ビットコイン(BTC)

Amazonなどで仮想通貨決済が可能に、ライトニングを利用した拡張機能Moonがローンチ

仮想通貨決済のスタートアップ企業である「Moon」は22日、ライトニングに対応するウォレットはMoonのブラウザ(Chrome)拡張機能を介して、AmazonなどのEコマースサイトで決済を行えるようになると発表した。

すでにおよそ250人のベータ版ユーザーが、オンラインショッピングサイトで仮想通貨決済を行う為に、このブラウザ拡張機能をコインベースのような取引口座に接続し、Moonを使用していた。

この拡張機能を発表したMoonのCEOであるケン・クルーガー(Ken Kruger)氏はこのように語っている。

QRコードがポップアップ表示され、ライトニングの請求書がされます。何らかの理由でQRコードが利用できない場合は、コピーして貼り付ける事も出来ます。そうしてお好きなライトニングウォレットで支払うことが出来ます。

はっきりさせておかなければならないのは、アマゾン自体は決して仮想通貨払いの受入れを行なっていないということ。あくまでも仮想通貨決済を可能なものとする拡張機能を利用した支払いとなる。

クルーガー氏は、アマゾンの加盟店が実際に決済代金を法定通貨で受取ることができるようにするため、どの金融機関が仮想通貨を法定通貨に両替する手助けをバックグラウンドで行なっているかは明らかにしなかった。

しかし、アマゾンのようなプラットフォームが直接仮想通貨を受け付けるかどうかに関わらず、2020年までにはライトニング対応機能はほとんど全てのEコマースサイトで機能するようになるだろうと付け加えた。

「直接的な店との提携はありません。」とクルーガー氏は述べ、Moonは支払いチャネルを管理し、単に支払いを送信するための単純なインターフェースを提供するだけであることを明確にした。

↓Moonを使ったアマゾンでの決済時の画面

Moonは昨年ニューヨークで設立され、アントゥレプレナー・ラウンドテーブル・アクセラレーター(Entrepreneurs Roundtable Accelerator:企業家の投資を集う会のようなもの)においてわずか10万ドルの投資額しか集らず、3人のスタッフで構成された。

アクセラレータのマネージングディレクター、Murat Aktihanoglu氏は、Moonを今後5年間で有望な可能性を持つ、仮想通貨ビジネスの「アンカー」的存在として見ている と語った。

私たちは長期的な投資対象の会社としてMoonに投資しました。

とAktihanoglu氏は述べた。

さらに、Moonのクルーガー氏は企業が2019年にシリーズAの資金調達を行なう予定であり、ユーザーの行動から学び続けることを突き詰め続けると語った。

Moonによると、ライトニングネットワークの拡張機能はまだクローム(Chrome)ウェブストアによって検討されており、明日24日の水曜日に開始と予想されている。

出典:https://www.coindesk.com/you-can-now-shop-with-bitcoin-on-amazon-using-lightning
You Can Now Shop With Bitcoin on Amazon Using Lightning

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン8000ドルエリアが見えてきた

    ビットコインは先日からの急上昇は一旦お休み。現在は7500ドル付近で緩…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが持つ将来性を考えると少額の投資を試してみる好機!?

    経済評論家、加谷珪一さんが語る、「2017年は、大規模投資と減税の「ト…

  3. ビットコイン(BTC)

    iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

    ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、A…

  4. ビットコイン(BTC)

    ヴァンエックCEO「ビットコイン投資家はゴールドに移行しつつある」

    先日、証券取引委員会(SEC)へのビットコインETFの申請を取り下げた…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格一時6100ドルに急落、その理由とは

    17日正午頃、7,700ドル台を推移していたBTC価格は突如急落し、取…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインETFは巨額の資本流入に繋がる。しかし2018年には承認されないという意見も。

    仮想通貨業界は2018年末までにビットコイン上場投資信託(ETF)が承…

過去記事

新着記事

PAGE TOP