ビットコイン(BTC)

Suica(スイカ)に仮想通貨チャージを検討。JR東日本の思いとは

仮想通貨交換業者として新たに認可を受けた「株式会社ディーカレット」が、JR東日本の「Suica」など複数の電子マネーカードで今年6月から仮想通貨をチャージできるサービス検討中
だとするニュースが飛び込んできた。

これはテレビ朝日の番組内で明らかになった。

ディーカレットとは

格安SIMや格安スマホを取り扱うインターネットイニシアティブ(IIJ)をはじめ、JR東日本、第一生命、大和証券など、国内の最大手企業など19社が出資し、2018年に設立された企業。

仮想通貨交換業者としての3月25日に登録を終えたばかり。デジタル通貨の取引・決済を担う金融サービス事業に参入する。

社長には、IIJ専務執行役員の時田一広氏が就任しており、株式会社インターネットイニシアティブの持分法適用関連会社(出資比率:35.0%)となっている。

ディーカレットは2019年4月16日から仮想通貨の現物取引サービスを開始する。取り扱い予定の通貨は以下のとおり。

BTC(ビットコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
ETH(イーサリアム)*今夏開始予定

JR東日本の常務が語る仮想通貨チャージサービスの真相

テレビ朝日のニュース番組内で報じられたこの一件について、27日に行なわれたディーカレットの事業説明会の中で、株主の代表としてJR東日本の常務執行役員である野口忍氏はこのように語った。

検討こそしていますが、現時点で具体的な計画はありません

しかし、現在キャッシュレスの流れの中で大きく変わっており、デジタル通貨への対応は、お客様のニーズを満たす有力な選択肢の一つと考えている。同社はメインバンクを目指す中で、まずはデジタル通貨からSuicaへのチャージを最初のユースケースとして、(ディーカレットと)一緒に検討して行ければ。と語った。

報道では6月にもサービスがスタートかと期待されてはいるも、現実は早期のサービス開始とはいかないかも知れない。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    オーストラリアのビットコインATM、1週間で3900万円の売り上げ

    オーストラリアのビットコインATMを取り扱う企業は、現状、仮想通貨市場…

  2. ビットコイン(BTC)

    韓国サムスンがビットコインのASIC事業に参入

    韓国サムスン電子(Samsung)は29日、台湾の半導体受託生産最大手…

  3. ビットコイン(BTC)

    ツイッターのCEO、ラジオでビットコインに週1万ドル使うことを公言

    ツイッターとスクエアのCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dor…

  4. ビットコイン(BTC)

    ロシアがまもなくビットコインに大規模投資を行なう可能性がある

    ロシア政府に近しい国家行政管理学院のVladislav Ginko氏は…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは8000ドルを下回ったが下落は限定的な可能性

    今週月曜日、売り手は仮想通貨市場で依然強いまま優勢な展開を見せ、ビット…

  6. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨で支払えるWirexデビットカードの作り方(最新版)

    仮想通貨投資家、ユーザーにオススメのWirexカードWir…

過去記事

新着記事

PAGE TOP