仮想通貨全般/経済

個人投資家がパニックに陥っている間に機関投資家はビットコインを溜め込んでいるのか?

直近1ヶ月、ビットコイン価格が35%も下落し、仮想通貨市場は2018年で最も悪い急落を経験した。

Kobre&Kimの政府執行弁護士および証券訴訟弁護士のJake Chervinsky(ジェイク・シャビンスキー)氏は個人投資家が仮想通貨取引所で売却を行なっている間、機関投資家が買い集めていると示唆し、下記のように記している。

4000以下でビットコインを取引している投資家たち:

個人:「私は売却して買い戻すべきなのか?ショートポジションを取るべきか?もうあきらめるべきか?0になるのか?暗号関連は結局全て詐欺だったのか?」

機関投資家:「どうぞ我々にビットコインを安く譲ってください。ありがとう。」

 

機関は本当に買っているのか?

シャビンスキー氏の声明は、デジタル資産の勢いが弱まっていることを受け、主に機関投資家が市場に関与しているのかどうか疑問を持つ懐疑派によって、仮想通貨コミュニティ内で一連の議論へと繋がった。

直近1ヶ月間に機関投資家がビットコインを蓄えていた場合、BTCの価格は35%以上下落するのではなく、むしろ上昇するはずだという意見があがった。

しかしシャビンスキー氏は「プロフェッショナルなトレーダーや機関投資家は新しい資産の蓄えに対して非常に慎重であり、その専門家である。資産や通貨の短期的な価格動向に最小限の影響を与えるような方法で投資することが多い。」と説明。

そして「ビットコインのような投機的資産については、機関は裸のロングポジションを取っていない。」と付け加えた。彼らはスポット取引を行なうとき、他の市場でリスクを減らすために同時にヘッジする、”希望”は何の役にも立たない。と機関投資家のあくまでも機械的・規則的である投資方法を述べた。

機関投資家は、店頭(OTC)市場を通じて投機的資産に投資する傾向がある。ビットコインの場合、流動性が不足しているためにコインベース・カストディやフィデリティ・デジタル・アセッツなどの信頼できる保管会社に頼らざるを得ない。

しかしOTC市場運営者および保管ソリューション提供者は、取引量を共有する義務がないため、OTC取引所のデータはほとんど公表されていない。従ってOTC取引所が提供する情報が不足しているため、機関がBTCを大量に蓄積しているという主張を裏付けることは困難である。

シャビンスキー氏が述べたように、機関投資家が資産クラスに投資していると考えられる手がかりがある。仮想通貨ファンドのグレイスケール・インベストメントが高い流入を報告していること、エール(Yale)のような大学寄金が投資を行なっていることは伝統的な金融セクターからのビットコインへの需要の高まりを示すことができる。

不確実である

機関が単に仮想通貨に関心を持っているのか、ビットコインを積極的に長期投資として蓄えているのかどうか、実際のところは不明瞭である。

最近、コインベース・カストディ、Bakktやフィデリティ・デジタル・アセッツに対する需要は、仮想通貨に対する機関の要求を満たす数少ない方法の1つであり、最近Bakktについては需要が急速に拡大していると見られている。
 
 
出典:https://www.ccn.com/are-institutional-investors-accumulating-bitcoin-while-retailers-panic/
Are Institutional Investors Accumulating Bitcoin While Retailers Panic?

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    中国格付け「世界パブリックチェーン技術評価インデックス」でイーサリアムが1位に

    中国情報産業発展局(CCID)が初の「世界パブリックチェーン技術評価イ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    (予想通り?)米国証券取引委員会はビットワイズのビットコインETF承認決定を再び延期

    米国証券取引委員会(SEC)は14日、ビットコインの上場投資信託(ET…

  3. アルトコイン

    XEM、COMSAのICOトークンにフィスコなどVC3社が直接投資を発表

    テックビューロ社が、日本発のICOプラットフォームCOMSAを発表した…

  4. 仮想通貨全般/経済

    投資家がアルトコインから撤退の中、ビットコインの優位性が年間最高を更新中

    ビットコイン(BTC)は、2019年前半を通じて上昇を続けてきた。それ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    【マイニングファーム】管理者から見た仮想通貨の世界

    はじめまして。私はマイニングファームを事業を行っている会社で働いている…

  6. ビットコイン(BTC)

    当局の規制はあるも、ロシアでの欧州最大のマイニングファームを計画

    ビットコインに対するロシア政府による今後の規制が予想されるにも関わらず…

過去記事

新着記事

PAGE TOP