仮想通貨のきほん

【2019年版】仮想通貨同士の両替ができるChangelly(チェンジリー)を使ってみよう

「Changelly(チェンジリー)」は仮想通貨同士の交換が行なえるサイト。

例えば「ETHからBTCに換えたい」「XRPをNEMに換えたい」などと思った際に、通常はいったん法定通貨の円や米ドルに換えたり、アルトコイン同士の場合はイーサリアムやビットコインといった基軸通貨に自らで換えてから両替しなおさなくてはならない。

こういった工程には一般的な取引所で6~7%の手数料が掛かるといわれている。しかし、この「チェンジリー」を使えばその手間が省けて手数料がわずか「0.5%」と安い。

前述のイーサリアムからビットコインはもちろん、リップルからネムへもなるべく小額の手数料で手間を少なく交換することが可能だ。

下記は、チェンジリーで両替を行なった場合、現在のレートでの換算値が表示されるコンバーターなので、大体の目安を確認してみよう。

Changelly(チェンジリー)の公式サイトはこちら

Chanegelly(チェンジリー)とは

チェンジリーは、約95種類の仮想通貨をなるべく安いレートで両替できるサービスで世界中の約130の取引所から、お得なレートを探して取引を行なってくれる。

チェンジリーを使えばBTCやETHなどの基軸通貨を経由して交換する必要はない。例えばライトコイン(LTC)⇒ドージコイン(DOGE)など仮想通貨同士の両替がサイトを通して1つの作業で行なえる。

チェンジリーではデポジットを必要としないので、チェンジリーの取引所自体に通貨を保有する必要はない。また、VISAまたはマスターカードのクレジットカードを使って仮想通貨を購入することも出来る。

運営しているのは仮想通貨のマイニングツールを開発しているチェコ共和国の「MinerGate(マイニングゲート)」。プラットフォーム開始は2015年で世界中で200万人以上の人が利用しており、パートナーにはJaxx(ジャックス)、Coinmarketcap(コインマーケットキャップ)、BRD、Coinpayments(コインペイメンツ)、 Binance(バイナンス)、 Coinomi、Huobi(フォビ)など主要な仮想通貨企業が名を連ねる信頼できるサービスだ。

『チェンジリーについてまとめ』
●法定通貨やBTCを経由せずに仮想通貨同士の両替が可能
●手数料:0.5%
(チェンジリーの手数料以外に掛かる費用として各取引所の入金・出金手数料)
●取り扱いコイン:約95種類(2018年現在)
●クレジットカード:可(VISA、Master Cardで仮想通貨の購入も可能)
●デポジット不要、口座開設無料、口座維持手数料無料
●セキュリティ:2段階認証
●大手企業をパートナーに持つ

今現在の取り扱い仮想通貨は【こちら】で確認できる。

チェンジリーのデメリット

必ず最安値で取引できるわけではない

チェンジリーは世界約130の取引所からなるべく安い取引を選択して行なうようにはなっているが、それが必ずしも100%正解ではない。場合よっては別の取引所のレートが安い場合もある。

取引中にレートが変わる可能性がある

取引中に時間の経過と共にレートが変動する場合がある。取引前に提示されたレートよりも良くなる場合もあれば反対に悪くなることもあるので多少の差額が生じる点に注意したい。

「Changelly」(チェンジリー)への登録の仕方

両替サービスを利用するためには、簡単な登録が必要。ますは公式サイトからトップ画面にアクセスする。

Changelly(チェンジリー)の公式サイトはこちら

トップ画面上部の「Sign up」をクリック。

クリックしたら、Join for freeの文字と共にEメールアドレスを入力する画面が表示される。ここへ自分の「Eメールアドレスを入力」し、チェックボックスに同意するための「チェック」を入れて、「Continue to Exchange」をクリック。

これで入力したメールアドレス宛にチェンジリーからメールが届く

メールアドレスに間違いが無いことを認証するために、チェンジリーから届いたメールを開く(メールの題名は[Sign up]

下線の付いた文字「the following link」をクリック。

これと同時にチェンジリーのサイト画面が開き、もう一通のメールが届く(メールの題名は[Login credentials])。

2通目のメールにはログインするために必要な自分のメールアドレスと「パスワード」が記されているので大切に扱おう。

両替取引を行なう画面が開いて、ログイン状態となる。次回からはメールで届いたパスワードでログインできる。

(※いつでも、任意のパスワードに「account」→「setting」から変更が可能。)

このまま両替を行なう場合は、引き続き両替方法について下記に説明するので【1.数量入力】からどうぞ。

仮想通貨同士を両替する方法

それでは、仮想通貨同士を両替してみよう。

まずはこちらから、チェンジリーの公式サイトのトップ画面にアクセスする。

Changelly(チェンジリー)の公式サイトはこちら

トップ画面の「Exchange!」をクリック。

1.数量の入力

次に「両替前の通貨」を上のボックスの「プルダウンメニュー」で選び、「数量」を入力する。次に「両替後の通貨」を下の「プルダウンメニューから」選ぶ。すると自動的に時点でのレートで受け取れる数量が表示される。

ここではイーサリアムからビットコインに両替をするとして、「ETH」「BTC」を選択し、「0.12」を上のボックスに入力した。すると0.0040222BTCと表示された。

間違いが無ければ、チェックボックスにチェックを入れて、「Next Step」をクリック。

2.受信するウォレットのアドレスを入力

今回の例では、ビットコイン(BTC)を受け取りたいので、ここではビットコインを「受信するウォレットのアドレス」を入力する。

※これを間違えると、他人のアドレスへ送信された場合二度と送信した資産を取り戻すことは出来ないのでくれぐれも気をつけること。

間違いが無いことを確認してから、「Next Step」をクリック。

3.詳細の見直し

表示されている詳細が入力したものに間違いが無いか再度見直しをする。

間違いが無ければ「Confirm and make payment」をクリック。

4.両替する資産の送信

表示されたチェンジリーの指定するアドレスへ、自分のウォレットから「仮想通貨を送信」する。ここでは、はじめに「0.12ETH」の両替を申込みしたので、0.12ETHを表示されたアドレスへ送信する。

アドレスは「coppy」をクリックすればコピーして張り付けることが出来る。または「QRコード」をスマホにあるウォレットから読み取って送信しても良い。

5.両替取引の開始

仮想通貨の送信をチェンジリーが検知すると両替の取引がスタートする。

画面にクルクルと輪が回るサインが表示されるので取引の完了を待つ。(最初は5~30分と予想タイムが表示されていたが、実際には数日掛かった例もある)ネットワークの混雑状況にもよるが、私個人の場合は約2時間程度で両替が完了した。

6.取引の完了

両替が完了すると、以下のような画面が表示され「Transaction is completed!」(取引完了!)と表示され、実際に送信された数量と通貨が表示される。実際に自分の指定したウォレットに着金していることが確認できる。

Changelly(チェンジリー)の公式サイトはこちら

クレジットカードで仮想通貨の購入する方法

チェンジリーではVISA、マスターカードで仮想通貨の購入も出来る。

カード決済には本人確認が必要

カード利用にはKYC(本人認証)が必要なので「免許証」、または「パスポート」と「クレジットカード」の用意が必要。

カード決済には「Simplex」(シンプレックス)というイスラエルのスタートアップを通して行なわれる。バイナンスをはじめ大手仮想通貨企業もこのシンプレックスを利用している。

購入数量の入力

トップ画面にある「Buy crypto with credeit card」をクリック。そうするとクレジットカード購入専用のサイトに移行する。

左側のボックス横の「プルダウン」から「USD」など任意の通貨を選択し、右側のボックスでは「ETH」など購入したい通貨を選択する。

購入したい数量を右のボックスに入力する。

金額を入れると自動で金額が計算され、現時点でのレート換算された仮想通貨の代金が表示される。

※最低購入価格が決まっているので、オレンジ色のテキストでminimumの文字と共に数字が表示されたら最低購入金額以上を入力すること。また、左側のボックスに金額をいれて、右側に数量を自動計算させる逆のバージョンも可能。

次に「受取りウォレットのアドレスを入力」して「Continue」をクリック。

※受け取りアドレスは、その通貨専用のアドレスを入力すること。

1.請求先の入力

上から「Eメールアドレス」「携帯番号」「生年月日」「住所」「郵便番号」「国名」の順に、カード請求先の情報を入力する。

全て入力を終えたら「Continue」をクリック。

メールアドレス、携帯の認証

登録したメールアドレス宛に「メール」、携帯宛に「ショートメッセージ」が送信され、下記の画面に切り替わるので、届いたショートメッセージに書かれている「認証番号」を枠の中に「入力」して「Verlify」をクリックして認証する。

次に、「Simplex」から届いているメールを開封し「Verlify」をクリックして認証する。

両方とも認証が済んだら、引き続きWEBサイトで入力が可能となる。

2.支払い者の入力

クレジットカードの所有者の情報を入力する。

上から「名前」「苗字」「クレジットカードナンバー」「カード有効期限」「セキュリティ番号(カード裏面にある3桁の数字)」を順に入力する。

また、画面右手に「購入する際の金額」が表示されるので間違いが無いか必ず確認を。

全て入力を終えたら「Pay Now」をクリック。

3.個人認証

ここでは個人認証が必要なので、ID(パスポートまたは免許証)を撮影した画像を用意する。スマートフォンで撮影したものでよい。

「プルダウンメニュー」より、どちらかを「選択」して、画像を「参照」をクリックしてアップロードする。

運転免許証の場合は表裏1枚ずつの計2枚、パスポートの場合は顔写真の入ったページ見開き部分をアップロードする。

(画面下へスクロールして)アップロードしたIDについての情報を入力する。

上から「名前」「苗字」「生年月日」「性別」「国名」「免許証番号または旅券番号」「有効期限」について入力する

その下は請求先情報なので、先ほど入力したカード請求先の情報が入力されているため、それ以上は不要。

全て入力を終えたら「Upload Document」をクリック。

カードのパスワードを入力

使用するクレジットカードによっては、下記のようにインターネット決済に必要なカードの固有のパスワードを求められる。これはカード会社に順ずるものなのでパスワードが分からない場合はカード発行会社に訪ねるしかない。

パスワードを入力して「認証」をクリック。

4.決済完了

無事に決済が完了した。

トランザクションの込み具合にも寄るが5~30分ほどで、仮想通貨が指定のウォレットに着金し、クレジットカードからもその代金が引かれる。私個人の場合は20分程度でイーサリアムを受信し、購入代金がデビットカードから支払われていた。

Changelly(チェンジリー)の公式サイトはこちら

チェンジリーへのレビュー

新しいトークンとChagelleyで取引できるコインをJaxxに追加することにワクワクしています。(Jaxxより)

Chagellyは通(ツウ)のコストレートを求めるユーザーにとって、ベストな選択です。(Coinomiより)

ユーザーに向けてChangellyをご用意することに歓喜し、Changellyと共に働けることを嬉しく思います。彼らはプロフェッショナルであり、私たちに協力的で献身的です。(Huobi Walletより)

Changellyは素晴らしい経験とさらに大きな可能性さえも持ち合わせた、プロフェッショナルなチームを備えている。(Binanceより)

 

関連記事

  1. 仮想通貨のきほん

    ICOってなに?

    最近よく耳にするICO。さて、「ICO」とは一体何なのか?IC…

  2. 仮想通貨のきほん

    【新バージョン】MyEtherWallet (マイイーサウォレット)V5の作成方法

    イーサリアムを主とした、多くの仮想通貨の保管ができる、人気オンラインウ…

  3. 仮想通貨のきほん

    仮想通貨のウォレットとは?各ウォレットの特徴を分かりやすく説明

    1ヶ月で倍以上になったビットコイン、再び熱気を帯びてきた仮想通貨市場、…

  4. アルトコイン

    ビットコインを超える「イーサリアム」とクラウドセールについて

    イーサリアムとクラウドセールについて簡単に書かれた読みやすい記事を見つ…

  5. ビットコイン(BTC)

    今さら聞けない、「ビットコイン」について知っておきたいこと

    巷でビットコインという言葉を耳にすることが多くなってきていませんか?と…

  6. 仮想通貨のきほん

    マイイーサウォレットのスマホアプリ版、MEWconnectの登録方法と使い方

    MEWconnect(マイ・イーサ・ウォレット・コネクト)とは?M…

過去記事

新着記事

PAGE TOP