仮想通貨全般/経済

バイナンス、仮想通貨の購入にクレジットカード払い可能に

世界最大規模の取引量を持つ、大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は、ユーザーが仮想通貨購入にあたりクレジットカード払いが可能になったと発表した。

バイナンスは1月31日、ビザとマスターカードのクレジットカードでの購入を可能にするため、イスラエルに拠点を置く決済会社シンプレックス(Simplex)と提携したことを発表した。

ローンチ時には、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)をクレジットカード購入できるとしており、順に取引所が提供する最大151種の他のトークンを購入できるようになる。

バイナンスのCEO、Changpeng Zhao氏は、次のように述べています。

仮想通貨業界はまだ初期段階にあり、世界の大部分の資金は依然としてフィアット(法定通貨)のままです。

フィアットの入り口を構築することはエコシステムを拡大し、採用を拡大し、より多くのユーザーが仮想通貨を導入するために今必要なことです。

バイナンスの利用規約のページによると、イラク、キューバのアフガニスタン、リビアなど、一部の国ではサービスから除外されている。米国では、ニューヨーク、コネチカット、ハワイ、ジョー​​ジア、ニューメキシコ、ワシントンの6州もこのサービスはサポートされていない。

気になる手数料は、シンプレックスは最低料金を10ドルとして、3.5%の手数料を請求するとしている。1日の上限は1ユーザーあたり20,000ドル、月額上限は50,000ドル。

今月初め、バイナンスは、英国の自治的な依存関係であるジャージー島で、新しい取引所を開始し、ポンドとユーロでの取引を可能にした。また、昨年10月にウガンダに出店し、その国の法定通貨であるウガンダシリングに対する仮想通貨取引を開始している。

 
出典:https://www.coindesk.com/binance-users-can-now-pay-for-crypto-with-credit-cards
Binance Users Can Now Pay for Crypto With Credit Cards

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    国税庁ビットコインの税金区分を発表

    多くの人が以前から議論を続けている、仮想通貨に掛かる税金について。…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのティンクオフ銀行、独自通貨の発行「準備はほぼ整っている」

    ロシアのティンクオフバンク(Tinkoff Bank)は独自の仮想通貨…

  3. 仮想通貨全般/経済

    米著名投資家ミラー氏、ビットコインにポジティブな見解

    現時点では仮想通貨エコシステムについて良くも悪くも様々な意見が飛び交っ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    弱気市場でも生き延びる仮想通貨マイナー達

    現在の仮想通貨の弱気市場では、マイニング機材の減価償却費によってマイナ…

  5. ビットコイン(BTC)

    BitcoinTalk.orgの顧客データベースがDarkWebにて売りに出される

    これらは2015年にハッキングされたものだが、最近になってそれが発覚し…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
QUOINEX
  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが8500ドルを下回り、仮想通貨市場はスランプから脱出できず
  2. 仮想通貨全般/経済

    中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ
  3. アルトコイン

    イーサリアムフォーラムのデータベースが流出
  4. ブロックチェーン

    Facebookのザッカーバーグ氏、今年は仮想通貨について深く研究する
  5. フィンテック

    増加をたどるクラウドファンディング
PAGE TOP