ビットコイン(BTC)

ビットコイン決済、受け入れ企業がケニアで増加

ケニアにある美容サービスを提供する、ヘルスランドスパ(Health Land Spa)はBTCなど仮想通貨を支払い手段として採用し始めた。

東アフリカでは、ウガンダとケニアの少なくとも2軒のレストランが仮想通貨で食糧を売っていることで、仮想通貨採用への期待が高まっている。

安心・安全の通貨

ナイロビに本拠を置くヘルスランドスパの創設者であるTony Mwongera氏はケニヤのニュースサイトBitcoinkeに、収益の損失を埋めるためにBTCに頼ったと語った。

私のビジネスには盗難がとても多かった。だから私は安全で安全な技術を使わない手はないと考えたのです。そしてビットコインを支払い方法として受け入れることにしました。

仮想通貨の導入により、ヘルスランドスパの客はマッサージ、ペディキュア、その他のヘルス&ビューティートリートメントサービスをデジタルウォレットから支払うことが出来る。ダッシュ(Dash)を受け入れている同社は、今後数ヶ月でより多くの仮想通貨を追加する予定だ。

Mwongera氏は、ビットコインを動かすケニアで最初のサービスプロバイダーではない。テレビやホームシアターなど、さまざまな電気機器を販売するケニアの企業であるBoxlight Electronicsは、現在、ビットコインコアとビットコインキャッシュで支払いを受け付けている。

当社は顧客からデジタル通貨での支払い要求が多くありました。顧客の90%が若くてテクノロジーに精通しており、主要オンライン企業として私たちは包括的であり、この種の通貨を好む者のニーズに適応することを選択しました。

Boxlight Electronics社の最高経営責任者(CRO)Robinson Murage氏は、このように述べている。

ビットコインでローストビーフを

ケニアのNyeriの農村部では、Betty Wambugu氏がレストラン事業を経営しており、ローストビーフを仮想通貨で販売している。

ビットコインは私たちがここで受け付けているその他の支払い方法、現金と同じです。世界はよりグローバル化しているので、私のレストランもグローバル化してきています。どのコインでも構いません、世界各地から様々な違ったお客様を引き付けています。使用可能なコインである限り、我々はそれを受け入れます。

と彼女は付け加えた。

意外にもWambugu氏とBTCとの関係は、彼女が仮想通貨支払いを受け入れるよりはるかに早く始まっている。彼女は後に改造することになる2階建ての建物を購入するために、保有していた仮想通貨を使った。

しかし、ビットコイン払いでの受け入れは彼女にとって急速な発達では無いようで、10月でいえば30,000ケニアシリング(約300ドル)分の支払いを20人程度が行なったとしている。Wambugu氏は最近、彼女のレストランでクラスを開いて、仮想通貨への理解を促した。

彼女は当局が技術のスピードアップに踏み切っていないと指摘したが、ケニアの政府はブロックチェーンや人工知能で進歩する方法を調べるためにタスクフォースを立ち上げている。

アフリカでトップのマーケット

ケニア議会が、財務省に対し、ビットコインや他の仮想通貨を規制するかどうかの決定を下してから数ヶ月が経過した。BTCの将来に関する政府の最新の見解は、ケニア政府からまだ公式なアナウンスメントは無い。しかしながら、ナイジェリアと南アフリカに続く世界トップ25にランクイン、アフリカで3番目の仮想通貨マーケットであると評価を受けている。

近隣のウガンダでは、レストランオーナーJennifer Birungi氏もビットコインを受け入れている。ウガンダの首都カンパラにはビットコイン布教活動を行なうRichard M Bagorogo氏のような人もいて、この試みは難しい決定ではなかったようだ。

この国で職を得るのは簡単ではないから、私はビットコインで生計を立てているのです。

Bagorogo氏はこのように語った。

(ビットコイン布教活動を行なうBagorogo氏)

アフリカで徐々に広がるビットコイン決済。銀行口座を持つことが当たり前で比較的安全な生活環境を与えられている日本とは違い、ビットコインを実用的なレベルで採用するスピードは早いかもしれない。

出典:https://news.bitcoin.com/steady-rise-in-small-businesses-accepting-bitcoin-for-payment-in-kenya/
Steady Rise in Small Businesses Accepting Bitcoin Payments in Kenya

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物取引、ナスダック上場が刺激剤に

    ニューヨークの証券取引所に次いで世界第2位の規模である証券取引所ナスダ…

  2. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨は今が買い時なのか!?

    昨日は仮想通貨時価総額ランキングトップ100が、ほぼ真っ赤になってしま…

  3. ビットコイン(BTC)

    トム・リー「2019年ビットコインの強気相場が来る」

    ビットコイン強気派のTom Lee(トム・リー)氏は昨年12月、ビット…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン保有者に朗報。ステラが無料でもらえるかも!?

    6/23に書いたこの記事について、無料配布してもらえる取引所について一…

  5. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の驚くべき設備

    中国の北に位置する内モンゴル自治区のオルドス郊外にある、SanShan…

  6. アルトコイン

    真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。

    最近、ビットコインネットワークの様々な「フォーク」について、特に仮想通…

過去記事

新着記事

PAGE TOP