仮想通貨、経済ニュース

ビットフライヤー、業務改善命令を受け新規アカウント作成一時停止

金融庁は22日、大手BitFlyer(ビットフライヤー)など、仮想通貨交換業者6社に対して業務改善命令を出したと正式発表しました。

すべて改正資金決済法に基づく登録業者で、立ち入り検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)などへの対策に不備があったためとしています。

仮想通貨市場が拡大するスピードに対応できず、内部の管理体制が不十分だと指摘を受けました。

業務改善命令の対象となったのは、ビットフライヤーとQUOINEのほか、ビットバンク、ビットポイントジャパン、BTC BOX、テックビューロの計6社です。

テックビューロは今年3月に続き、2度目の処分となります。顧客資産の保護体制など、金融庁の審査をクリアした登録業者は現在16社あります。そのうちの約4割が処分対象となりました。

1月にコインチェックで約580億円の仮想通貨「NEM」が不正流出する事件が発生したのを受け、金融庁は登録申請中の「みなし業者」への立ち入り検査を実施し、その結果全15社が行政処分を受けたり、撤退を発表していました。

あわせて登録業者についても立ち入り検査を進めたところ、資金洗浄といった犯罪の疑いがある取引の確認体制が不十分だと指摘を受けました。

これを受け、ビットフライヤーは新規顧客のアカウント作成を一時的に停止中です。

当社は、既存のお客様への本人確認状況の再点検が完了し、かつ、内部管理体制強化が整うまでの間、新規のお客様によるアカウント作成を自主的に一時停止させていただきます。

なお、既存顧客による入出金や仮想通貨の売買は、現在のところは従来どおり「継続」するとしています。今後は再度既存顧客に対して必要であれば本人確認を行い、管理体制が改善され次第、新規アカウントの受け入れをホームページなどでアナウンスするとしています。
 
 

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    Decentralized化する世界

    米大統領選でヒラリー・クリントンを倒してドナルド・トランプが選ばれた時…

  2. 仮想通貨、経済ニュース

    中国の三大取引所が明日から取引手数料0.2%徴収へ

    中国の三大ビットコイン取引所、BTCC、OK Coin、Huobiが明…

  3. ビットコイン(BTC)

    北朝鮮、韓国のビットコイン取引所Youbitをハッキングした疑い

    今週初めに、韓国の仮想通貨取引所であるYoubit(ユービット)はユー…

  4. 仮想通貨、経済ニュース

    ロシア、ユーザーの12%は仮想通貨が主な収入源

    最近の調査によると、ロシア人の仮想通貨ユーザーのうち、12%が仮想通貨…

  5. 仮想通貨、経済ニュース

    韓国の財務次官「仮想通貨はフィアット通貨の脅威となる可能性がある」

    韓国の戦略金融財務次官であるキム・ヨンジン(Kim Yong-jin)…

  6. 仮想通貨、経済ニュース

    欧州中央銀行、仮想通貨の勢い止めたい

    欧州中央銀行(ECB)は18日、ビットコインなど仮想通貨(暗号通貨)に…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. フィンテック

    三菱東京UFJ銀行と日立製作所電子小切手の決済システム2018年実用化する計画
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで決済出来るお店がじわじわ増えてきている!
  3. フィンテック

    世界初、車内からガソリン代決済。Honda、Visa共同開発。
  4. アルトコイン

    NEM財団曰く「ハッカーが盗んだコインを移動させている」
  5. 仮想通貨、経済ニュース

    JPモルガンチェース、仮想通貨とブロックチェーン技術が銀行をおびやかす可能性を認…
PAGE TOP