仮想通貨全般/経済

G20サミット、仮想通貨を規制をすすめるため連携を宣言

一部の国では、仮想通貨を使用するさまざまな側面を規制するように進めているがが、多くの人々がこの問題に関しては無関心である。

この現状は、世界中のトップ政治家によって行なわれたG20首脳会議(サミット)で明らかになったように、仮想通貨規制の基準を策定するよう政府に圧力がかけられたことで、まもなく進展を見せるかもしれない。

テクノロジーのリスクを軽減

アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたG20首脳会議は日本時間12月2日未明に終了し、各国首脳によって採択された公平で持続可能な開発に関する共同宣言を発表した。

この声明は、経済成長を支援するためには、オープンな金融システムが不可欠であると同時に、国際標準が仮想通貨技術などの新技術を規制することを要求していることが確認された。

「我々は引き続き監視し、必要に応じて、金融システムの新たなリスクや脆弱性に取り組む。継続的な規制と監督の協力を通じて、断片化に取り組む。我々は弾力性のある非銀行金融仲介を達成するための継続的な進展を期待している。」とG20首脳らは宣言した。

「リスクを軽減しながら、金融セクターにおける技術の潜在的な利益を実現するための努力を強化する。我々は、FATF(ファイナンシャル・アクション・タスク・フォース)基準に沿って、マネーロンダリング対策とテロ資金対策のための仮想通貨を規制し、必要に応じてその他の対応を検討する。」と述べた。

日本が議長国を務める2019年中に検討を進め、2020年までに最終報告をまとめる。

ブエノスアイレスへの道

G20は、世界の20大経済国の政府関係者と中央銀行家のための国際フォーラムである。そのメンバーは、世界の経済生産の85%、世界人口の66%、国際貿易の75%を占めている。

2月には、フランスとドイツの高官は、G20諸国の財務大臣の間で、仮想通貨とトークンの規制への影響についての議論を求める手紙を出した。

3月には、仮想通貨の導入について一歩先行く日本が、この問題に関する世界的なルールに関する合意を推進していることも明らかになった。

そして、7月には、G20の経済閣僚と中央銀行家は、仮想通貨が金融安定のリスクを負わないとの立場を表明したが、FATFに対し、その規制が仮想通貨資産にどのように適用されるかを明確にするよう要請した。
 

 
出典:https://news.bitcoin.com/g20-leaders-declare-commitment-to-regulate-crypto-assets/
G20 Leaders Declare Commitment to Regulate Crypto Assets

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのティンクオフ銀行、独自通貨の発行「準備はほぼ整っている」

    ロシアのティンクオフバンク(Tinkoff Bank)は独自の仮想通貨…

  2. アルトコイン

    クリスマスイヴ、ビットコインなど主要コインは10%以上の下落

    12月24日クリスマスイヴ、仮想通貨市場は大幅に下落しました。ビッ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    コインチェックがイーサリアム、リスク、ネムの入金・購入を再開

    12日、仮想通貨取引所コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区)が、…

  4. ビットコイン(BTC)

    海外ファンドもビットコインに投資

    今月に入り順調に価格を上げてきているビットコイン。今現在日本円にして6…

  5. 仮想通貨全般/経済

    韓国の若年層が最も仮想通貨への投資が活発

    今週発表されたアンケート調査によると20代の韓国人の多くが仮想通貨に投…

  6. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのプーチン大統領、仮想通貨について異例のコメント

    ロシアのウラジミール・プーチン氏が、仮想通貨の成長と支払いの正当な方法…

過去記事

新着記事

PAGE TOP