ビットコイン(BTC)

バフェット氏はビットコインを「妄想」と批判するも投資先のウェルズ・ファーゴはビットコイン時価総額の20%に値する罰金を支払っている

ビットコインに対する痛烈な批判を浴びせたバークシャー・ハサウェイ社のウォーレン・バフェット氏、しかし彼がビジネスの美徳の最後の砦とは言いがたいかもしれない。

2000年以降、約150億ドルもの罰金が銀行に科せられているにも関わらず、バークシャー・ハサウェイは米銀ウェルズ・ファーゴ銀行に投資を続けている。

ウェルズ・ファーゴの大量の不正

「大きすぎて潰せない銀行」とも言われた米大手銀行ウェルズ・ファーゴは2016年以降、多くの不正が明るみに出た。

上から重く課せられたノルマを達成するために従業員は偽の銀行口座を開設し、顧客に承認を得ていないクレジットカードを発行し、偽の署名を行なっていた。しかもこれには多くの従業員が関わっていた。

数千人の従業員が10年半に渡り350万口座という非承認の口座を開設していた。
そして経営陣は後に、スキャンダルを公開すると脅迫した従業員に対する報復があったことを認めている。

また、これらに紐付く全ての不正に対する追求はまだ続いているが、50万人以上の顧客に必要の無い自動車保険の加入をさせてことも認めている。これにより、約2万人の顧客が自動車ローンの不履行に陥ったり一部の自動車の違法な買い戻しを招いた。

他にも許可なしに住宅ローンを変更し、11万件の住宅ローン保有者が期限を逃したため罰金を科せられたり、小額のクレジットカード請求に対する手数料の水増しも行なっていた。

一度の過ち

ウォーレン・バフェット氏がビットコインを「ネズミ駆除剤を2乗したようなもの」と批判した同じ週、同氏はウェルズ・ファーゴを擁護する発言をしていた。

「彼らは一度間違いを犯しただけ。」

彼は以前この会社を「素晴らしい銀行」と説明し、「かなり間違ったやり方で行われたことがいくつかあったけれどもそれらは今改善されている。」と述べた。

バークシャー・ハサウェイが約10%弱の株を保有するこの「素晴らしい銀行」は、「1度の間違い」に対して多額の罰金を支払っている。

事実2000年以降に様々な不正、合計93件の違法行為に対して147億8,000万ドルの罰金が科せられている。

NEW YORK, USA – JUNE 10, 2013: People walk by Wells Fargo Bank branch in New York. Wells Fargo was the 23rd largest company in the United States in 2011 (by revenues).

詐欺はどちらか

ビットコインは「妄想」であり「詐欺師を引き寄せる」というバフェット氏の最近の主張について、バリー・シルバート氏は自分の意見をツイートしている。

バフェット投資のウェルズファーゴは93回の不正により2000年から148億ドルの罰金を支払っている。ビットコインの「詐欺師」をいつでも引き継ぎますよ。

仮想通貨資産をマネジメントするモルガン・クリーク・キャピタルのパートナーであるアンソニー・ポンプリアーノ(Anthony Pompliano)氏はこれに対し、「過去19年間でウェルズ・ファーゴは詐欺行為の件で、ビットコインの時価総額20%以上に相当する罰金を支払っている。」と付け加えた。

また、仮想通貨アナリストのジョセフ・ヤン氏もこのように意見している。

もし彼がビットコインが「妄想」だと考える理由を論理的に説明することができないならば、それは賛辞だと捉える。バフェットは世界でも有数の大手銀行に出資しています。その銀行を擁護することが彼の利益につながります。しかし遊び場での侮辱に頼りすぎて、そうすることが難しくなったようです。

関連記事

  1. アルトコイン

    ビットコインのハードフォーク懸念の陰で急騰したライトコイン

    現在ビットコインはその取引処理能力(スケーラビリティ)をめぐる技術的な…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物開始後、強気のビットコインは価格が上昇

    CBOEの先物市場がスタートし、ビットコインの価格は上昇しています。…

  3. ビットコイン(BTC)

    2017年終わりにはビットコイン価格が2,000ドルから3,000ドルへ上昇 – 複数の…

    ビットコインの価格は2017年が始まってから大きく価格変動を見せている…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの歴史トップ5

    ビットコインは現在、推定7歳半~8歳なんですね。この約8年間の間で最も…

  5. ビットコイン(BTC)

    11月5日はビットコインETFのターニングポイントになるのだろうか?

    ビットコイン上場投資信託(ETF)問題は現在、ちょっとした溝にはまって…

  6. ビットコイン(BTC)

    歴史は繰り返すか?ビットコインのハロウィーンパンプ記念日がすぐそこに

    現在ビットコインは方向性が定かではない、しかし大転換は不意にやって来る…

過去記事

新着記事

PAGE TOP