サムスンがイーサリアムベースのブロックチェーンを開発中、独自トークン発行の可能性も

経済/社会
この記事は約3分で読めます。

韓国の大手電気メーカーサムスン(Samsung)は独自のブロックチェーンネットワークを開発中で、さらに独自トークンの発行を検討している。

サムスンの社内状況に精通しているという、コインデスク韓国の独自リポートによると、同社のワイヤレス部門の一部であるブロックチェーン対策本部は、イーサリアムをベースにしたブロックチェーンメインネットを構築しているという。

しかし、その開発状況はまだ「内部実験」段階にある。

まだはっきりと確認されていませんが、現在プライベートブロックチェーンを検討しているようです。将来的にはパブリックブロックチェーンになる可能性もありますが、ハイブリッド、つまりパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの組み合わせになると思われます。

リポートによればブロックチェーンの開発が完了したら、サムスンは「サムスンコイン」トークンの発売を開始する可能性があるとしているが、こちらも未確認の情報だ。

同社が将来パブリックブロックチェーンを開発する場合、サムスンコインはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のように仮想通貨交換で上場取引される可能性がある。サムスンはまた、そのブロックチェーン技術を決済アプリの「サムスンペイ」(Samsung Pay)に使う可能性も考えられる。

サムスンはこれらの研究を少なくともこの1年間続けており、数多くのプロジェクトに取り組んでいるという。2か月前、同社は主力携帯電話であるギャラクシー(Galaxy) S10を発表し、ブロックチェーンの分野に飛躍的な進歩を遂げた。これには仮想通貨の秘密鍵や、ブロックチェーンベースのデジタル署名をサポートするなどの機能が備わっている。

3月にサムスンは公式に仮想通貨ウォレットを発表した。これはイーサリアム(ETH)およびイーサリアムベースのERC20トークンと互換性があるが、初期の段階ではビットコインは対応していなかった。また一部の管轄区域ではこのウォレットはまだ使用できない報告も上がっている。

S10は、仮想通貨ゲームプラットフォームEnjin、美容コミュニティCosmee、仮想通貨グッズプラットフォームCryptoKitties、および決済サービスCoinDuckなどの分散型アプリ(dapp)もサポートしている。

[clink url=”https://tradebitlab.com/20181213/”]

 
出典:https://www.coindesk.com/samsung-developing-ethereum-based-blockchain-may-issue-own-token
Samsung Developing Ethereum-Based Blockchain, May Issue Own Token

タイトルとURLをコピーしました