仮想通貨全般/経済

プロジェクト「Libra(リブラ)」を正式発表、アナリスト曰く「フェイスブック独自通貨はビットコインよりも普及する」

6月18日、FacebookとLibra Association(リブラ・アソシエーション)は、安定した価値を維持するために、Libra Reserveが支援する仮想通貨(暗号資産)である「Libra(リブラ)」 をリリースするプロジェクトを正式に発表した。

「Libra」はステーブルコインとして発行され、送金通貨として使用される。
不正使用がないように安定性と信頼性のある中央銀行が発行する通貨での銀行預金や短期国債など、価格変動率の低い資産の集合体により裏付けられる。

Facebookは、Libraをサポートするために設計された仮想通貨ウォレット、「Calibra(カリブラ)」を、アプリのWhatsApp(ワッツアップ)とMessenger(メッセンジャー)にも組み入れ、2020年までに世界中の何十億ものユーザーにこの仮想通貨を普及させる計画 だと述べた。


ウォレット「Calibra」の初期のプレビュー。 | 出典:Facebook Newsroom

リサーチ会社Pivotal ResearchのMichael Levine氏によると、「Libra」は、特にその安定した価値の性質により、ビットコインよりもメインストリームへの採用が大きい可能性があるという。しかし「Libra」とビットコインはそもそも比べるべきものなのだろうか?

Libraとビットコインは比較対象ではない

Levine氏は、「Libra」とビットコインはユーザーや投資家の異なる市場にサービスを提供している。また、安定した価値の性質を持つためLibraは個人と企業がより受け入れ易く感じ、メインストリームへの採用をアピールしやすいだろうと指摘している。

仮想通貨における課題の1つとして、本当に(その通貨に)それだけの価値があるのかどうか?ということを挙げることができるだろう。しかし、フェイスブックとは提携することを選択した大規模なインターネット企業をかなり多く見てきており、それらはビットコインのような先の価値が分からない物は受け入れ難いだろう。10%上がるかもしれないし、10%下がるかもしれないのだから。

VISA、Mastercard、PayPalをはじめ、Booking.comの親会社であるBooking Holdings(ブッキングホールディングス)、Uber(ウーバー)、Lyft(リフト)、Spotify(スポーティファイ)など、広く利用されているプラ​​ットフォームなど28社が既に、Libra Associationの設立メンバーとして参加を表明している。


Liblaアソシエーションに参加表明した28社

Libraの行く末に楽観的な見方を据え置くアナリストの予想は、すぐにでも主要な企業の採用に繋がるだろうという考え方からであり、企業の採用は長年のあいだ、仮想通貨の最も難題であったからである。

しかし、近いうちに「Libra」がより多くの企業に採用される可能性がある一方で、ビットコインやその他の暗号資産のメリットに取って代わる資産になることはほとんどないとされている。

長期的には投資家は、ビットコインがセーフ・ヘイヴン・アセットや貴金属のような伝統的な資産と競合するよりも、広い金融市場との相関関係を持たないヘッジ資産として進化することを期待している。

アナリストはFacebookの動きに楽観的な見方

Libraのホワイトペーパーが発表されたのち、Pivo​​tal Research社はアナリストにFacebookの株を積極的にターゲットにするよう勧めた。

Levine氏はこう指摘する。

我々はもう少し深くこの業界を知ろうとする二人の投資家と話をしました。そしてこれらの会話から金曜日の朝、最初に注意するべきことはアナリスト達にFacebookの株を積極的に取引させるべきだという話になった。

(Libraは)仮想通貨ではありますが、ビットコインやこれまで人々が仮想通貨市場に注力してきた点とはいくつか異なります。Facebookは6つの世界的に主要な通貨をベースとした、実際に安定した通貨として(プロジェクトを)行なおうとしています

「Libra」は価値の保管先として考えられるビットコインやその他の仮想通貨のようには機能しないが、Levin氏のようなアナリストは、それが既存の仮想通貨が引き継ぐのに苦労していた新しい市場、特に個人と企業が採用する分野をターゲットに普及するだろうと考えている。

バイナンスCEOのCZは今回のFacebookのLibraプロジェクトについて、このように見解を述べている。

フェイスブックのLibraコインはKYC(個人認証)の必要がない。彼らは20億人に関する多くのデータを持っています。名前、ID、住所、電話番号だけではありません。彼らはあなたの家族、友人、現在/過去に居た場所、あなたが好きなものを知っています…彼らはあなた自身よりもあなたを知っている。そして今度は、あなたのウォレットも。愛をこめて!

その後、ユーザーから「それはネガティブ?それともポジティブな意味?」と質問を投げかけられると「個人の主観に任せる」と回答した。

出典:Analyst Says Facebook’s Crypto Can See Bigger Adoption Than Bitcoin
https://www.ccn.com/crypto/analyst-says-facebooks-crypto-can-see-bigger-adoption-than-bitcoin/2019/06/18/

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    バルト諸国で増えているビットコイン払い

    エストニア、ラトビア、リトアニアなどのバルト諸国では包括的な規制が導入…

  2. 仮想通貨全般/経済

    インド高額紙幣の無効、民衆大混乱!

    インドのモディ首相は、現在流通している高額紙幣を9日で廃止すると突如発…

  3. ビットコイン(BTC)

    CMEビットコイン先物取引、12月18日までに開始か

    先日よりお伝えしております、CMEグループが予定しているビットコインの…

  4. 仮想通貨全般/経済

    熊本電力が新規マイニング事業を立ち上げ

    20日熊本電力は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし、…

  5. 仮想通貨全般/経済

    米半導体メーカーNvidiaのCEOが悩むほどのマイニング需要

    米国を拠点とする半導体メーカーNvidia(エヌビディア)は先日、通期…

過去記事

新着記事

PAGE TOP