アルトコイン

スイスで仮想通貨決済の導入が加速、有名ホテルと高級カーディーラーがBTCとETHを受け入れ

スイスの地元ニュースFinewsが27日、5つ星ホテルのDolder hotel(ドルダーホテル)と自動車販売ディーラーのAutohaus Kesselが、ビットコインとイーサリアムの仮想通貨支払いへの受け入れサービスを開始すると報道した。

ドルダーホテルはスイスの金融中心地チューリッヒにあり、Kesselはクリプトバレーのホームタウンであるツークに拠点を置き、また向こう境のイタリア北部にもアウトレット店舗を持つ。

これら2社はスイスの金融プラットフォームBityからの出資を受けたツークに本拠を置くInactaのスマートフォンアプリ「Inapay」を介して仮想通貨支払いを受け付ける。

サービス開始は今後2ヶ月以内に予定されており、今年の後半にはInapayが使用できる加盟店がさらに増えることが予想されている。

このニュースについてInactaの仮想通貨資産技術責任者兼ビットコイン・アソシエーション・スイスの会長であるLucas Betschart氏は、ビットコインの復活を歓迎するコメントを残した。

我々の新しいPoS appであるinapayを使用してスイスの高級ホテル、ドルダーとフェラーリのディーラーであるKesselがビットコインを受入れ開始します。ビットコインが取引の手段として戻ってきました。

クリプトバレーの台頭

継続的な仮想通貨市場の低迷は投資家の間で習慣の変化をもたらした。

弱気市場がビットコインの歴史の中で、他の市場よりも長く続いているので、支出からコインの保管と蓄積へと傾向が変化してきた。これは調査の結果、ビットコイン市場の登場以来、特徴的な強気サイクルと一致していることが分かった。

ビットコインは依然として4,000ドル前後、イーサリアムは135ドル前後を推移し、史上最高値から80~90%低下しており、フェラーリや高級なクラシックカーなどを取り扱うKesselの場合においては、仮想通貨支払いを選択する顧客は限定的かもしれない。

それでも、クリプトバレーは依然として成長の巣箱である。仮想通貨とブロックチェーンに焦点を当てたビジネスコミュニティは、12月にヨーロッパで最も急成長しているハイテクハブ(tech hub)の称号を授与されたとしてランクインし、その会員を増やし続けている。

仮想通貨企業の広告がチューリッヒ空港に

3月上旬に、スイスの「Amazon」として知られる、Digitec-Galaxusは、ビットコイン支払いの受入れを始めた。

今週から、同じくツークに本社を置く仮想通貨金融サービスの「Bitcoin Suisse」がチューリッヒ空港での長期広告の掲載を始めた。

プロモーション動画を見てわかるように、旅行者が空港に降り立つと、仮想通貨決済と投資の広告で迎えられていることを意味する。

少なくとも2019年の残りの期間、そして2020年までの間に、およそ1,100万人の到着する旅行者や関係者がスイスに到着する際に、会社のビジョンとメッセージを見ることになる。数年前には考えられなかった、公共の場での仮想通貨の大々的な広告だ。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-switzerland-dolder-hotel-ferrari/
Swiss Bitcoin Adoption is Booming: Famous Dolder Hotel Accepts BTC

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで米株やETFへの投資が可能に

    Abraがビットコインを使って米国の株やETFをアプリを使って購入でき…

  2. ビットコイン(BTC)

    「短期的には6300ドルの可能性も」ブルームバーグトレンド指標

    この数日間で、ビットコインは2019年の最高値から12パーセント下落し…

  3. ビットコイン(BTC)

    オーストラリアのビットコインATM、1週間で3900万円の売り上げ

    オーストラリアのビットコインATMを取り扱う企業は、現状、仮想通貨市場…

  4. アルトコイン

    ビットコインのハードフォーク懸念の陰で急騰したライトコイン

    現在ビットコインはその取引処理能力(スケーラビリティ)をめぐる技術的な…

  5. ビットコイン(BTC)

    「ビットコインの苦痛指数、今がビットコインの買い時を示している」トーマス・リー氏

    ウォール街のストラテジストである、トーマス・リー氏が作成した「ビットコ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP