マイニング大手のカナンが数百億円の資金を調達

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

今なお続く弱気市場は仮想通貨のマイナーに大きな打撃を与え、マイニング業界に生機材を供給するハードウェア製造業者から驚くべき成長を奪ってしまった。

しかしCanaan Creative(カナン・クリエイティブ)」の最近の資金調達具合から見ると、投資家はまだまだこの業界に多額の資金を注いでも構わないと思っているようだ。

カナンクリエイティブには数十億ドルという企業価値がある

地元メディアの報道によるとASICのマイニングチップとリグのAvalonラインナップの供給を支えるカナンクリエイティブは、数億ドル(数百億円)相当の資金調達に成功したとしている。

これらの報道は事情通とする匿名の情報に基づいた情報源を引用していて、このマイニングハードウェア製造業者は最新の資金調達ラウンド後に、数十億ドルという高い企業評価を受けたことも明かしている。

世界で2番目に大きな仮想通貨マイニングハードウェア(ASIC)の製造元(1位はビットメイン)として知られるカナンクリエイティブは2013年に設立され、2018年までに北京と杭州で主に研究開発のポジション枠で最大200人を雇用した。

Avalonラインのマイナー以外にも、「寝ている間に」仮想通貨をマイニングするテレビや人工知能(AI)アプリケーションを動かすための専用チップなど、家電製品の開発も検討していた。

カナンはまだIPOを諦めてはいないのか

カナンが数十億ドルで評価を得ていることは、その分野の投資家からの自信の表れとも言えるだろう。

以前、同社は4億ドルから10億ドルの範囲であると推定される新規株式公開(IPO)で、香港証券取引所に株式を上場しようとしていた。しかし、2018年に当初予定されていたIPOは、香港の規制当局がカナンのビジネスモデルおよび将来の見通しについて懸念を表明したため、実現しなかった。

香港市場は、同社が株式の上場を検討した最初の市場ではなかった。カナンは2017年には、中国の証券取引所とOTC市場に上場しようとしていることが知られており、2018年初頭には米国を本拠とするIPOの選択肢を検討していた。

 

出典:https://news.bitcoin.com/mining-firm-canaan-creative-secures-hundreds-of-millions-of-dollars-in-funding/
Mining Firm Canaan Creative Secures Hundreds of Millions of Dollars in Funding

タイトルとURLをコピーしました