アルトコイン

リップルCEO「ビットコインは中国人によって支配されており、世界通貨となると考えるのは馬鹿げている。」

リップルCEOがビットコインを非難


昨日ボストンで開催されたカンファレンス(2018 Stifel Cross Sector Insight Conference)にて、時価総額3位に位置しているリップル(XRP)について、多くの情報が発信されることが期待されていました。

結果的には、リップルのCEOであるブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏がアナリストとのインタビューを行なっただけでした。

リップルはもちろんホットな話題ですが、ガーリングハウス氏はまた、キングに君臨する分散型の競合、ビットコインコア(BTC)を非難する機会を得ました。

多くの著名人がビットコインが主要通貨となる世界を想像している。スティーヴ・ウォズニアック氏(Steve Wozniak)でさえ、そうなると思っていると言った。しかし私はそれは馬鹿げていると思う。私はどんな主要経済もそれを許すとは思わない。いずれにしてもそれは起こらない。

ガーリングハウス氏はこのように述べました。

確かに、アップルのウォズニアック氏もツイッターとスクエアのCEOであるジャック・ドーシー氏も、今後10年のうちにそのようになると予想しています。

ガーリングハウス氏(47歳)は、2015年以降現在のポジションについています。

彼の専門的な背景は、ほとんど全ての技術に精通しており、Yahoo!にAOL、Silver Lake Partnersのようなところでは投資分野を担当、そしてVentures、Home Network、SBC Communicationsなどでの彼の全ての経験がリップルで生かされています。

彼のビットコインへの見解は特に今月に入って多く見られており、XRPの持つ側面を、会社自体からも切り離そうとしているのが見受けられます。
 

ビットコインは中国人がコントロールしている

ボストンでのインタビューの中で、ガーリングハウス氏は、キングであるビットコインのレッジャーテクノロジーでさえ、引き合いに出して主張しました。

ブロックチェーンについて、おかしな噂や主張は色々ありますが市場で勝ち得るためには3つの指標がある[…]
ブロックチェーンが銀行を脅かすこともない[…]システムの仕組みにおいて重要な役割を果たす[…]私たちはそうだと思っていたビットコインは万能薬ではない。

そしてガーリングハウス氏はXRPとBTCを比較しました。

これは将来どのように流動性が管理されるかということです。 ビットコインは取引を完了するのに45分かかる。銀行は効率的で安価なものを使用します。そしてより良い製品をより良い価格で提供するとなれば[…]彼らはそれを使用するでしょう。(

このように銀行がBTCとXRP、どちらを採用するかお分かりでしょう?といった具合です。また、BTCが中国によってどのようにコントロールされているかを語りました。

報じられていないが、この話を教えましょう。注意して聞く価値がありますよ。ビットコインは本当に中国によってコントロールされています。ビットコインの50%を支配する4人のマイナー(採掘者)がいます。

中国が介入していないなんてなぜ分かるのですか?どの国が中国に支配された通貨を使いたい?だからそれ(ビットコインが世界通貨となること)は起こらないのです。

最後に彼は自信に満ちながら、このように述べています。

「私はビットコインを所有しているし、多くの人がデジタルゴールドだと考えている。私は認めているし仮想通貨の長期投資家です。あなたが失っても良いと思える資金だけを投資することをお勧めします。それがどのように成長するかを知るには時期尚早です。私はこれはかなり良い投資戦略だと思う。

私はデジタル資産市場については考えていません。 私は顧客が得ることの出来る経験について考えています。

何百万人もの人が銀行口座を持っていません。私が変革を考えるなら、それは何百万人もの人が銀行に参加できる方法を根本的に変えていきます。

私たちは根本的にこの仕組みを変えて、人口全体をシステムの一歩とすることができます。」
 
 
ビットフライヤーは金融庁認可済みの仮想通貨取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 
出典:https://news.bitcoin.com/ripple-ceo-bitcoin-controlled-by-chinese-absurd-to-think-it-could-be-primary-world-currency/
Ripple CEO: Bitcoin Controlled by Chinese, Absurd to Think it Could be Primary World Currency

関連記事

  1. アルトコイン

    DAOの恐怖再び?Parityのイーサリアムウォレットのバグで巨額の資産が凍結

    かなり深刻な問題がイーサリアムに起きており、イーサリアムコミュニティ界…

  2. アルトコイン

    コインチェック再開の目処を発表、ネムは88円で返還

    8日16時より、コインチェックが緊急記者会見を行ないました。記者会見は…

  3. アルトコイン

    Bithumb上場でZcashをインサイダー取引の疑い

    CryptoKoreanをはじめとする様々な信頼できる情報筋によると、…

  4. アルトコイン

    カナダのテクノロジーラボ–イーサリアム用身分確認システム開発中

    国際大手情報企業、トムソン・ロイターがカナダのトロント金融タワー内にテ…

  5. アルトコイン

    Apple PayにRippleの技術を採用!?

    ソリューションと製品が商業市場に大きく影響する世界最大企業の一つ、アッ…

  6. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の驚くべき設備

    中国の北に位置する内モンゴル自治区のオルドス郊外にある、SanShan…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュ…
  2. ビットコイン(BTC)

    日本のハイパーインフレがビットコインの価格上昇につながる!?
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインのような仮想通貨を題材にした海外ドラマがスタート
  4. ビットコイン(BTC)

    中国三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 でも価格は安定?
  5. ビットコイン(BTC)

    Zaifの説明と、21億BTCを0円で購入者との説明に食い違い
PAGE TOP