マイニングとは?クラウドマイニングとマイニングの違いとは?

仮想通貨のきほん
この記事は約7分で読めます。

暗号通貨に関する話で良く耳にするマイニングって何?クラウドマイニングとは?

暗号通貨を実際に保有している人は世界でもほんのわずかなシェアに過ぎない。まずは暗号通貨の入手方法について見てみよう。

マイナーとネット上の特定コミュニティにいる人々が法定通貨のように価値を見い出し利用されているのが、デジタル世界の通貨である「暗号通貨」だ。

暗号通貨を手に入れる方法としては大きく3つの方法があり、それを暗号通貨の代表格であるビットコインを例にとってみよう。

ビットコインを入手する方法

取引所または販売所で購入する

国内の代表的な取引所と言えばビットフライヤー(bitFlyer)、コインチェック(Coincheck)、ビットポイント(Bitpoint)、ビットバンク(bitbank)、GMOコインなどの仮想通貨交換業者が上がる。通常、取引所は金融庁に仮想通貨交換業者として認可を受けている。

仮想通貨交換業者が運営する取引所、または販売所で購入するのが一般的だ。取引所と販売所は異なるものであることに注意したい。販売所は業者の指定する価格で購入するシステム。一方で取引所では株式市場のように、板に並んだ売値と買値が合致したところで購入できる仕組みで指値が出来る。

人から送金してもらう

次に前述の取引所や販売所から購入せずに、人から送金してもらう方法がある。

既に暗号通貨を所持している人からはもちろんのこと、各取引所などはオープン時にキャンペーンで口座開設者に暗号通貨のプレゼントを行なっており、そういったキャンペーンに参加することで暗号通貨を入手できる。

暗号通貨には保持しておく「ウォレット」が必要であり、それには必ず入金を受ける際のアドレスが各通貨ごとに存在する。送金者はそれらのアドレス宛に送金することが出来る。

マイニングで入手する

購入や人から貰うこと以外に、ビットコインを入手する方法がある。この方法は「マイニング」(採掘)と呼ばれるものである。

マイナー、マイニングとは?

ざっくりというとビットコインなど暗号通貨を機械を使って入手する行為を「マイニング」(採掘)する人のことを「マイナー」(採掘者)という。

マイナーは大きく二つの役割を担っている。それは「取引の承認」「新しく暗号通貨を発行する」ことだ。

法定通貨は国や銀行のような中央管理者(通貨発行者ともいう)が存在するのに対し、暗号通貨はこのような中央管理者が存在しない。それを世界中にいるマイナーが担うこと事で「非中央集権」「分散型」と呼ばれている。

ブロックチェーンという改ざん不可能な技術を使用することによって暗号通貨はコピーが出来ない。そのブロックチェーン上で取引記録を残すことで価値の固定が実現している。

ビットコインの最初の取引から現在の取引まで、すべての取引を記録する長い長い台帳のようなものが「ブロックチェーン」である。一定の時間、一定の取引量ごとにブロックを作り、チェーンのようにブロック同士をつなげることで、改ざん不可能となった各ブロックに取り込まれた取引が「承認」され、送金されたことになる。

各ブロックをつなげるには膨大な計算量と、それをこなす設備が必要となる。この膨大な計算の実施と投資への「報酬」として新規のビットコインが発行され受取ることができる。最も早くこの計算をなしえた者が報酬を受けられることなどと合わせて、この一連の流れが金の発掘に例えられ、マイニング(発掘)と言われるようになった。

暗号通貨取引に必要な計算を早く行なった者が「労働の対価」として暗号通貨を受取ることができる。また、その際に「新しい暗号通貨」が発行される。この一連の暗号通貨を手に入れる作業を「マイニング」といい、マイニングを行い、報酬をとして新しく発行されたコインを受け取る人を「マイナー」という。

マイニングは誰でも参加できる

「マイニングのことは難しくてよく分からないし、専門的な知識や機械が必要だな。」と思う人もたくさんいる。

しかしそのような知識や機材が無くても、マイニングに参加することは実は可能だ。

主にプロに委託する方法と自分でマイニングする方法の2つがあり、以下に3つのマイニング方法を紹介する。

◆クラウドマイニング◆ マシンの管理はプロに委託
◆プールマイニング◆ 自分のマシンでマイニングする
◆ソロマイニング◆ 自分のマシンでマイニングする

クラウドマイニング

マイニングしている企業にお金を払い、代わりにマイニングしてもらうことを「クラウドマイニング」と呼ぶ。
出した金額に応じて配当を受ける形のマイニングだ。

これなら難しいマイニング知識も、機材を自宅に置く必要も無い。必要経費は企業に資金を払うのみで完結する。マイニングには多くの電気代がかかるがこれも必要が無い。企業によって最新の機材を揃えたり、高い専門知識を駆使してのマイニングのパフォーマンスが異なってくる。

デメリットとしては、比例配分される利益が暗号通貨の価格動向の影響を受けやすいということ、また資金の調達だけを行い廃業してしまう詐欺案件もあることから、クラウドマイニングを申し込む企業の選定が大事になってくる。

また、似たようなサービスでホスティングサービスがある。基本的には先述したクラウドマイニングと同じだが異なる点はマシンの保有者がユーザー自身であるという点だ。その特性を生かし、中小企業が節税に活用することも可能だ。

プールマイニング

自分のマシンのパワーをマイニングプールに接続し、グループで計算力を合わせてマイニングを行い、自分の提供したマシンパワーの大きさに応じて分配された報酬を受け取る方法が「プールマイニング」だ。ほとんどの個人マイナーがこの方法でマイニングをしている。

「マイニングプール」とは?

個人の小さい計算力でも報酬の受け取りが可能であり、自分でマシンを運用して接続する。元々膨大な計算力が無いと報酬がもらえないが個人ではマシンに対する投資が大きすぎたり、運用する場所の問題があるのでこのようなサービスが生まれた。皆で合わせたパワー(計算力)は膨大であり、比較的安定したマイニング報酬の配当を受け取ることができる。

逆に、ラッキーによる収益は見込めない。仮に自分のマシンが運よく一番最初に計算を終わらせた場合でも報酬は比例分配されてしまう。もちろん手数料も発生する。自分でマシンを使っているためにそれに掛かる電気代もあることから収益と経費のバランスを見ることが大事である。


主要なマイニングプールの占める割合グラフ(2019年1月29日現在)

計算力の大きいマイニングプール順に上からBTC.com、Antpool、ViaBTC、SlushPool、F2poolとなっている。

ソロマイニング

個人(もしくは法人)が持っている計算力だけでマイニングを行なうことを「ソロマイニング」という。

報酬を得るためには計算競争に勝てるだけのASICやGPUといった高価な機材を大量に揃える必要があり、コンピューターやマイニングに関する知識も必要なので、非常に難易度が高い。

個人で膨大な計算力を保有する必要があり、現在発売されている最新のマシンで例えるとおよそ10万台以上(約190億円相当)保有していないと報酬計算に勝てない(報酬がもらえない)といわれている。

またマイニング収益の要となってくる電気代の負担が大きく、日本は電気代が比較的高い国である為、海外の北欧、中国、ロシアといった電気代の安い国でマイニングを行なうマイナーとの競争に不利である。

メリットは利益を独占できること。ローンチされたばかりのコインや知名度の低いコインでマイニングを行えば、競合相手も少ないため、相場によっては一個人で黒字化を狙うことができる。

しかし機材の購入費、電気代などの設備費に多額の資金が必要な為、ハイリスク・ハイリターンの玄人向けのマイニングといえるだろう。

まとめ

マイニングについて良く分からないという人でも、クラウドマイニングやホスティングサービスなどを利用すれば手軽に参加することが出来る。

機材を揃えたり電気代を払って面倒なコストを掛けたくないという人には「クラウドマイニング」、自分でマイニングしてみたい人や高性能なゲーミングPCなどを持っている人には「プールマイニング」がおすすめだ。

※ この記事はSKYHASHからの提供です。
WEBサイト:https://ico.sky-hash.net/

DMM Bitcoin

タイトルとURLをコピーしました