ビットコイン(BTC)

ビットコイン指標「スーパーグッピー」が2018年以来はじめて強気に反転

■「スーパーグッピー」と言われるビットコインの価格指標が2018年1月以来初めて強気シグナルを発した。

■月足チャートの長期線26EMAが下からクロスし、5,200ドルを超える動きガビットコインが公式に強気の上昇に転じたことを示した。

■月足チャートのRSIは50を超えて上昇し、長期的には強気を支持している。

■この強気相場を維持するためには価格を26EMAの上(現在で5,046ドル)、加えて直近の下落は5,133ドルまでを保つことが必要だと見られている。

指標に強気のサインが現れた

いくつかのビットコイン価格指標がチャート上でプラスに転じており、ビットコインのブロック報酬が2020年の半減期に近づくにつれて、強気な勢いが高まっていることを示唆している。

スーパーグッピーとは:
グッピー多重移動平均(GMMA)といって、異なる期間を持つ移動平均(MA)の2つのグループ(短期・長期の6本づつ)を組み合わせることによって価格のトレンドの変化、ブレイクアウト、および取引機会を識別する技術的な指標がある。これを改良した指標が「スーパーグッピー」である。この用語は、その開発者でオーストラリアのトレーダー、ダーリー・グッピー(Daryl Guppy)氏に由来する。

1つは「スーパーグッピー」と言われる指標。価格動向が弱気から強気へ、そして反転する際にシグナルを出す設計がなされた指数移動平均の組み合わせが、2018年1月14日以来初めて日足チャート上で「緑色」に反転した。

さらに、2018年11月以来、デッドクロスしていた月足チャートの26MAの移動平均線(EMA)が、再びゴールデンクロス、ビットコイン(BTC)の価格が5,000ドル、その後5,200ドルに急上昇し、キーとなるEMAを超えて強気に転じた。

2018年12月、今から4ヶ月前に見た最安値の3,194ドルから、ゆっくりと売り方にジワジワと圧力をかけ、価格を引き上げることが出来た買い方にとって、これらの推移は歓迎すべき展開だ。

執筆時点でのビットコイン価格は5,253ドルとなっている。

前述したようにビットコインのスーパーグッピー日足チャートは、1年以上も続いた赤色から緑色へ反転した。この変化は、強気相場が堅調に市場の支配権を取り戻したことを示す兆候であり、価格が心理的水準である「5,000ドルを下回らない限り」そうあり続けるだろう。

過去にも同じサインがあった

2018年11月のほかに、ビットコインは26EMAを下回ったのは2014年12月にさかのぼる。価格が最終的に上へ戻る前に、ほぼ1年間そのラインを下回っていたように、これは新しい強気相場の印となった動きである。

月足チャートでのトレンドの変化を裏付けるのは、RSIの中立ラインである50を超える、弱気相場からの移行であり、2017年後半の市場ピーク以来の下落の後、強い勢いが戻ってきたことを示している。

価格がこれら2つの重要な指標を維持することができれば、それは完全な市場の信頼回復を意味し、潜在的により多くの投資家を引き込む大きなチャンスとなる。

長期トレーダーは次の足で成長(強気な出来高)の着実な増加を確認したいはずなので、相対的な出来高が今後数週間で重要になってくるだろう。

 

出典:https://www.coindesk.com/bitcoins-super-guppy-price-indicator-flips-bullish-in-first-since-early-2018
Bitcoin’s ‘Super Guppy’ Price Indicator Flips Bullish in First Since 2018

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが1万ドルに、もしくは100万ドルにも上昇する可能性

    中国最大の有名マイナーの1人Changler Guo氏が、ビットコイン…

  2. ビットコイン(BTC)

    トム・リー「ビットコイン、現在の適正価格は14,000ドル」

    《 目次 》■古い「クジラ」が帰ってきた■ビットコイン、現在の…

  3. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を示唆

    昨日11月12日は日曜日でしたが、ゆっくりと過ごせずにモニターにかじり…

  4. ビットコイン(BTC)

    三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始

    三井住友海上保険が、ビットコイン取引所のbitFlyerと共同で取引所…

  5. アルトコイン

    ブライアン・ケリー氏「ETF延期を理由にビットコインを売却するのは間違い」

    CNBCの番組ファスト・マネーのコメンテーターであり、BKCMのCEO…

  6. ビットコイン(BTC)

    トム・リー「2019年ビットコインの強気相場が来る」

    ビットコイン強気派のTom Lee(トム・リー)氏は昨年12月、ビット…

過去記事

新着記事

PAGE TOP