ビットコイン(BTC)

トム・リー氏「ビットコインは2019年内に1万ドルになる」

2019年のスタート以来のビットコイン(BTC)のパフォーマンス、特に4月に起きた上昇から考えるに、何人かのアナリストはBTCが今年は強い年であると予想している。

ビットコインの冬は終わった

ビットコイン強気派で有名なファンドストラット社のトム・リー氏によると、長きに渡った2018年の弱気相場は過去のものとなっている。リーは、ビットコインに対する投資家の意欲の高まりにつながる、市場心理の大幅な反転がすでにあると仮定している。

ビットコインの価格予測で有名なトム・リー(Tom Lee)氏は、ビットコインが2019年には1万ドルを超えると予想している。4月上旬にリー氏は現在のマイニングコストに基づいて算出した場合にはビットコインの適正価値は約14,000ドルになると主張していた。


 

ファンドストラット社のアナリストは、根本的な市場の勢力は前向きな方向に向かっていると言う。これが追い風となり、2019年には現在5,130ドルのBTC価格がさらに上昇すると予想している。

お粗末な金融政策により、よりビットコイン導入が促進される

Think Markets UKのナイーム・アスラム(Naeem Aslam)氏は、世界中の中央銀行が採用している現在の金融政策は持続不可能だとしている。

今や金融政策はジョークのようです。燃料の買戻しが行なわれ価格が上昇しただけです。連邦準備制度がどれほど独立したものであるか疑問視する声が高まり、そして選択肢が手詰まりであることがわかるにつれて、人々はデジタル資産へと走るでしょう。

Ikigai Asset Managementのトラヴィス・クリング(Travis Kling)氏は最近、同様の見解を唱え、中央銀行の政策をより政治的なものであると述べ、したがって、「無責任な」金融政策の不確実性に対するリスクヘッジとしてビットコインを採用することを選択する人々が増えている。

一般の人にとってまだ未知の世界

一部のコメンテーターは2019年がビットコインが強気の年になることに賛成だが、仮想通貨がより広く普及するのを妨げる重要な問題がまだある。

デジタルカレンシーグループ(Digital Currency Group)の投資責任者であるトラヴィス・シェール(Travis Scher)氏は、BTCや仮想通貨全般に恩恵を受けるためには、もっと多くの教育が必要だと語っている。

たとえば、ロシア世論調査センターの調査によると74%のロシア人がBTCに精通しているが、ほんの一握りの技術者だけがその技術がどのように機能するかを理解している。シェール氏は「教育の問題であり、現実的に言って普通の人はブロックチェーン技術についてあまり知らない。それは90年代後半のインターネット関連株と変わりがないのだ。」とこの問題についてコメントした。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-price-will-top-10000-in-2019-says-tom-lee/
Bitcoin Will Top $10,000 in 2019, Says Fundstrat’s Tom Lee

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン利用可能店舗が1年で4.6倍に

    国内でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を利用できる店舗は、こ…

  2. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を示唆

    昨日11月12日は日曜日でしたが、ゆっくりと過ごせずにモニターにかじり…

  3. ビットコイン(BTC)

    トム・リー氏「ビットコインは2019年に最高値を更新する」

    ビットコインを安全な資産と見なすべきかどうかについての議論が激化してい…

  4. ビットコイン(BTC)

    日本初!ミニバンレンタカーの支払いにビットコイン決済機能を搭載

    沖縄でサービスを提供する「スピードレンタカー」と「ミニバンレンタカー」…

  5. ビットコイン(BTC)

    Suica(スイカ)に仮想通貨チャージを検討。JR東日本の思いとは

    仮想通貨交換業者として新たに認可を受けた「株式会社ディーカレット」が、…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン直近の底は1万ドル付近か?

    待ち望んだビットコインの価格調整は、そう長くは掛からなかった。…

過去記事

新着記事

PAGE TOP