ビットコインATM、弱気市場にも関わらず米国各地で急速に普及

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

ビットコインATMは急速に増え、米国中に広がり続けている。

シカゴはビットコインATM激戦区

シカゴは、仮想通貨市場のリーダーと人気の様々なアルトコインの両方をサポートするATMが増加している最新の都市の1つ。

アトランタを本拠地とする「Lux Vending」という会社のおかげで、シカゴ中ですでに今年に入って30台の「ビットコイン・デポット」と言う名のATMが設置された。

Luxの設置したマシンを合わせると、シカゴには総数100台近くのビットコインATMがあると伝えられている。

この、北米で5番目に人口の多い都市はすでにビットコイン先駆者のホットスポットであり、主要な取引所CMEグループとCboeはすでに現物決済されていないビットコイン先物のサービスを始めている。

また、サンフランシスコを拠点とする取引所大手のコインベース(Coinbase)が最近シカゴに事務所を開設した。

フィラデルフィアはまた、その地域で約100台のビットコインATMが稼動していると伝えられており、それらの多くは、Rittenhouse Square、South Philly、Queen Villiageのような場所で「ありふれた光景の中に埋もれている」という。

それらの場所の1つ、Phillyを拠点とするStraight Up CapitalのSean Keefe氏はメディアに対し、「ATMマシンの普及と普及に伴い、より多くのビジネスが主要な仮想通貨を受け入れ始めることを期待している。」と語った。

コインスターは余った小銭でビットコインが買えるビジネス

関連するニュースとして、コインスター(Coinstar)は最近、個人の増え続ける小銭でビットコインの購入をサポートするサービスを始めた。

このニュースが報道された際には大変話題となったのだが、大がかりで時間の掛かるKYC(個人認証)をマシンに求められたために、関係者により酷評される結果となってしまった。しかしながら、ビットコインATM会社とCoinstarの開発は紛れもなく前向きであるという。

長きに渡る冴えない市場の低迷にもかかわらず、米国は現在、3000台を超えるマシンを、世界のどの国よりもはるかに多く設置し続けている。

 

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-atms-ignore-market-downturn-rapidly-spread-throughout-us-cities/
Bitcoin ATMs Ignore Market Downturn, Rapidly Spread Throughout US Cities

タイトルとURLをコピーしました