラリアの大手電力会社、ヴィーン・エナジーとカナダのブロックチェ…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. ブロックチェーン

    富士市、ブロックチェーンで商店街を活性化。
  2. ビットコイン(BTC)

    Blockstream社 ビットコイン衛星の壮大な計画を発表
  3. ビットコイン(BTC)

    ETHとETCのメリットについてLet’s Talk Bitcoinで議論される…
  4. ビットコイン(BTC)

    Wirexカード個人認証して限度額を上げよう
  5. ビットコイン(BTC)

    ノーベル経済学賞 米主流派がまた受賞か 中にはビットコイン考案者推す声も!?
PAGE TOP