アルトコイン

イーサリアムは短期的に200ドルまで急上昇する可能性

3月を通してイーサリアム(ETH)の価格は126ドルから140ドルへと上昇し、米ドルに対して11パーセント以上、上昇した。

一部のストラテジストがビットコイン価格が近いうちに4,200ドルの抵抗水準を突破した場合に大幅に上昇すると予想しているが、同じくトレーダーもイーサリアムが重要水準を超えてリバウンドし、最大で200ドルまで上昇する可能性を予測している。

148ドルがイーサリアムのキーポイント

コミュニティで「The Crypto Dog」として知られる仮想通貨テクニカルトレーダーによると、イーサリアムの価格が148ドルを突破した場合、さらに200ドルを超える可能性があり、その後の数週間その勢いを示し続けるだろう、としている。

もしETHが148ドルをブレイクするなら、長期に渡るレンジは終わりを向かえ、200ドルが目標値となる。

しかしイーサリアムが200ドルの領域に達するためには、2月以来に苦しめられてきた抵抗水準から抜け出さねばならないのが条件。

イーサリアムの短期的な価格動向を示す1つの前向きな材料は、代替え通貨の堅調な動きだ。過去24時間で、Bibox Token、Tezos、Aion、Waltonchain、Aeternityなどのトークンは、米ドルに対して5から65パーセントの範囲で上昇した。

トークンや時価総額の低い、リスクの高い仮想通貨に投資資本を割り当てる投資家の増加は、仮想通貨は市場の短期的なパフォーマンスの感情の変化を示している。

土曜日にエコノミストのAlexKrüger氏は、仮想通貨の弱気相場は1月から続いており、ビットコインが4,200ドルを超えたとき、ビットコインの弱気トレンドが終わったことを示唆する
と述べた。

4,200ドルを超えるブレイクは、2018年1月に始まった弱気トレンドを終わらせるでしょう。

歴史的に、多くの代替の仮想資産は世界市場で2番目に価値のあるイーサリアムの傾向に基づいて激しい変動を記録してきた。しかしここ数週間で、仮想通貨は独立した価格変動を示し始めている。これは、代替仮想通貨の価値が急上昇し続けているにもかかわらず、イーサリアムが短期的な下落に対して脆弱である可能性があることを示している。

全てがはっきりしたわけではない

イーサリアムが潜在的に200ドルから抜け出すことと、ビットコインが15ヶ月の弱きトレンドから抜け出すことはすべて条件付きであり、特定の抵抗水準を今後数週間でブレイクする必要がある。

ビットコインは、過去3ヶ月間に主要な抵抗水準を突破したことはなく、先月最初に試みたときには、すぐに3,800ドルまで低下している。

反対意見もある:ビットコインはまだ大きな抵抗レベルを破ってはいない。そしてボリュームもたったこれだけ。アナリストによると私たちはまだ実際の大きな進展を見てはいない。

多くのトレーダーは、中期的な仮想通貨のトレンドに慎重な見方を崩して折らず、主要な仮想通貨資産が重大な抵抗レベルを上回る潜在的なブレイクアウトと、サポート水準に落ち込む両方の可能性を期待している。

出典:https://www.ccn.com/ethereum-may-surge-35-to-200-in-near-term-what-will-fuel-it
Ethereum May Surge 35% to $200 in Near-Term; What Will Fuel It?

関連記事

  1. アルトコイン

    コインチェックはMonero、Dash、Zcashの取り扱い中止を検討

    コインチェックは今年1月26日に、当時580億円相当のNEMがハッキン…

  2. アルトコイン

    GMOの仮想通貨マイニング事業に投資総額100億円

    GMOインターネットは13日、先日9月7日に発表された仮想通貨のマイニ…

  3. アルトコイン

    1週間後のハードフォーク「ビットコインゴールド」

    ビットコインには、この先2つのハードフォーク、「ビットコインゴールド」…

  4. アルトコイン

    9月の大型アップデートを控え、イーサリアムクラシックが高騰

    仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の価格が直近24時間で16%近…

  5. アルトコイン

    ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生

    10月24日にビットコインから分裂したことで誕生したビットコインゴール…

  6. アルトコイン

    Zcash、コインベース・プロに上場で9日間ぶりの高値まで上昇

    コインベースは本日30日、Coinbase Pro(コインベース・プロ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP