仮想通貨のきほん

新たな資金調達に注目、ICOじゃなくてIEO(Initial Exchange Offering)とは?

ブロックチェーン・プロジェクトが資金を調達する際には仮想通貨を使った「ICO(Initial Coin Offering)」が一般的だ。しかし最近では新しい方法「IEO(Initial Exchange Offering)」と呼ばれる調達方法が登場し話題となっている。

今回の記事ではIEOの特徴やICOとの違い、実態などについて解説していく。

IEOとは?

「IEO(Initial Exchange Offering)」はトークンの販売・配布を、プロジェクトが特定の取引所に委託して行う資金調達のことを指す。

資金調達を希望するプロジェクトがトークンを発行する。次に発行したトークンを取引所に送る。そして取引所は受け取ったトークンを告知して、投資家に販売・配布する。

当然、投資家らはトークンを取引所を通してトークンを購入するため、取引所のアカウントが必要となる。IEOが始まると、投資家は取引所からトークンを直接購入することができる。

従来のICOとの違い

IEOはICOの問題点を解決できる策として注目され始めている。

従来のICOには、一定の審査が設けられておらず、比較的容易にトークンを発行してプロジェクトの立ち上げが出来ることから、詐欺まがいなプロジェクトと見極めが難しい点が指摘されていた。

また、従来のICOでは資金をETHで調達した後に、プロジェクトが逃げてしまうようなことも少なくなかった。資金調達を終えた時点でプロジェクト側は開発に熱を入れなくても既にある程度の利益を得てしまったことに満足してしまうからだ。

IEOがICOと最も異なる点は、トークンセールの主催者が異なるということ。

予めプロジェクトが取引所に申請を出し、トークンをその取引所で扱えるようにする。その際にはもちろん取引所の審査があるため、詐欺的要因のあるプロジェクトはそもそも取引所で扱うことができない。一旦取引所による振るいに掛けられるため、詐欺的なプロジェクトが出現しづらいといえるのだ。

IEOの特徴

IEOはICOにはない優位な特徴を持っている。ここでそれぞれの特長について説明していこう。

取引所によってプロジェクトの審査が行われる

取引所はプロジェクトチームからIEOの申請を受け取った後、内容を精査する。例えばバイナンスのローンチパッドの審査過程では実用性のあるプロダクトか、大きなユーザー層が見込めるかなどといった項目が重要視される。

これらの審査を通ってIEOとして取引所に掲載されるため、中身がないプロジェクトはこの段階で弾かれる。

詐欺や資金の持ち逃げが防げる

IEOでは資金力と信頼性を持ち合わせた取引所が仲介役としてプロジェクトチームと投資家の間に入るため、資金の持ち逃げなどのリスクを大幅に減らすことができる。

取引所側としても資金持ち逃げなどが起これば信頼が一気に落ちてしまうので、慎重に対策を講じていくと思われる。

取引所の既存ユーザーへ、アピールできる

ICOではほぼ0から投資家にアピールしていかなければならないので、それに多くの労力を費やす必要が出てくる。

一方、IEOでは取引所がプロジェクトの告知を行なうため、取引所の既存ユーザーに直接アピールが可能だ。例えばバイナンスは1,000万人を超えるアクティブユーザーを抱えており、同取引所でIEOを行えばこの1,000万人にリーチすることができる。

IEO後で資金調達後は取引所へ上場されやすい

ICOではトークンセール終了後にどこの取引所にも上場しないか、もしくはマイナーな取引所にのみ上場するといったことが数多く見られた。

IEOは大手仮想通貨取引所で行われることが多く、トークンセール終了後にはその取引所に上場される可能性が高いので、将来性という点でICOよりも安心できる。

IEOの成功事例


世界最大規模として知られる仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は2019年1月、プロジェクトのトークン販売プラットフォームとして「Binance Launch PAD(バイナンス・トークン・ローンチパッド)」を発表した。

バイナンス・トークン・ローンチパッドは、トークンセール第1弾目として仮想通貨BitTorrent(ビットトレント)を販売し、わずか約18分間で約7.7億円の資金調達に成功した。

このニュースは大きな話題を呼び、第2弾目の仮想通貨Fetch.AI (FET)は第1弾目を上回る、約22秒間で完売した事例がある。

このように巨額のトークンがわずか数十秒から数分で販売完了し、成功に終わった背景には、仮想通貨取引所バイナンスがこれまで投資家やユーザーから多くの信用を得ていたからだと考えられる。

バイナンスの実施したバイナンス・トークン・ローンチパッドがキッカケで各取引所のIEOブームが起きたともいえる。その後販売されたトークンは上場後、販売価格の数倍に上昇しており、成功を収めたといえる。

IEOへの参加方法


IEOに参加する方法はとても簡単で、取引所を開設後に入金して待つのみ。
ほとんど通常の仮想通貨を買う手順と同じなので、ICOに参加することに比べて投資家の負担は少ない

1. IEOをホストする取引所を見つける
2. KYC(本人確認)を経て取引所に口座を作る
3. 口座に必要な投資する資金を送金する
4. IEOが始まり告知されるのを待つ

関連記事

  1. 仮想通貨のきほん

    仮想通貨のウォレットとは?各ウォレットの特徴を分かりやすく説明

    1ヶ月で倍以上になったビットコイン、再び熱気を帯びてきた仮想通貨市場、…

  2. 仮想通貨のきほん

    アルトコイン(オルトコイン)ってなに?

    アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative co…

  3. 仮想通貨のきほん

    ビットコインとは?(簡単に解説!)

    ビットコインとは何か?インターネット上に存在する仮想通貨。あくまで…

  4. 仮想通貨のきほん

    マイイーサウォレットのスマホアプリ版、MEWconnectの登録方法と使い方

    MEWconnect(マイ・イーサ・ウォレット・コネクト)とは?M…

  5. 仮想通貨のきほん

    【2019年版】仮想通貨同士の両替ができるChangelly(チェンジリー)を使ってみよう

    「Changelly(チェンジリー)」は仮想通貨同士の交換が行なえるサ…

  6. 仮想通貨のきほん

    マイニングとは?クラウドマイニングとマイニングの違いとは?

    暗号通貨に関する話で良く耳にするマイニングって何?クラウドマイニングと…

過去記事

新着記事

PAGE TOP