ビットコイン(BTC)

ビットコイン7500ドル目指して市場全体がやや上向きに。マカフィー氏の価格予測、ビットコインが2倍に?

5月の後半は引き続き下げトレンド傾向ですが、本日の仮想通貨市場の価格変動は、全体的に反発して上向きです。

ビットコインは7000ドルよりやや上の付近でもみ合ったあと、7400ドルを一気に超える大きな上昇を見せました。今なお上値を追う動きを見せています。

もし、この状況が続くようであれば、これは昨年のこの時期に見られたのと同様に、夏の活況な相場につながる可能性があります。

ビットコインは4月の6600ドルの最安値から、9600ドルの直近最高値まで50%の成長を見せました。これは売り手市場のサイクルが終わったことを強く示していましたが、5月にはこの間の上昇分を調整するかのうように、再度下落が続いています。

しかし本日のビットコイン価格は、5月の第1週目以来となる5%以上の上昇を見せています。

さらに注目すべきはBTCだけではなくアルトコインのパフォーマンスです。CoinMarketCapに掲載された上位100コインのうち現在95のコインが、過去24時間以内にすべてプラスとなっています。中には2桁以上の上昇を見せているものも少なくありません。アルトコイン全体の時価総額は2000億ドルを超えて10%近く増加しています。

残念ながら今日のパフォーマンスだけでは、5月の下落は相殺されません。

仮想通貨全体の時価総額は、5月初めの高値から30%下落しました。下落前までの状態に達するためには、今日のようなパフォーマンスを持続した良い流れのまま、6月に入ることがベストでしょう。幸いにも、仮想通貨市場を取り巻く感情は上向きとなってきているようです。
 

ジョン・マカフィー氏の予想

私の短期価格予想:ほぼ全てが下げる大きな下落の中、Docademic(MTC)は私の予測以来2倍の価格となった。
 
市場は6月12日までに反発するだろう。私の予想は当たるだろう。私のアルゴリズムが6月12日はトランプの日であると予測する。間違えたことは無い。

アンチウイルスソフト起業家で知られるジョン・マカフィー(John McAfee)氏は、24日のツイートで、6月末までにビットコインが15,000ドルになるとの予測をしました。ビットコイン価格2倍予想には驚きますが、マカフィー氏はアルトコインの価格予想をさらに高く予測しています。

多くの仮想通貨コミュニティは大学生を含むため、学生が休みに入る際には取引量が増加する可能性があります。そのうえ6月初旬に、価格と取引量の持続的な増加が共存した場合には、2017年同様に活況な夏の相場となる可能性はあります。
 

マカフィー氏予想全文

下記にマカフィー氏がSNSに上げた短期予想の翻訳を載せます。

これらの予想には確たる裏づけが無く、マカフィー氏は、時価総額の小さなアルトコインの有料宣伝をする「マカフィー砲」で知られていますので、そのまま鵜呑みして投資するのはリスクが高いです。

これらの予想が本当にあたるのかSNSフォロワー達は注目しています。

短期間予想は無意味であり、単に短期投資家を奨励することになるだけだ。しかし今回は特別だ。これで私を推し量ることができるかもしれない:
 
韓国について:
韓国との契約は完了し、トランプは6月12日にシンガポールで文書にサインするだろう(この日付はこれまでに公表されていません)。様々なノイズはただの国内利益の為のプロバガンダにすぎない。
 
米国/日本について:
シンガポール会談の後、トランプは日本に行き、金に裏付けされた米ドルに関する話が始まるだろう。
 
仮想通貨:
ビットコインは6月に$15,000を上回る。そして7月には下落。
GNT(ゴーレム)は7月末までに5ドルを上回る。
Docademicは7月中旬に$ 0.73に到達。
Bezopは7月中旬に$ 0.52に到達。
Bitcoin Privateは7月末までに200ドルを上回る。
EOSは7月末までに32ドルに到達。

※ブログに掲載している記事はあくまでも個人の主観であり必ずしもそうなるわけではございません。投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインに投資を始める3つの方法(ウィンクルボス兄弟も登場)

    ちょっと前までは認知されていなかった仮想通貨。中でもビットコインは時価…

  2. ビットコイン(BTC)

    iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

    ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、A…

  3. ビットコイン(BTC)

    韓国大統領府「今のところ韓国の仮想通貨取引は禁止しない」

    韓国のブルーハウス(アメリカでいうところのホワイトハウス)は11日、今…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが持つ将来性を考えると少額の投資を試してみる好機!?

    経済評論家、加谷珪一さんが語る、「2017年は、大規模投資と減税の「ト…

  5. ビットコイン(BTC)

    タイでビットコイン利用が増える可能性のある4つの理由

    世界中の銀行と同じように、タイの銀行は、流行に後れないようテクノロジー…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ

    国内初東京の電力小売り会社(東京電力ではない)が電気料金の支払いにビッ…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

  1. ブロックチェーン

    フリマアプリのメルカリが仮想通貨ビジネスに参入
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン購入時の消費税を非課税に、金融庁が求める
  3. ブロックチェーン

    Facebookのザッカーバーグ氏、今年は仮想通貨について深く研究する
  4. 仮想通貨、経済ニュース

    コインベースの評価額は16億ドルから80億ドルへ
  5. フィンテック

    中国アプリ「WeChat」はユーザー情報を中国当局へ送信している
PAGE TOP