ビットコイン(BTC)

ビットコイン、フランスのタバコ店で販売開始

フランスの首都パリで少なくとも24のたばこ店がビットコインクーポンの販売を開始した。

「tabac(タバ)」という名称で広く知られている店舗は、昨年末に仮想通貨の販売に関する規制当局の承認を受けた。さらにフランスの登録タバコ店6,500箇所のうち、約4分の1を占める店舗が、2月までにBTCクーポンの提供を開始すると予想されている。

Tabac(タバ)では様々な種類のタバコのほか、本や雑誌、飲み物や菓子類、切手やロトくじなども購入することが出来る。

50、100、250ユーロのBTCクーポン

1月9日に発行されたロイターの報道によると(6店舗のタバに関しては)、フランスの金融技術グループ「Keplerk」はタバでのビットコインの販売をサポートしている。2018年、同社は地元の決済プロバイダと契約を結び、タバのオーナーがBTCクーポンを販売することを許可した。

タバでは、BTCは50ユーロ、100ユーロ、250ユーロの3パターンで購入することができる。ユーロと引き換えに、ユーザは英数字コードおよびQRコードを含むチケットを入手する。その後、購入者はKeplerkのWebサイトにアクセスして、バウチャーをビットコインまたはイーサリアムの仮想通貨に交換する必要がある。

Keplerkは販売された各クーポンに対して7%の手数料を請求し、タバコ屋に1.25%を与えるとしている。

ビットコインをオンラインで購入するには複雑だと思う人もいます。彼らは匿名のリモートウェブサイトよりも、地元のタバコ屋の店主を信頼しています。

Keplerkの共同創設者Adil Zakhar氏はこのように述べた。

認可されたタバコ店のいくつかは、たばこ販売からの収益の減少を補うためにプリペイドクレジットカード、携帯電話のクレジット、送金サービスなどの新しい分野に進出している。

購入するのに良い時期

昨年末、フランスのプルデンシャル監督決議機関(ACPR)は、銀行と保険会社を含む金融取引の監視を担当する国の中央銀行の一部門で、2019年の初めにタバコ専門店連盟にビットコインの販売を正式に承認した。

45歳の男性で、BTCクーポンの最初の購入者の1人になったシリル・アズリア氏は150ユーロをクーポンに費やした後、このように述べている。

「私はビットコインを使ってネットでパソコン関連の部材を買って、残りは寝かせておくよ。買うにはいい時期だ。」

フランスの規制当局は、規制されていない金融商品は非常に不安定であると述べ、仮想通貨への投資に対して国民に注意喚起しているが、Keplerkのタバでのビットコイン販売計画を禁止してはいない。
 

出典:https://news.bitcoin.com/bitcoin-goes-on-sale-in-24-french-tobacco-stores/
Bitcoin Goes on Sale in 24 French Tobacco Stores

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    中国三大取引所の取引停止。Huobi、OKCoinは閉鎖に猶予か

    中国の仮想通貨取引所に対し15日、中国当局がICOトークンおよび仮想通…

  2. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨は今が買い時なのか!?

    昨日は仮想通貨時価総額ランキングトップ100が、ほぼ真っ赤になってしま…

  3. ビットコイン(BTC)

    マイニング大手のカナンが数百億円の資金を調達

    今なお続く弱気市場は仮想通貨のマイナーに大きな打撃を与え、マイニング業…

  4. ビットコイン(BTC)

    米eBay(イーベイ)がビットコイン決済導入を真剣に検討

    米国の巨大eコマースサイト、e-Bay(イーベイ)がビットコインを決済…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格一時6100ドルに急落、その理由とは

    17日正午頃、7,700ドル台を推移していたBTC価格は突如急落し、取…

過去記事

新着記事

PAGE TOP