アルトコイン

ウィキペディアがビットコインキャッシュでの寄付を受け入れ

インターネット上で無料で閲覧することが出来るオープンソース形式の百科辞典、ウィキペディア(Wikipedia)は、世界中のユーザーからBitpayを介してビットコインキャッシュでの寄付を受け入れると発表した。

ウィキペディアは無料だが、運営していくためユーザーからの寄付で成り立っている。その非営利モデルとグローバルな組織体質のこの団体が、仮想通貨を支払い方法に選んでいることは不思議ではない。

BTCに加えBCHを採用

無料の知識プロジェクトを運営する非営利団体であるウィキメディア財団は、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコイン(BTC)の寄付を受け付けるために、人気のある仮想通貨通貨支払いプロセッサであるBitpayと提携した。

ウィキメディア財団はすでにコインベースでBTCを2014年から受け入れているが、最近支払い処理業者をBitpayに切り替え、この機会を利用してBCHの受け入れに拡大をおこなった。

ウィキメディア財団の支払い、運営担当ディレクターであるPats Pena氏は、次のように述べている。

私たちは世界中で寄付を受け付けています。私たちは多種多様な寄付のオプションを提供するよう努めています。国際的な寄付を効率的かつ費用対効果の高い方法で処理できることが非常に重要です。

仮想通貨は安い支払いオプション

Bitpayは仮想通貨の寄付を受け入れることを可能にするため多くの大規模非営利団体と協力している。

同社はこの2年間で、特に人々が税制上の優遇措置を求めるようになった年末には、寄付が劇的に増加したと報告している。最近では非営利団体への数百万ドルの寄付を処理しており、2019年も継続すると見込んでいる。

ビットコインとビットコインキャッシュは利用可能な最も安い支払いオプションの1つであるので、より多くのお金が税金を支払うよりむしろ慈善団体に送られます。ウィキメディアは世界中でとても良いことをしているので、彼らへの寄付金を手助けすることは特権なのです。

Bitpayの最高執行責任者、Sonny Singh氏はこのように述べた。

Bitpayは2018年の好調な業績を最近発表した。当年度中、このサービスは2年目に10億ドル以上の支払いを処理し、新規顧客を追加することによって取引手数料収入の新しい記録を打ち立てた。 同社のB2B事業は、2017年から約255%成長したこともあり、過去最高を記録している。
 

出典:https://news.bitcoin.com/wikipedia-now-accepts-bitcoin-cash-donations-via-bitpay/
Wikipedia Now Accepts Bitcoin Cash Donations via Bitpay

関連記事

  1. アルトコイン

    イーサリアム「Ethereum」グーグルで1億1千万回のワード検索

    イーサリアムが2015年に設立されて以来、ブロックチェーンの発展に及ぼ…

  2. アルトコイン

    コインチェックから流出したNEMがZAIFへ送られていた?

    1月26日コインチェックから不正アクセスにより盗まれた5億2300万枚…

  3. アルトコイン

    SBIホールディングス、台湾のコールドウォレット事業に40%出資

    大手金融サービスのSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨のコール…

  4. アルトコイン

    ビットコインは価格が上がり続けている。アルトシーズンはいつ?

    ビットコインは週末からの上昇続きで、今週、価格の目立った価格調整は今の…

  5. アルトコイン

    米格付け会社が仮想通貨の格付けを発表

    独立系格付機関の「Weiss Ratings」が、仮想通貨の格付けを発…

過去記事

新着記事

PAGE TOP