「95%の確立でビットコインは底を打った」Willy Woo氏

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

仮想通貨アナリスト、Willy Wooはビットコインの最悪の事態は95%以上の確立で終わったと述べた。

WooはデリバティブトレーダーTone Vaysが主催したオンライン討論に参加し「ビットコインの価格は底を打ったかどうか」のお題について話し合った。

Wooはテクニカルアナリストで、チャートやデータの分析に日々時間を注いで過ごしている。彼が考える限り、数字は嘘をつかないという。ビットコインは2018年末に3,100ドルで底打ちし、そして地獄が広が無い限り新しい安値を再び追う様な事はなという。

現在、BTCは5,260ドル付近を推移している。

私はデータの中を泳いでいる、そしてある種のことについて直感的に理解することができます。底が抜ける確立は20分の1から40分の1だと思います。それは95%~97.5%の確立で底打ちしたことになり、もし(BTCが)4,300ドル以下になるようなことがあれば(ベア側は)とってもラッキーでしょうね。

底打ちしたとする最終予想…
%は底打ちしたと思う確立:
ブル(強気派)
MustStopMurad氏 75%
kenoshaking氏 80%
woonomic氏 95%
ベア(弱気派)
ToneVays氏 40%
venzen氏 39%
LucidInvestment氏 20%

一方で、Tone Vays氏は今後さらに苦しい状況が続くとの見方を示し、BTCの価格が底を打った可能性は40%しかないことを示唆している。

↓ビットコインが3,100ドルで底を打ったとする時期

インターネットよりも重要

Wooはまた技術的なシグナルに加えて、ファンダメンタルズの面からも考慮している。

普及曲線の視点からBTCを見て彼が言った。

10年以上に渡り、一貫してユーザーベースが倍増しているのを目のあたりにしています…我々が見ているのはこの世界の到来、そしてこの場合ビットコインに資本を注ぎ込む世界なのです。

WooとVaysは、どちらもナスダックのダイナミクスとドットコム時代の分析を示した。Wooはナスダックをビットコインに例えて言った。

ナスダックは本質的にインターネットの普及曲線であった。そしてビットコインはインターネットのデジタル通貨、すなわち金のデジタルバージョンの普及曲線です。デジタル時代に移行するにつれ、ソフトウェアによって食われていく現実の世界で私達が見るこれらすべての事柄へ私達が向かうと同時に、デジタル不足と、本来デジタルでインターネット上で取引される貨幣的手段の必要性を見ています。それゆえに私は(仮想通貨が)インターネットよりもっと重要だと思います。

出典:https://www.ccn.com/willy-woo-bitcoin-bottom
Bitcoin Bottom: Willy Woo Finds Eye-Popping 95% Chance It’s In

タイトルとURLをコピーしました