仮想通貨全般/経済

Visa、ペイパル、Facebookの独自通貨の運営に10億円以上払う

VisaやPayPalのような大企業が、フェイスブックの仮想通貨ネットワーク上でノードを運営するという特権のために多額の投資をする意思があると伝えられている。

フェイスブックの仮想通貨界への進出については、各方面からさまざまな反応が出ている。世界的な金融革命の次のステップとしてそれを歓迎している人もいれば、セキュリティ、プライバシー、そしてデータの悪用問題があった同社の過去の失敗に対する懸念を表明している人もいる。

それにもかかわらず、米国のテック企業や金融大手は明らかにフェイスブックの仮想通貨ビジネスの利益に預かりたいと望んでいる。ウォール・ストリート・ジャーナルは、多くの金融およびeコマース、ベンチャーキャピタル、そして電気通信会社はすでに新しいプロジェクトを支持すると約束していると報じた。

有名企業が「グローバルコイン」に参加したい

同リポートによれば、マスターカード、Visa、ペイパル、Stripe、Booking.com、Uberを含む多くの企業がコンソーシアムを結成し、新しい企業に対するガバナンスを確保するために、フェイスブックの新しい仮想通貨にそれぞれ1,000万ドルを出す誓約に合意したとしている。

この巨大ソーシャルメディア企業、フェイスブックが後援者を募集しており、仮想通貨プロジェクトのために10億ドルを集めることを目的としていたことが先月報じられた。

「Libra」または「Global Coin」と呼ばれるこの通貨は来週、正式に発表される予定だ。

ビットコインが誕生してから10年が経ちましたが、それでも消費者は、決済にそれを使用することはほとんどありません。 Facebookは、巨大なソーシャルネットワークと何十億ものユーザーを中心に構築された仮想通貨ベースの支払いシステムによって、それを変えることができると賭けています。

このようにWSJで報じられている。

「Facebookのコイン」がビットコインを拡大

モルガン・クリーク・デジタルのアンソニー・ポンピリアーノ共同創設者兼パートナーは、Visaとマスターカードという2つの支援者がいることを考えると、この動きはビットコイン普及に追い風であると述べた。

Libraプロジェクトに参加することで、ペイパル、Visa、マスターカードなどの企業は、この新しい「仮想通貨」なるものをある程度管理することができる。そして、新しいコインはオープンアクセスの仮想通貨であり、誰でもソフトウェアをダウンロードしてノードを実行できる、ビットコインとは異なるものである。

したがって、「Facebook Coin」が分散型のピアツーピアの将来に脅威をもたらすことはほとんどない。その代わりに、P2Pの「デジタルゴールド」(ビットコイン)というよりも、銀行やスターバックスリワードの競合他社となりえる。

出典:https://bitcoinist.com/visa-paypal-10-million-run-facebook-coin-node/
Visa, Paypal Say They’ll Pay $10 Million to Run ‘Facebook Coin’ – Report

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    VanEck、SolidXが”限定版”のETFを機関投資家に向けて販売、アナリストラから…

    米国証券取引委員会(SEC)はこれまでに多数の提案されたビットコインE…

  2. ビットコイン(BTC)

    11月に仮想通貨市場の変動が大きかった4つの理由と12月の見通し-SFOX

    11月の初めまで、仮想通貨のボラティリティは減少傾向にあった。あまりに…

  3. その他アルトコイン

    Facebookのメッセンジャーアプリを介したマルウェアが発見される

    仮想通貨のマイニングを勝手に行なってしまう「マルウェア」がFacebo…

  4. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない

    シンガポール通貨庁の責任者は、シンガポールにはビットコインなどの仮想通…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン—2017年春メドに消費税の課税対象外へ

    財務省と金融庁は12日、ビットコインなどの仮想通貨を買う際の消費税につ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    金融庁認定の仮想通貨交換業者11社発表。19社は継続審査中

    金融庁が仮想通貨交換業者の認定業者を発表しました。10月2…

過去記事

新着記事

PAGE TOP